日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

2021年4月のブログ記事

  • ヤマボウシ

     先日、公園で、今年初めてヤマボウシを見つけた。  以前は、ハナミズキもヤマボウシも、まったく知らなかった。十年ほど前、いつも使うバス停のすぐそばに咲いているのがハナミズキだと、幹につけられた木札の名前を見て知った。  以来、似たようなのを見ては、みんなハナミズキだと思っていたのだが、ある時、確か... 続きをみる

    nice! 87
  • つつじ寺

     バスを乗り継いで、同じ市内にある通称「つつじ寺」、等覚院へ行ってきた。コロナ禍で、平日、しかも、ツツジのシーズンが終わったこともあって、乗ったバスもつつじ寺も人があまりいなかった。  ただ、すてきな仁王門や、美しく造作された石庭も見られた。それに、少ないながら、手入れの行き届いたツツジも見られた... 続きをみる

    nice! 84
  • キンラン

     昨日、母と話していて、あまり行ったことのない所へ行こということになり、いろいろ考えた結果、近くの里山の慣れない山道をハイキングすることにした。  ところどころ、木立に遮られて、あまり日の差さない薄暗いところもあったが、とにかく、広場へ出ようとして、少々道に迷いながら進んだ。  花のない風景が続い... 続きをみる

    nice! 80
  • 川辺の花!

     川沿いの道を散歩しながら、小川をのぞき込んでいると、それほどきれいではない小川の中に、ちょっと目立つ、きれいな色を見つけることがある。上から見下ろす形で望遠で撮っているので、花の名前は判別しづらい。  1枚目は、川の中に、ぽつんと、明るい黄色が見えて、何だろうかとカメラをアップにして撮影したもの... 続きをみる

    nice! 75
  • 道端のセキチク

     今日も近くを散歩してきた。散歩ついでに、お寺へ行って、祈ってきた。  「世界が平和になりますように!パンデミックがおさまりますように!母が健康で長生きしますように!」  散歩しながら、あちこちで花を見付けてはグーグルレンズで調べている。今の季節、道端に咲いている花と言えば、ツツジが多いが、今日は... 続きをみる

    nice! 85
  • 薔薇

     横浜青葉区荏子田の太陽公園へ行ってきた。  街中にある公園で、水飲み場、遊具があり、広場では近所の子供達がキャッチボールをしたりしているのだが、バラの咲く時期は、カメラを構えた人たちがぼちぼちとやって来て、写真を撮っている。  今年春のピークはこれからのようで、まだ蕾のものが多かった。それでも、... 続きをみる

    nice! 83
  • オダマキ

    〈セイヨウオダマキ〉  散歩していて、見慣れない花を道ばたで見つけることが何度かある。これはこれで楽しみなのだが、名前がわからないのは少し歯がゆい。  最近は、そういう花を見つけたら、スマホを使って撮影するようにしている。撮ったらすぐ、グーグルレンズで調べる。出てきた他の花の写真と比較して名前がわ... 続きをみる

    nice! 88
  • 月見草!

     コンクリートの隙間から顔を出した月見草。この花を見ると、「富士には月見草がよく似合う」という「富岳百景」(太宰治)の一節を思い出す。  今住んでいる町では、6月になると、この月見草の花がいっぱい見られるようになる。小高い里山に向かう途中の道ばたで、これでもかというほどに咲く。我が家からは富士山の... 続きをみる

    nice! 79
  • ブログ!

     近ごろ、収入のための仕事はないのだが、母のことやその他のことでけっこう忙しい。好きな小説も読めない。それでも、ブログだけはできるだけ読んで(見て)いる。ただ、そのなかで、時々、ちょっとがっかりするブログがある。  第一に、書きたくないけど、とりあえず、書いているブログ、あるいは、何だか責任感のよ... 続きをみる

    nice! 77
  • 最近の料理04/20

    [鶏キムチ] タマネギ、椎茸、鶏肉を炒めて、キムチ150gとだし汁を少々入れたもの。少し炒めすぎて、焦げたところもあったが、美味しく出来た。  いろいろ作ったが、いつもの麻婆豆腐や麻婆茄子、焼きそば、焼きうどん以外で、いつもとは少し違う作り方の料理を載せた。特に初めて作ったのが鶏キムチ、我が家の食... 続きをみる

    nice! 59
  • ヤグルマギク

       昨年までは気にしていなかった花だが、グーグルレンズのおかげで、道で見かけて気になった花は、どれもみな調べてわかるようになった。  そう思うと、ますます、いろいろな花が気になるようにもなってきている。  ヤグルマギク、キク科の一年草。ユキノシタ科の矢車草とは違う。学名は "Centaurea ... 続きをみる

    nice! 48
  • いろいろなアヤメ

     近所の公園に咲いていた花を、グーグルレンズで調べると、「ダッチアイリス」と言う名前が出てきた。オランダアヤメともいうそうだ。また、アイリスというと、このダッチアイリスを指すという。ぼくは名前も知らなければ、初めて見た花だった。いろいろなネットで確認すると、紫色のものが多いようだが、白と黄色のダッ... 続きをみる

    nice! 82
  • 藤棚

     数日前行った時は、まだあまり咲いていなかった藤棚の藤が昨日はずいぶんと開花していた。棚の隙間を見上げれば、爽やかな青空に美しい藤色が映えていた。  ところで、暦を見ると、今月20日が穀雨で上弦の月、27日が旧暦三月の満月だ。来月に入ると、5日が立夏、12日が旧暦四月朔日になる。  二十四節気の立... 続きをみる

    nice! 86
  • 黄色い花

    <モッコウバラ>  四月も中旬を過ぎた。明日20日は上弦の月で、二十四節気の穀雨、立夏まで残り2週間となった。月日はお金と同じで、羽が生えているかのように飛んで行く。  四月もずいぶんと花の写真を撮ってきたが、四月中に撮った写真の中から、黄色い花を集めて見た。  黄色は特に好きなわけではないが、大... 続きをみる

    nice! 80
  • 白い蘭

     散歩中、白い蘭の花を見つけた。もしかしたら、春蘭かと思ったが、グーグルレンズで調べたら、「シロバナシラン」と出た。それから画像などを検索してみたら、春蘭とは色も見た目も違うようだ。ウィキペディアで調べて見ると、シュンランはラン科シュンラン属、シロバナシランはラン科シラン属、とある。色合いが全く違... 続きをみる

    nice! 85
  • シラン!

     道ばたに咲いていた花を指さして、母に、「この花の名前、知ってる?」と聞くと、母は「知らん」と答える。ぼくは「正解」と言う。毎年こんなことを繰返している。  「紫蘭」と書いて、「シラン」と読む。十数年前、横浜市都筑区にある「せせらぎ公園」で、花が咲いていないのに、「シラン」という名前の記された木札... 続きをみる

    nice! 90
  •  近所の竹林に筍が顔を出している。  数十年前の四月上旬、知り合いの山で、筍掘りを手伝ったことがある。足の裏で土の中の筍を感じて、掘り出す作業だったように記憶している。難しい上に、腰が痛くなる作業だった。  この筍が高くておいしいと人は言うが、貧乏性のせいか、人が言うほど食べたいと思わない。スーパ... 続きをみる

    nice! 74
  • 鳩と目が合う

     美しいツツジが満開の公園を散歩していたら、公園の片隅で、群から離れてしまったらしい鳩が一羽、首を前後に振りながら、ゆっくりと歩き回っていた。  あまりに寂しそうだったので、じっと見ていたら、孤独な鳩は、立ち止まって、こちらを見つめ返してきた。知らず目が合ってしまった。  公園に咲く賑やかな色のツ... 続きをみる

    nice! 85
  • 散った後の桜

    ほとんど花びらが散ってしまった後の桜の木、 確か、この木はソメイヨシノだったと思うが、 木全体がほとんど真っ赤に染められているが、 数輪だけ残る花びらがまた美しいではないか。

    nice! 85
  • 早朝の鵯!

     昨日の早朝のことだ。  朝、早く目を覚ましたら、鳥の声が聞こえる。いろいろな鳥の声が交じっていて賑やかだ。  さっそく、ベランダに出て、外を眺めると、小さな鳥たちが飛び交っている。スズメが多いようだが、もちろんカラスも多い。  目の前の欅の木を見ると、木の葉の中に潜ったり、出て来たりしている鳥が... 続きをみる

    nice! 91
  • 近くの公園で!

     昨日のことだけど、テレビかネットの情報で、関東地方のどこかで、藤の花が咲き始めているというのを知って、近くの公園にある藤棚はどうだろうかと思い、昼過ぎ、様子を見に行った。  確かに咲いていたが、まだまだだった。藤の花には今後期待することにして、公園の中を歩いていると、枝垂れ桜、八重桜、それに、紫... 続きをみる

    nice! 80
  • 白のイメージ

     この季節、赤や黄や紫の春らしくて、明るい色の花が目立つが、白い花もけっこう多い。例えば、白いハナミズキ、白いトキワマンサク、白いツツジ、シロツメクサ、クサイチゴ、それに、すでに記事にしたユキヤナギ、スノーフレーク、オルラヤなどだ。  考えてみれば、ぼくは、目立つ色があまり好きじゃない。赤や紫や明... 続きをみる

    nice! 93
  • 一面一色!

     しばらく前、散歩中に、たまたま見つけたシバザクラ、その時はまだほんの少し咲いているだけだった。もうそろそろ、いっぱい咲いているかもしれないと思い、30分ほど歩いて、見に行った。  結果は、ずいぶん咲いていたけど、一面に広がるピンクの絨毯とまでは言えない状態だった。その代わり、あたりには、シバザク... 続きをみる

    nice! 80
  • タンポポ

    開き始めたタンポポ、 思い出すふるさとの山 登れば一面の黄色、 思い出はいつも山や川、 色とりどりの花たち。

    nice! 89
  • 水仙!

     水仙、ヒガンバナ科の多年草。花言葉は「自己愛、神秘」等だが、花言葉なんてどうでもいい。その花にぼくが何を感じるかが重要だ。道ばたで様々な様態で咲きそろう彼女たち。  ぼくはただ彼女たちが好きだ。それでいいじゃないか。好きなものは好きだ。  彼女たちにも違いがある。詳しい名前は知らない。だけど、い... 続きをみる

    nice! 84
  • 四月の花

    ヤグルマギク ネモフィラ リナリア 白いハナミズキ タンポポ 青いアイリス ナガミヒナゲシ 白いアイリス <スノーフレーク> ジャーマンアイリス 木瓜 オオアラセイトウ オルラヤ  4月になって、いろいろな花があちこちで見られるようになった。名前を知っているものもあれば、名前を知っていても、実物を... 続きをみる

    nice! 83
  • 躑躅開く

    桜はまだ残っている花びらもあるが、 日に日に、色を失い、散って行く。 花びらの落ちる先には赤や白の躑躅。 躑躅は、まだ蕾のものもあるが、 花は見る見る開きだして、 団地の中の至る所で、 道ばたが初夏の色に染められていく。

    nice! 79
  • 水辺の桜!

     四月上旬、まだ、咲いている八重桜などもあるが、ほとんどの桜の木は散り始めた。  特にソメイヨシノは、ほとんど葉桜になり、花びらを半分ぐらい残しているものもあれば、一片も残していない木もある。  そんな中、この数日の間に見た水辺の桜を集めて見た。ひらひらと舞い散る桜はまるで粉雪が舞っているようだ。... 続きをみる

    nice! 78
  • 渋谷駅前4月2日

     一年前までの繁華街では、金曜日というと、夜遅くまで、酒を飲む大人が多かったもので、以前、夜11時頃まで、東京で仕事をしていたころ、金曜日は帰りの電車の中が酒臭くてたまらなかったのを覚えている。  今は、コロナの影響で、飲み屋は夜遅くまで営業できないと思うが、それでも、緊急事態宣言が解除されたこと... 続きをみる

    nice! 70
  • カラフルな春!

    春、四月初日の花を見ていると、 実にいろいろな色の花が咲いている。 トンネルの先の明るい出口が見えるようだ。 だけど、ぼく自身、まったく変わらない。 むしろ悪くなっている。 だが、季節は明るくなっている。 季節の変化は人の生活と無関係だ。 時は2021年4月。 いったい、今、何が起こっているのだろ... 続きをみる

    nice! 77
  • 桜のトンネル

     このところ、桜ばかり見ているが、昨日見た桜のトンネルは見事だった。名所へ行かなくても、近所を散歩していて、こういう風景が見られるのはなかなかいい。  近所散歩と言えば、よく歩いたものだ。三月は桜を愛でながら、珍しい花を見ては喜び、池や川を覗いては、水鳥たちを眺めながら、ただただ歩いてきた。歩数計... 続きをみる

    nice! 78