日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

2018年7月のブログ記事

  • 空蝉

    長い年月地中にいて、ある年の夏、地上に出て、上へ上へと登り、 殻を抜け出して、羽化した後、その後に点々と残っている抜け殻。

    nice! 38
  • 蝉!

    散歩中、蝉の声を聞きながら、 これはアブラゼミ、これはミンミンゼミと判断しながら、 木々を眺めている。 結局、撮ることができたのはアブラゼミだけ。 クマゼミの声も聞こえたが、姿は撮れなかった。 撮れたのはアブラゼミだけだった。 これっていい傾向なのだろうか。

    nice! 42
  • 野菜サラダ!

    小学校6年生の時、家庭科の授業で、男子も女子も裁縫や料理を習っていた。今はどうなのだろうか。中学校も高校も習っているようだが、当時、家庭科の授業を受けるのは小学校だけだった。その時、ぼくが得意だったのはポテトサラダだ。今でもよく作るが、最近、ポテトのないサラダもいいと思うようになった。大根、香菜、... 続きをみる

    nice! 41
  • 盆踊り!

    昨日太鼓の音に誘われて、音のする方へ行ってみた。 土曜日の予定が延びて日曜日になったということか。 小さな女の子がきれいな浴衣を着てはしゃいでいた。 大人たちはビールを飲みながら、屋台に並んでいた。 お爺ちゃんお婆ちゃんは孫の手を引きうれしそうだ。 盆踊り、本来お盆に迎えた精霊を送り返す行事だが、... 続きをみる

    nice! 38
  • アブラゼミ!

    やかましい蝉の声の正体はアブラゼミ、ミンミンゼミ、 時折、クマゼミの声が聞こえる。 今日は、ツクツクボウシの声も聞こえた。 姿を見たいが、これがなかなか難しい。

    nice! 38
  • 百日紅!

    百日紅が咲き始めた。 森鴎外『小倉日記』に次の記事がある。 (明治三十二年九月)十九日。北方騎工兵營を看る。夕より雨ふる。庭前の百日紅尚盛りに開けり。客ありて曰く。  森鴎外(1862年2月17日~1922年7月9日)は1881年、19歳で、東京大学を卒業。1899年(明治32年)6月、陸軍軍医に... 続きをみる

    nice! 48
  • 十六夜の月!

    昨晩は満月が見られなかった。いや、見るどころではなかった。 すごい雨だった。各地の激しい風と雨をもたらした。 今日は夏らしい雲が空を覆っていたが、日差しは十分回復して、 再び真夏が戻って来た。

    nice! 39
  • 遠い町!

    いつもこの町を眺めながら思う。 ぼくの過ごしてきた町と同じで、 あの町にもいろいろなこころがあるのだろう。 どんな喜び、どんな怒り、どんな哀しみ、どんな楽しみが あるのだろうかと思う。 一人ひとりのこころの中に耐えがたい孤独があるのかもしれない。 社会がゆがんで見える。 このかすんだ空のようにこの... 続きをみる

    nice! 36
  • 台風一過

     日差しがきらきら、夏らしい雲がもくもく、風がさらさら、明るい緑の葉がさやさやとした、そんな日曜日だ。  現在の気温は32度、湿度は50%。ジメジメとしているが、窓際にいると、外からサラサラとした風が入り込んでくる。  台風12号はこれから北九州地方を西に進むそうだ。陸を通ってきたため、勢力は弱ま... 続きをみる

    nice! 35
  • 胡散臭い情報!

    突如現れるウィンドウ! 胡散臭いメッセージ! 消しても消しても何度も出てくる。 システム警告  Windowsセキュリティシステムが破損しています Windows: 10 ご注意: Windowsセキュリティによってシステムが壊れていることが検出されました。ファイルは: 200 秒で削除されます ... 続きをみる

    nice! 32
  • 台風12号上陸!

    台風21号が三重県の志摩半島に上陸したようだ。 ついに本土襲来だ。 さて、これから西日本をなめていくのだろうか。 上陸後は弱まることを祈る。 西日本地方はすでに弱っているのだ。 弱っている地方にさらに追い打ちをかけるなんて 神も仏もないと言えるのじゃないか。 来るなら、ぼくの住む地方に来いと言いた... 続きをみる

    nice! 34
  • 台風12号まもなく上陸!

     台風12号は伊豆半島沖を過ぎて、静岡県沖にあり、紀伊半島に向かっている。ここ神奈川県は雨も風も止んで、蝉の声も聞こえない、静かな夜を迎えている。  気象庁の予報によると、28日零時頃、三重県の志摩半島あたりに上陸し、その後、午前3時頃、大阪を通って、瀬戸内海へ抜け、朝9時頃岡山、15時頃岩国、2... 続きをみる

    nice! 29
  • 台風西進!

    台風は東から西に進むという例年にない進路だ。 しかも関東地方の沖を進むので、強い風が列島を吹きすぎている。 ここも、午後2時を過ぎて、雨風が強くなってきた。 窓外は灰色のカーテンがかかっているようだ。 雨は断続的に激しくなると、蝉の声も聞こえなかったが、 少し緩やかになると、再び鳴き始める。 ゴー... 続きをみる

    nice! 37
  • 蝉の夏!

    この中に蝉がいるのだけど、 写真に撮ると、 どこにいるのかわからない。 蝉は羽化してから 一、二週間の命だと言うけれど、 それまで、土中に6年から7年いて、 下積み数年、あるいは十数年、 やっとで出てきて、 成虫となるのだから、 どうぞ好きなだけ鳴いてくださいと言いたい。 長い下積み時代を経て、 ... 続きをみる

    nice! 37
  • 意味不明なメッセージ!

    相変わらず、表示される訳のわからないメッセージ! 一週間に1度か2度、サイトジャックのように突然表示されます。 だが、毎週こんなメッセージを受けるということは 本当に幸運なユーザーであるはずがありません。 ただの詐欺なのはわかっているのですが、 何度もこんなメッセージが来て、消し去るという作業が面... 続きをみる

    nice! 31
  • 13日の月!

    今日は残念ながら雲に覆われて月が見えない。 明日は月齢15日満月だ。 ぜひ晴れて美しい月の姿を見せてほしいが、 台風12号が接近してきそうだ。 上の写真は今朝、寝る前に摂った写真。 午前2~3時頃、西の空に沈みかけている13日の月。

    nice! 37
  • 大暑の候

    口に出せばなおさら暑い大暑の候

    nice! 36
  • 八木重吉の「心よ」

    心 よ こころよ では いつておいで しかし また もどつておいでね やつぱり ここが いいのだに こころよ では 行つておいで  学生時代、ぼくには真の友といえる友達は一人しかいなかった。しばしば彼の下宿へ行き、彼の歌を聴き、彼が作る食事を二人で食べていた。  ぼくたちはいつだって二人きりだった... 続きをみる

    nice! 49
  • 八木重吉の「うつくしいもの」

    うつくしいもの わたしみづからのなかでもいい わたしの外の せかいでも いい どこにか 「ほんとうに 美しいもの」は ないのか それが 敵であつても かまわない 及びがたくても よい ただ 在るといふことが 分りさへすれば、 ああ ひさしくも これを追ふにつかれたこころ  ぼくの好きな詩人のひとり... 続きをみる

    nice! 38
  • 超夏!

    木槿の花が真夏の到来を知らせてくれる。 いつもより早い七月にきた猛暑の真夏。 猛暑の真夏のあとに来る八月の真夏は何? 猛烈な真夏の後には、極暑の真夏? それもすでに来ている。 極暑の真夏の後に来るさらに暑い真夏? 真夏より暑い夏日は超夏が来るのだろうか。

    nice! 41
  • 夏はカレー

    食欲の減退する時期はやはりカレーが一番いい。 豚コマにナス、赤ピーマン、タマネギ、ネギ、キャベツなどを入れて、肉野菜炒めを作ろうとしている途中で、ふと心変わりして、カレーライスにすることにした。 カレールー二つ、それにカレー粉、コチュジャンなどを加えて、辛いカレーを作った。食欲がなくても、けっこう... 続きをみる

    nice! 40
  • 地球が心配!

    政府にとって、 大切なのは何だろうか。 自分の党派、 自分の友人、 自分を推してくれる 団体や会社、 それに、 自分の一族だろうか。 国民がどうなろうと、 日本がどうなろうと、 世界がどうなろうと、 地球がどうなろうと、 どうやら、 かまわないらしい。

    nice! 30
  • 東京!

    夕べの渋谷駅前。 東京は実にアグレッシブだ。 と同時にひどく退廃している。 それが都会だ。 そして、それを喜ぶ人と悲しむ人がいる。 あなたはどちらだろうか。

    nice! 44
  • 膨らむ!

    23日の月齢は10日、 28日は満月になる。 小さなことだが、 こんなのがぼくの楽しみだ。 そして、遠いところにいる 会いたい人も 同じ月を見ているだろう。

    nice! 39
  • 怒れる自然!

     世界が危機的な状況に陥っている。自然がゴジラのように怒っている。この状況を打開できるのは、誰だろうか。  考えてみれば、今の世界は西洋文明で満たされている。西洋文明の根底にあるのは自然と敵対し、自然を征服するという精神だ。その自然が怒って、逆襲を始めたのだ。  かつての日本人は自然を敬い、自然と... 続きをみる

    nice! 40
  • マルシェフェスティバル!

    駅前でアジア各国の料理、アクセサリーなどいろいろなものが売っていた。文化交流の祭り。世界のみんなが兄弟なんだから、いがみ合う必要などないって感じさせられるイベントだ。

    nice! 31
  • ナムル!

    韓国料理ナムル! 新鮮な野菜を煮たり焼いたりせずに摂る方法。 猛暑の夏、野菜を摂る事は重要だ。 できるだけ、野菜と肉をバランスよく食べるようにしている。 それは母のためであり、 もしもぼくが一人で生活していたら、 考えていなかっただろうと思う。

    nice! 34
  • ホットサンド!

    ゆで卵のホットサンドを作った。 ふと思う。 ゆで卵は「ゆでた卵」のこと。 この「ゆでる」は「うでる」と音変化する。 熱湯で熱して煮ること。 漢字で「茹でる」と書く。 「~を茹(ゆ/う)でる」は他動詞。 「~が茹(ゆ/う)だる」は自動詞。 湯や蒸気で十分に熱せられる。 ところで、 今年の猛暑、うだる... 続きをみる

    nice! 41
  • 親子丼!

    一ヶ月に一度くらいは我が家で作って食べる親子丼! 簡単に料理できて、安上がりでおいしいのがいい! 100g100円以下の鶏肉、10個100円前後の卵、米、タマネギ、七味。 それに、フライパン、電気、ガス、あれこれ入れても、まあ200円以内でできる。 外食ならいくらか知らないが、内食で十分おいしく食... 続きをみる

    nice! 40
  • 半月!

    これは半月の前の日の月! 月の撮影は難しい。 必要なのは倍率の高いカメラ、そして、三脚だ。 今持っているカメラは20倍ぐらいのもの。 三脚はあるものの今どこにあるかわからない。 その結果撮れたのが上の写真。 21日になると、夜半には沈んでしまう。 まるでお皿のような形で沈んでいく。

    nice! 35
  • 五重塔

     五重塔というと、これまでに見た日光や法隆寺で見たものが記憶に残っているが、  さて、東京にもあるのだろうかというと、そう、日野市にある高幡不動、上野寛永寺、浅草寺の五重塔を思い出す。先日行った浅草寺では、また写真に撮ったが、ここはやはりすばらしい。  調べてみると、浅草寺の五重塔は53メートルあ... 続きをみる

    nice! 34
  • お寺の屋根の上!

    お寺の上にいる獅子。 卍の屋根瓦の上にいて、世間をながめている。 ふと見ると、獅子ならぬ雀もいる。 その姿に威厳を感じる。 だが、しかし、自由人を威圧することは決してない。

    nice! 33
  • 水上バス(2)

    隅田川の水上バス! 横を通り過ぎる屋形船、赤い提灯も見える。 日が暮れると、これが絵になる。遠くにスカイツリーも見える。 白い波を立てて走る船、吾妻橋、勝鬨橋など多くの橋をくぐり、 両国、佃島、そして、 浜離宮恩賜庭園を右に見ながら、日の出桟橋まで下る。

    nice! 26
  • 汗をかく!

    暑いと言えばさらに暑くなる。 今日から暑いと言わないで、いい天気だと言うことにした。 汗をかく。 いいことだよね。 汗をかかなければ大変だよ。 汗をかくと言えば、「これが青春だ」というドラマがあった。 そう、汗をかくことを肯定していた時代があった。 今はどうだろう! 汗をかくのはよくないと思う人た... 続きをみる

    nice! 32
  • 転落事故!

     二子玉川駅に停車中、突然の車内アナウンスに驚く。「只今、高津駅で、お客様の転落があり、救護活動を行っております。後ろの電車が遅れております。間隔調整の為、この電車はしばらく停車します。」  何をしていて転落したのか知らないが、もし、所謂「ながらスマホ」だったりしたら、困ったことだ。いつものことだ... 続きをみる

    nice! 33
  • 浅草寺!

    この間の土曜日に行った浅草寺! 雷門の前はいつもの通り賑わっている! 上から見ると、雷門前も参道も、人で埋まっている。 といっても、この日はそれほど多くない。 日頃は動けないほどいる。 それもほとんど外国人だ。

    nice! 36
  • 新宿へ向かう電車!

    17歳の夏、予備校を探すために憧れていた東京へ出た。 新宿駅で高層ビル群の間で、ひどいめまいがした。 ぼくにとって東京は憧れると同時に否定されるところになった。 生活するところとしては、さらに遠い夢となった。 東京で生活したのは、17歳の時、予備校生活をした1ヶ月だけだ。 あれ以来、東京周辺に住ん... 続きをみる

    nice! 13
  • スカイツリーの見える風景(2)

    スカイツリーを見ると、何故か希望がわいてくる。 美しさや高さや日本の未来のの元気さに対する希望がわいてくる。 ここに日本人としての意味もない希望がある。 テニスの錦織圭、車椅子テニスの上地結衣、 野球の大谷翔平選手、ゴルフの松山英樹。 世界で活躍する日本人スポーツマンを見て、日本人に何らかの希望を... 続きをみる

    nice! 41
  • 気温40度!

     昨日、多治見で40度を超えたという。ぼくの部屋は朝から30度以上だ。汗がじとじとと出てくる。だが、それほど気にはならない。  テレビでは外で運動すると、命を失うリスクがあるという。先週、熱中症で死亡した人は12人、救急車で搬送された人は9956人だそうだ。先々週とあわせると2週間で17,190人... 続きをみる

    nice! 31
  • 木槿の花!

    団地の前に咲いている木槿の花! 毎年、この花を見ては夏の到来を感じている。 いよいよ来たなと思う夏、 今年は少し様子が違う。 いつもより暑すぎる。 みんな耐えられるだろうか、 自然にも何か大きな変化が来るかもしれない。 まもなく人も自然も絶える時が来るような気がしてならない。 毎年の自然の巡りを楽... 続きをみる

    nice! 35
  • 見えないもの

    見えないものを見る目と知る心を持ちたいものだ。

    nice! 37
  • 多摩川の風景!

    西日本を襲った豪雨、氾濫する川を見て、 思い出すのはドラマ「岸辺のアルバム」。 1974年9月に発生した多摩川の氾濫を描いたもの。 宿河原堰に堰き止められた洪水が堤防を破壊し、住宅を襲う実際の映像は誰の心にも大きな衝撃を与えた。 あれは、河川を管理する国による人災だったという。今も繰り返される水害... 続きをみる

    nice! 34
  • 三日月!

     今日は西の空には三日月が出ていた。  三日月というと、本来は陰暦三日の月で、昨日がそうだった。今日は四日なので四日月だが、陰暦を使わなくなった今の日本では、新月から上弦の月までを広義に「三日月」という。  新月というのは陰暦一日、朔日(ついたち)の月だ。朝、太陽とともに出てきて、夕方、太陽ととも... 続きをみる

    nice! 32
  • ざるそば!

    ぼくの好みのざるそば!店で食べると800円以上する。ただただあきれている。コンビニやスーパーで買ったら、200円もしない。百均で買ったら、4束ほど入っている。一人前は数十円だ。店で食べる時の値段との差は何だろうか。もちろん味だろうが、実は貧乏性のせいか、高いとどんな味もおいしいと感じられない。どこ... 続きをみる

    nice! 36
  • 山手線でまた発煙

    6月にもあったことだが、山手線でまた発煙騒ぎがあって、運転を見合わせているという。発煙があったのは11時28分頃、今回は田端と西日暮里の間だそうだ。

    nice! 28
  • 水上バス(1)

    水上バスからの眺め

    nice! 41
  • 人生七味唐辛子!

     母の見ているテレビドラマを、ちらりちらりと横目で見ながら、聞いていたら、「人生七味唐辛子」という言葉が耳に飛び込んできた。そして、七味とは「うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ」だという。  面白いことを言うなと思い、一体誰が言い出したのだろうかと、ネットで調べてみた。ドラマ... 続きをみる

    nice! 82
  • NINJA BAR

    浅草仲見世地下街にある面白い店! 忍者場 NINJA BAR 外国人に受けるのだろうか。 飲ませてくれるのは、 日本酒のカップだろうか、 くまモンの酒も見える。 浅草と書いた酒カップもある。 他にもいろいろな店があったが、 ここが一番面白い!

    nice! 36
  • 浅草観光案内所

    浅草雷門の前にできた8階建ての観光案内所。8回展望室から見下ろすと、浅草寺の前の賑わいが小さく見える。

    nice! 33
  • ワールドカップ

    2018年FIFAワールドカップロシア大会が終わった。優勝フランス、準優勝クロアチア、3位ベルギー、4位イングランドという結果に終わった。フランスは二度目の優勝となった。 2018年(ロシア大会)フランス 4-2 クロアチア 2014年(ブラジル大会)ドイツ 1-0 アルゼンチン 2010年(南ア... 続きをみる

    nice! 24