日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

2019年7月のブログ記事

  • 青空にサルスベリの紅映える!

     アパートの直ぐそばに見える百日紅の木は今年、ほんの少し咲いていたが、今はもう散ってしまっている。寿命なのだろうか。  だが、少し歩いた所にある百日紅の木は真っ赤な花を咲かせている。買い物に行く途中にも数本の百日紅の木があって、真夏の空に映えて鮮やかだ。

    nice! 41
  • 百円マウス!

    百均の店で、マウスとヘッドホンを見つけた。買ってきて、使ってみたが、百円のものとは思えない。

    nice! 53
  • 梅雨明けの蝉!

     関東地方は昨日梅雨明けした。梅雨明けの今日は、気温が戸外も室内も34度ぐらいあり、テレビを見ながら、汗だくになっていた。  家にいても暑いのなら、いっそ、外へ出て、汗をかこうと、買い物がてら散歩に出た。歩道を歩いていると、頭の上からジージージーとシャワーのように、蝉の声がうるさい。  初夏のころ... 続きをみる

    nice! 48
  • 二子玉川駅からの眺め!

    東急田園都市線二子玉川駅からの眺め!

    nice! 57
  • シロツメクサに覆われたベンチ!

    シロツメクサ、アカツメクサに囲まれた腰掛けがたいベンチ!

    nice! 49
  • 緑!

    緑一面の世界に入り込む 緑の木々や草に囲まれて 小川の水がさやさや流れ 緑色の世界に癒やされる

    nice! 47
  • 最近の料理!

    餡かけ焼きそば! ウィンナーとズッキーニのマヨネーズ炒め ベーコンとポテトのバター炒め!

    nice! 45
  • 赤-盆踊り大会!

    7月末の盆踊り大会、 何だか少し早い気がする。 赤い提灯が華やかだ。 女性たちが老いも若きも浴衣姿で、 日本の伝統的な盆踊りを踊る姿は、 何とも艶やかだ。

    nice! 51
  • 自然の美しさ-ランタナ!

    今年は例年になく長梅雨になっている。 梅雨の晴れ間を見付けてはしばしば散歩しながら、 いろいろな花を観賞しながら日々過ごしているが、 時折、カラフルな花を見ると、心がわくわくする。 どんな生き物にも人工物にはない自然の美しさがある。 醜いと思われる虫にさえ愛着を感じる。 テレビでは愚かな人々が愚か... 続きをみる

    nice! 49
  • 地震情報!

     7月28日午前3時31分頃、三重県南東沖を震源とするM6.5の地震が発生、東京都23区でも震度3を記録。我が神奈川県でも揺れた。東北地方で最大震度4という情報だ。  我が家震度2。けっこう揺れを感じた。東北地方で震度4という情報を聞くと、2011年の事が思い出されて、不安になる。だが、待てよ。何... 続きをみる

    nice! 46
  • 土用の丑の日

     日本には立秋前の夏の土用の丑の日に鰻を食べる風習があるらしいけど、それは誰かが商売人のために考案したという話だ。だが、そんなことはぼくにはどうでもいい。ただ、そんな習慣がないだけだ。あんな高価なものは食べるものではないと思っている。  ただし、百円寿司に行って、鰻がのっていると、つい皿を取ってし... 続きをみる

    nice! 41
  • 捨てられた靴!

    ぼろぼろに履き古されて小川の底に沈んでいる靴、 人もものも含めて使い古され、忘れ去られるもの、 あらゆるものと人の哀愁が浮かんでいる。

    nice! 48
  • 羽根を広げる鳥

    久しぶりの青空の下、 電線の上の鳥が興奮しているのか、 羽根を広げて何かを主張している。 恋の季節なのだろうか! それとも、 地球環境の悪化に抗議しているのだろうか!

    nice! 35
  • 蝉しぐれ!

     「声は聞こえども姿は見えず」とはよく耳にする言葉だが、今頃の蝉はまさにその通りで、その姿を捉えることはなかなか難しい。今日散策中、ふと見上げた木に蝉を見つけた。樹木の模様とほぼ同じだ。なるほど、これじゃ見分けるのが難しいのも納得だ。  夕方6時頃には、家の近くにある小山からミーンミーンという声に... 続きをみる

    nice! 49
  • 真夏日!

    気象庁は関東甲信はまだ梅雨明けしていないという。だけど、気候はすでに真夏日が続いている。夜は熱帯夜が続いている。少し前には春だと思っていた。それが梅雨になり、ふいに真夏日が訪れる。季節は世間の思惑とは違って、勝手に推移しているようだ。

    nice! 54
  • アメンボ!

    池のあちらこちらてキラキラとする水面。何かと注意してみると、アメンボたちだ。見ていて、ふと幼い頃を思い出した。

    nice! 56
  • ゆっくりと流れる時間!

    昨日、梅雨も明けてないのに、 30度を越える真夏日、 近くの公園を散策。 池の中の石の上に亀を見付けた。 ゆっくりと動く亀。 ゆっくり、 ゆつくりと時間が流れた。

    nice! 42
  • 電線上のカラス!

    電線上でなぜか羽を毛羽立たせているカラス。 何を怒っているんだといいたいが、 カラスの気持ちがわかるはずもない。 ところで、ニュースを見ると、 ひどく怒っている人たちがいる。 何を怒っているのだろうか。 怒りは何も産まない。 怒った結果、失敗を繰返して来た。 今、必要なのは冷静な心だ。

    nice! 53
  • 茸!

    切り株に宿る茸たち! そうして生きるほかない生き物たち。 僕らの世界にも同じように生きている人たちがいる。 生きるとはかくも難しいもの、 そして、生きるとはかくも自然なものなのだ。 だが、不自然な生き方をするのは、 ただただ人間たちだ。

    nice! 40
  • 電車!

    鉄道オタクではないが、鉄道は好きなほうだ。この電車はどこの会社のものだろうか、どこまでいくのだろうかといつも考えている。以前、千葉県に住んでいたころ、乗り換えずに鎌倉まで行く電車もあった。都会へ向かう電車、地方へ向かう電車など頭の中でその地を想像する。今では多くの鉄道会社が相互乗り入れしていて、い... 続きをみる

    nice! 44
  • ワルナスビ!

     名前はワルナスビ(悪茄子)。名前も形もおもしろい。ナス科の多年草だそうだ。夏、白または淡い紫色の花を開き、身は丸く橙黄色。全草有毒。日本に明治時代、北米から渡来したそうだ。  ムラゴンのブログ仲間ロクさんの記事で知っていたので、いつか見たいと思っていたら、我が団地の前の草むらに突然、見付けた。な... 続きをみる

    nice! 41
  • 田園都市線

     東急田園都市線を走る電車。  田園都市線は中央林間駅から渋谷駅までの線だが、渋谷駅から、東京メトロ半蔵門線の押上駅(スカイツリー駅)まで、押上駅からは東武伊勢崎線で久喜駅や南栗橋駅まで乗り入れている。それで、神奈川県から東京都の中心を経由してスカイツリー、埼玉県久喜市や東武動物公園まで直通で乗り... 続きをみる

    nice! 31
  • 自己主張!

    赤と黄色のグラデーション、 道ばたから、 歩行者の目を引きつけるようにして、 わたしはここにいると、 自己主張をしているかのように、 道にはみ出している。

    nice! 41
  • 選挙とヒマワリ!

    いつものことだが、選挙で投票した人は当選しない。 比例代表で投票した党は少ない票しか取れない。 かつて若いころ、そういうことを繰返した。 そして、政治不信に陥った時期がある。 再び投票に行き始めたものの同じ事の繰り返しだ。 それでも、今日、小学校に行った。 そして帰りに大きなヒマワリを見た。 小学... 続きをみる

    nice! 41
  • 最近の料理!7月22日

    これは最近の料理というより、昨日の料理。 親子丼、もやしのキムチ料理。 焼きそばと焼き鳥! これが日曜日にした一日の料理。 それから、最近作った料理も少し載せた。 もやしのキムチ和え! 焼きそば 焼き鳥!. 麻婆茄子 山芋と大葉を餃子の皮で包んで焼いた料理。

    nice! 37
  • ペンステモン!

    雨の中、あなたに見とれています。

    nice! 44
  • 黄色い花!

    花の名前は詳しく知らないが、清楚であると同時に華やかな黄色い花が、アカツメクサの間に咲いていた。 アカツメクサは色あせ始めていて、どこか悲しげな色合いをしているが、その間から、鮮やかな色を見せて、自分の時代が来たことを主張しているかのようだ。

    nice! 40
  • いっぱいの紫!

    艶やかで美しいアガパンサスの紫。 散歩中、いろいろな所で見かける。 高貴な色が散歩の足を引き止める。

    nice! 48
  • 梅雨の雨滴と蜘蛛の巣

    蜘蛛の巣に雨滴のたまる梅雨さかり

    nice! 39
  • 警視庁!

    警視庁、桜田門から見える。 この建物、ドラマ「警視庁捜査一課長」や「十津川警部シリーズ」などで何度も見る映像だが、実際に行ってみたら、確かに威厳のある建物。皇居のお堀に面していて、国を守るというような格好の威厳だ。

    nice! 38
  • 無技巧の平和!

    梅雨空に舞う鳥たち!

    nice! 35
  • 満月!

     昨日、17日は満月だった。夕方になっても雲に隠れて見えなかったが、深夜過ぎて西の空に見えた。電線が邪魔していたが、しばらくチャンスを待って電線のかからないのがようやく撮影できた。  今日は一日、雨が断続的に降り続いている。今はザーザー降りになっている。考えてみれば、月が見られたのは17日夜だけだ... 続きをみる

    nice! 51
  • 公園の風景-絵画風に加工

    日比谷公園やその他の公園で撮影した画像を絵画風に編集加工してみた。

    nice! 45
  • 立入禁止!

     これはなんということだろうかとすごく不思議な感じがした。日本語、英語、中国語、韓国語、アラビア語だろうか。5カ国語で、表示されている。  日本は外国に対して本当に親切な国だ。おそらく、東京オリンピックに向けて、やってくる外国人観光客のためにしていることなんだろう。  考えてみれば、ぼくの町を走... 続きをみる

    nice! 45
  • 楠木正成像!

     皇居に入って直ぐの所にある楠木正成(1294-1336)の銅像がある。南北朝時代の武将で、足利尊氏と摂津湊川で戦い、廃止した。  この日、観光客で賑わっていた。ただ、ここにいるのは大勢の中国人と少しの西洋人たち。日本語は聞こえてこない。中国語があちこちで聞こえてくる。  お堀は相変わらず美しい。... 続きをみる

    nice! 45
  • 日比谷公園!

    日比谷公園へ初めて行ってみた。 名前は聞いているのに、しかも何度も近くまで行っているのに、入ったことのない公園だ。外国人たちもベンチで休憩している。けっこうグローバルな公園だ。 初めて行ってみて思った。 ここは日本人だけのものではないのだと。 そういう所って、日本中にいっぱいあるのではないだろうか。

    nice! 45
  • せせらぎ公園(2)鴨の親子!

    蓮の間に動くものがあった。よくよく見ると、鴨の一種のようだったが、カルガモではない。色が鮮やかな鴨だ。 この鴨だとは 別に、カルガモの大家族がみんないっしょに泳いでいた。蓮の間にいたのは仲間はずれにされて隠れていたのだろうか。 ともあれ、仲のよい家族を見ると、心が和む。ただそれだけで慰められる。理... 続きをみる

    nice! 56
  • 初蝉!

     7月14日の夕方、買い物に出て、歩道を歩いていたら、  突然、ジージーという蝉の声が聞こえてきた。  最初は耳鳴りかと思ったが、間違いなく蝉の声だ。  梅雨が明ける前にいよいよ蝉の季節になった。  そう思って木々を注意深く観察しながら歩いていると、  一本の桜の木の下のほうに蝉の抜け殻が見えた。... 続きをみる

    nice! 52
  • 七月の花!

    7月14日、散歩中に見たいろいろな花、色とりどりで面白い。

    nice! 45
  • せせらぎ公園(1)蓮の花

    横浜市都筑区にあるせせらぎ公園の蓮池を見てきた。蓮の花があちこちで美しく咲いていた。自然はいつ見ても美しい。

    nice! 57
  • 選挙!

    花の名前は忘れてしまったが、夏が来たと感じる花だ。自然は正直で嘘をつかないけれど、政治の世界は嘘ばかり。21日は参議院議員選挙の投票日だが、駅前などで候補者たちが語っている言葉を聞くと、本当かどうか疑いたくなる。フェイクがマイクを握っているように見えて仕方ない。

    nice! 55
  • 桜の赤い葉!

    桜の木の中に赤い葉がある。もう紅葉を始めたのか。 銀杏の木は緑の葉、曇った空に鮮やかな銀杏の葉。 待ち遠しい季節の循環が少しずつ見られる。 さあ、早く夏が来て、秋が来てほしいものだ。

    nice! 59
  • 黄色い花!

    散歩中に見かける路傍の黄色い花。ぼくの庭に花は咲いていないが、人の庭の花、路傍の花、花屋の花などを見ては、心慰める。ぼくの庭にはいつまでたっても、黄色い花は咲くことがない。 かつて、毎年のように、ある女性の誕生日に彼女が好きな黄色いバラをプレゼントしていた。今、花屋の店頭で黄色いバラを見つめている... 続きをみる

    nice! 55
  • nice! 45
  • 最近の食卓7月10日

    ベビーチーズを大葉にくるんで、餃子の皮で包み、フライパンで焼いた。香ばしくて美味しい。

    nice! 59
  • 雑草とカラス!

     散歩中、カラスを見かけた。竹林の手前の雑草が茂った場所をめずらしく左右の脚を交互に動かして移動している。  しばらくそうして前進したあとで、いきなり、両足でちょんちょんと軽くジャンプしながら前進し始めた。  この2種類の前進法には何か意味があるのだろうか。どういうふうに使い分けているのだろうか。... 続きをみる

    nice! 49
  • 小さな花と緑

    休日が続いているのに、遠くまで出かける気力がわかず、団地の中、花を探して歩いた。美しくて大きな花はなかなか見つからなかったが、草むらの中に小さくて可愛らしい花がたくさん咲いていた。

    nice! 47
  • 苔!

    団地の中の苔むした崖。どれだけ人々の生活を見てきたのか。ここに30年近く住んでいる年老いた母!時を重ねる苔と人!

    nice! 42
  • 小さくて黄色い花!

    黄色くて小さい花、 慎ましやかで、 落ち込んだ、 人の心を癒やしてくれる!

    nice! 54
  • 赤い茸!

    サクラの木に赤い茸が寄生してる。 生物の社会の不思議なメカニズムを感じる。 生き物には必然のこなのだろう。 どんなものにも精いっぱい生きる権利がある。 どんな形であれ、生きるのだ。

    nice! 40