日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

三日月!

 今日は西の空には三日月が出ていた。

 三日月というと、本来は陰暦三日の月で、昨日がそうだった。今日は四日なので四日月だが、陰暦を使わなくなった今の日本では、新月から上弦の月までを広義に「三日月」という。

 新月というのは陰暦一日、朔日(ついたち)の月だ。朝、太陽とともに出てきて、夕方、太陽とともに沈む。しかも光る部分がほぼ見えない。陰暦二日になると、日没のすぐ後に沈む。そして、三日月は日没の後、しばらく残っていて、西の空に見える。上方が弦になっていて、下方が円の外側の丸い部分が見える。

 上弦の月というのは陰暦七日(今月二十日)の半月だ。夕方から夜中ごろまで見える。また、陰暦二十四日(八月五日)も半月になる。ただし、真夜中に出て、朝、右側を弦に左側を円の外側にして、天頂に上る。そして、昼ごろ沈む。沈む前には円の外側を上方に弦は下方にしている。つまり下弦だ。といっても下弦の状態は真昼ごろなので、見えない。



この写真は上弦の月、以前撮影したものだ。