日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

2018年5月のブログ記事

  • 薊(アザミ)発見! 近くの公園にはシロツメクサ、ムラサキツメクサを見かけるが、 アザミはなかなか見られない。 今日、公園を歩いていて見つけたこれは明らかにアザミだ。 5月31日でまだ梅雨入りしていないが、アジサイがほとんど満開状態。 アザミとアジサイがコラボしている。

    nice! 35
  • 5月31日の花!

    今日は仕事がなかったので、先日、転んで体中が痛いという母を連れて整形外科に行った。1.4キロの距離、母ノア氏なら、歩いて20分ぐらいだろうか。 だが、何しろ体中が痛いといっているので、バスに乗り、病院の近くで下車し、そこから1分ほど歩いて行った。 レントゲンを見た医師は骨を強くする注射をして、湿布... 続きをみる

    nice! 28
  • 何の花?

    緑の中の赤い、見たことのない花、

    nice! 34
  • 初めて目にするもの!

    初めて目にしたときの不思議な感覚。 先日、東京のある駅のホームでいたら、頭から足先まで黄色ずくめの男か目の前を通りすぎた。黄色い帽子をかぶり、その下には、黄色い眼鏡に黄色いマスク、服は上着、シャツ、ネクタイ、ベルト、ズボンとみんな黄色。それに、覗いて見える靴下と靴も黄色。 そんな見たことのない人を... 続きをみる

    nice! 39
  • 花と車!

    珍しい植物を写真に撮ろうとしたら、その向こうを車がよぎった。花と車、ひどい取り合わせだが、おかげで花が引き立つ。

    nice! 31
  • 赤と黄色!

    九州北部も梅雨入り。 3週間ほ度早いらしい。 この花、 ルドベキアか何か? 赤い色と黄色い色。 夏の到来を感じさせる花が咲き始めた。 向日葵ももうすぐ咲くのだろう。

    nice! 34
  • 5月の黄色い花たち

    実をいうと、図鑑を見ながら、だんだん頭の中が混乱してきた。 どれが何という花なのか、区別が混乱してきた。 名前はわからなくとも、美しさを楽しめれば、それでいいと思う。 と言いながら、できれば知りたいと思う。 ふと思う、ドラマを見ていて、認知症一歩手前の母が、 有名人の名前も忘れていて、誰だったかな... 続きをみる

    nice! 35
  • 木の花

    何これ?と思った白い花! 樹木の上に白い花が咲いている。 一見ハナミズキにも似ているが、 花弁の形が違う。 どうも名も知らぬ花が多すぎる。 子供のころは花になど興味もなかった。 最近だ。この花の名前は何だろうと気にしだしたのは。 それでも記憶力の悪さから、一つ覚えたら、一つ忘れている。 小さいころ... 続きをみる

    nice! 34
  • ラベンダーの丘!

    ラベンダーの丘! 新百合ヶ丘駅から徒歩10分ぐらいで行けるところ。 里山が残っていて、ここへくれば、 この世界が楽しめる。 しばしばここへきて くつろいでいる。

    nice! 32
  • 玉子10個で98円!

    玉子10個で98円。小さい玉子、しかも税抜きだけど、うれしい値段だ。 以前の日本に戻ったような気がする。

    nice! 42
  • nice! 30
  • デッキブラシような!

    近くの公園を歩いていて、 派手な赤い花を見つけた。 近寄ってみて、思わずにんまりとした。 図鑑で見たことのある「ブラシノキ」を発見したのだ。 別名、カリステモン、ハナマキ(花槇)、キンポウジュ(金宝樹) 本当にデッキブラシのようだ。

    nice! 35
  • 賑やかな花!

    団地野中を歩いていたら、遠くに黄色い塊が見えた。 写真に撮っておいて、うちに帰ってから、図鑑をめくってみたが、 こんな花は見つからない。 ただ、このにぎやかさには圧倒される。

    nice! 39
  • ワルナスビ!

    ワルナスビ発見! バナナのような雄しべ! 北アメリカ原産。 ナス科の花。 環境省要注意外来生物に指定されているという。

    nice! 38
  • 季節の早送り

    九州南部で梅雨入りしたという。11日早いそうだ。そういえば、梅雨の花、紫陽花もあちこちで咲いている。季節が早送りされている。

    nice! 32
  • 富士山

    目黒天空庭園からうっすらと見える富士山。 富士山は登るより遠くから眺めるのがいい。 くっきり見えるのもいいが、 うっすら見えるのもいい。 高校生の時は教室で勉強しながら眺めていた。 大学生の時は河口湖でアルバイトしながら眺めていた。 今は自宅の窓から眺めている。 雲で見えなくても常に心にある富士山。

    nice! 28
  • アルストロメリア

    Alstroemeria ネットで調べたら、見つかった。 花ことばは華奢、柔らかな気配り、幸い、りりしさ、人の心を引き立てる。 彼岸花科ともユリ科ともされているという。 淡いピンク、黄色で彩られた姿が美しい。

    nice! 25
  • 小さい花

    小さくて、なかなか焦点の合わない花 紅白の素朴でかわいい花!

    nice! 33
  • 黄色い花!

    口を半ば開けたまま語ろうとしない花!

    nice! 23
  • 成功者は失敗を利用する

    成功者は失敗を利用する。自分の失敗も他人の失敗も利用する。 つまり、「他山の石」であり、「失敗は成功の母」ということだ。

    nice! 36
  • ホタルブクロ

    釣鐘のように俯いている。 捕まえた蛍を袋のようになった花に入れるから、 花の形が火垂提灯に似ているから、 という名前の由来もおもしろいが、 何しろ、愛嬌があって、すぐ目に付く、 6月の花がもう咲いている。

    nice! 34
  • ミヤコグサ!

    お喋りでも始めそうな、 小さくてかわいい黄色の唇たち!

    nice! 29
  • 自利利他

     「自利利他」ということばがある。これは森鴎外の言葉だ。ぼくの理想とする人生がここにある。自分を利することがそのまま他を利することになる。これこそ最高だ。  作家や詩人の仕事などがぴったり当てはまる。そのほか、スポーツ選手もそうだろう。 もしかしたら、ユーチューバーも当てはまるかもしれない。犯罪に... 続きをみる

    nice! 29
  • スポーツの精神!

    昔は大人が立派に見えた。 今は大人が見苦しく見える。 若者たちのほうが立派だ。 今の大人は反面教師なのだろうか。 国会でうそをついたり、 暴力を教唆したりする大人。 自己保存のためのさらなる嘘をつく大人たち。 嘘まみれ! もうみっともないことはやめようよと思う。 嘘をつくぐらいなら、 自分の罪を認... 続きをみる

    nice! 26
  • カルミア!

    最近覚えた花、カルミア。 かわいい容姿に白い顔!

    nice! 31
  • ピンクの花

    見事に化粧をしたように艶やかな花

    nice! 33
  • 名も知らぬ花!

    いろいろな花の咲く今日この頃 名も知らぬ花が数多く咲いている。 名前は知らなくとも、 花々に心躍る季節の到来だ。

    nice! 32
  • 小満

    すべてが小さく満ちるとき。 春らしさを払しょくして、 草花が緑にあふれるとき、 五月は最高の季節、 五月の貴公子という詩があるように、 一番いい季節だと思っていたが、 小満のこの時期に夏日がやってくるという この不自然な様子 異常気象と言わざるを得ない。 小満の夏日。 世界は明らかに異常になってい... 続きをみる

    nice! 33
  • かたまって咲く花!

    名も知らぬ花! 家族のようにかたまって咲く緑を含んだ白い花!

    nice! 30
  • 白い花

    花の名前に詳しくないので、白い花とした。 それでもぼくは心慰められる。 クリーンな花、そのままの姿でいい。 名前がなくても、ぼくにはそのままでうれしい。 名前とは未知のものを既知のものに変えて、 人を安心させるもの。 たしかに名前がわからないと不安になる。 人も同じ、国も同じ、人種もそう、 何もか... 続きをみる

    nice! 38
  • 天空庭園

    都会のオアシス、目黒天空庭園、高速道路のジャンクションの出口の上に作られた 庭園。そこはまさに都会のオアシスだった。家族連れが散歩したり、寝転んでいたりする場所。遠くには天気が良ければ富士山が見える。 上の写真、肉眼ではかすかに見えているが、写真になると見えない。 リンクしているのは高層マンション... 続きをみる

    nice! 34
  • 手すり

    やさしい階段の手すり。 持ちやすい手すり。 この記事、ダブって投稿してしまったので、 最初の投稿を別の記事に変更した。 ダブるといえば、以前、ある本を買ってきたら、 その本は二冊同じものを買ってしまった。 こんな時は前の本を古本屋にもっていき、 数十円にするが、投稿はそうはいかない。 それで記事内... 続きをみる

    nice! 31
  • カワラナデシコ

    秋の七草として知られる7~10月の花が咲いている。 異常気象が花々の季節を狂わせている。

    nice! 10
  • キラキラ

    緑輝く日曜日 キラキラ日差し 鮮やかな青空 人も花も道も すべてが煌く5月

    nice! 35
  • nice! 25
  • 黄色い花

    初夏には黄色の花がよく似合う

    nice! 23
  • ぎゅうぎゅう詰め!

    最近、仕事に行くのがつらい。 仕事自体はそれほどでもないのだが、 通勤だけでひどく疲れる。 満員電車で揺られておよそ1時間あまり、 電車を降りたときはぐったりしている。 もう乗れないだろうと思っても、 さらに乗ってきて、押される。 これ以上は無理だと思っても、 まだ乗ってくる、 押されて、さらに押... 続きをみる

    nice! 29
  • 忍冬!

    同じムラゴンのロクサンのサイトで見た忍冬! 最近撮影した花もそうかなと思って調べてみた。 やはり忍冬のようだ。 黄色いのはもう末期、 白いのが若いということらしい。 知らなかった世界が開けてくる感覚がする。

    nice! 33
  • 落日

    大好きな夕焼け 太陽が沈むのは自然の営み、 これがあるから翌日がある。 人の生も同じだろう。 人が亡くなり、人が生まれる。 そうして、人間は進歩している。 ぼくが亡くなることも そのシステムの中の出来事なのだ。

    nice! 35
  • 赤い花

    可憐な赤い花が咲いていた。 散歩しながら 道端の花を撮影する。 昨日から汗が滴り落ちる。 まるで、真夏がきたみたいだ。 梅雨入りは例年6月中旬だが、 季節の巡りが早まっている今、 果たしてどうなることか。 めぐる季節は農作物にとって、 非常に重要なものだ。 野菜が高騰すれば、 庶民の生活にも影響す... 続きをみる

    nice! 29
  • 紫陽花

    アジサイが梅雨でもないのに咲きだした。真夏のような日々が続いてる。

    nice! 33
  • 去りゆく昭和

    西城秀樹が亡くなったという。ぼくにとっては、歌を聞いたことのある歌手だが、それ以上でも以下でもない。 昭和が終わったんだなと思う。悲しい気持ちはそんなにない。西城秀樹さんのご家族には哀悼の気持ちを示したい。しかしぼくにとっては他人にすぎない。 どんどんと昭和の人が消えていく。有名無名を問わず、人の... 続きをみる

    nice! 27
  • 足ることを知る心こそ

    目黒氷川神社で発見したことば。 足ることを知る心こそ宝船 世をやすやすと渡るなりけり 脇坂義堂(江戸時代中期から後期の心学者)の言葉だそうだ。

    nice! 32
  • 震度3の地震

    携帯が鳴った。 画面には、 緊急地震速報 震度3 15秒後 あたまを守るなど揺れに備えてください それから正確に15秒後、やや大きい地震がきた。 千葉北東部なとで最大震度4だという。神奈川県の我が家もけっこう揺れた。震源地は千葉県沖。

    nice! 36
  • 5月の花

    黄色い花 白い花

    nice! 30
  • nice! 41
  • 鳥たち!

    生き物たちは自然の中で精一杯生きている。 人として、見習うべき点がたくさんあるような気がする。

    nice! 33
  • 旧暦四月一日の真夏!

    今日は卯月一日、月は新月。 月は朝出てて、夕方、太陽とともに沈む。 旧暦四月といえば、初夏だ。 だが、気候は異常なことに真夏を迎えている。 さて、今年の夏はどうなることか? この間載せた「ヒメジョオン」。 本当は六月に咲く花だけど、すでに咲いている。 もしかしたら、アジサイが五月に見ごろを迎えるか... 続きをみる

    nice! 33
  • SMOKING AREA

    これ、どういう意味かわかりますか? 喫煙所の中から撮った写真です。 外に出てみると、下の写真のようになります。 しかも、英語、日本語、中国語、韓国語で書いてある。 なんて親切なんだろうと思った。 中国にいたとき、普通中国語表記しかなかった。 アジアで、日本ほど外国人に親切な国はないだろう。

    nice! 35
  • 5.15

    今日は5月15日。五・一・五といえば、いろいろと気になる日だ。 今から86年前の1932年5月15日、日本の青年将校たちが総理官邸に侵入し、犬養毅総理を射殺した日だ。二・二六事件とともに、軍部が強くなるきっかけとなった事件であり、同時に、日本が敗戦という結果に向かってスタートした地点だ。 「たられ... 続きをみる

    nice! 36