日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

2022年5月のブログ記事

  • 赤と黒---サツキとクロアゲハ

     赤いサツキの花咲く中に黒アゲハ、赤と黒の世界だ。サツキツツジとヒラヒラとはばたく蝶を見ていると、五月の穏やかな平和を感じる。  ただし、世界を眺めると、何とも異常なことになっている。侵略者が破壊と殺戮を繰り返しているのに、誰も止められない。  40数ヵ国が制裁を加えているが、残りの150ヵ国ほど... 続きをみる

    nice! 79
  • バラがむすぶ小径

     十日前に行った横浜市青葉区の太陽公園にまた行ってきた。白、黄色、ピンク、赤など、色とりどりの薔薇が以前より多く咲いていた。  「バラがむすぶ小径」と名付けられた道を巡りながら、薔薇を愛でる人たちが数人いた。みんなマスクをしていたが、中には、マスクをはずして花の香りを嗅ぐ人もいた。  誰も目もとし... 続きをみる

    nice! 92
  • 料理の記録05/29-鮭料理他

    <鮭とジャガイモのガーリック炒め>  料理のマンネリ化を防ぐために、常にネットを検索しながら、いろいろな料理を試みている。  鮭は近ごろ一切れが150~200円になっている。何とか150円以下の安い鮭を探して買うようにしている。  ジャガイモもタマネギも高くなっているが、やはり安いものがあった時だ... 続きをみる

    nice! 85
  • 夏色-アジサイ

     ちょっと早いような気もするが、アジサイが咲き始めている。季節は毎年早まっているように思う。近所を散策していて、咲いているのがちらほら見られる。  白と青のものが多いが、少し黄色のものも見られる。どれもまだ小さいが、夏らしい季節が近づいている。  27日は午前中、大雨だったが、午後には晴れた。ちょ... 続きをみる

    nice! 90
  • カルミア

    白くて、小さくて、可愛い花だ。 花の一つ一つは幾何学的な模様をしている。 小さな花が集まると、また、不思議な集団となる。 ピンクの花もある。それもまた美しい。

    nice! 88
  • サツキとモンキアゲハ

     この花を見ると、母は「ツツジがきれい」と言う。「違うよ。これはサツキだよ」と答える。この会話を毎日のように繰返している。サツキは正式には「サツキツツジ」というぐらいだから、似ているのは当たり前だ。  違いはいろいろあるようだが、何しろ開花時期が違う。「ツツジ」は四月、桜が散り始めるころ咲き始め、... 続きをみる

    nice! 71
  • 里山散策

     母の手を引きながら、近所の里山を散策した。すれ違う人はほとんどいない。  木が生い茂る山の細道を上ったり下ったりしながら歩いた。  池の近くにアジサイが咲き始めていた。キショウブも鮮やかだった。  蚊が顔の回りを飛び回っていて、嫌だったが、それでも、自然の世界に身を置くことはうれしいことだ。 コ... 続きをみる

    nice! 94
  • シジュウカラ

    散歩中、飛んできた小鳥が垣根の中に入り込んだ。 雀かなと思いながら、カメラを向けて、撮影した。 撮った写真をよく見ると、シジュウカラのようだ。 こんなかわいい小鳥が毎日家の周りを飛んでいる。 自然が近くにあるというのは実にうれしいことだ。 心を癒してくれる美しい自然を壊す者こそ悪魔だ。

    nice! 88
  • 五月の白い花

    散歩中に見る白い花、 初夏には黄色い色が目立つが、 白い花もまたなかなかいい。 純粋、潔白、誠実な色、 嘘をついて、戦争を続ける国には似合わない色。 世界が誠実な白い色に染められることを願う。

    nice! 78
  • 料理の記録22/05/22-ラーメン

    近ごろ、ラーメンの麺と各種ラーメンのスープがスーパーで売られている。 家で食べるラーメンもなかなか美味しい。 ラーメン屋で食べれば、千円近くするものが、200円前後で食べられるのはいい。 この一ヶ月ほどの間、一週間に一度は自宅でラーメンを作って食べている。 外で何回かは食べたが、それより、安くて美... 続きをみる

    nice! 92
  • 黄色い花

    この黄色い花は、オオキンケイギク。 あまりの存在感に圧倒される。 五月の散歩は色鮮やかな花に包まれる。 世界中が花で癒されることを祈る。

    nice! 88
  • 太陽公園

    横浜市荏子田太陽公園の薔薇。 美しさは間違いない。 ボランティアの人が大勢いた。 みんなでこの美しさを守っている。 感謝するばかりだ。 素敵な薔薇は人生を彩ってくれる。 人生なんてそんなものだ。 花鳥風月が人生を彩る。 それは間違いないようだ。 人生を彩るのは金ではない。

    nice! 91
  • 睡蓮

    五月の風が吹いて、 穏やかに揺れる水面で、 ゆったり佇む睡蓮。 ぼくの人生は泥々だが、 泥の中からでも、 こんなふうに美しく、 生きられたらと思う。

    nice! 80
  • 白くて小さい花

    <モッコクモドキ>  コロナ禍以後、ほとんど誰とも会わずに、生活してきた。母と近所を散歩する毎日だ。それでも、いろいろ問題があって、頭が痛い。  問題の一つは同窓会だ。みんなと会いたいが、コロナのことを考えると、何だか気が引ける。それに、今は収入が激減していて、外食は一切していないし、買い物に行っ... 続きをみる

    nice! 87
  • ユリノキ

     いつも歩いている近所の街路樹に黄色い花が咲いているのを見付けた。グーグルレンズで調べ、帰ってからは図鑑で確認した。「ユリノキ」だということだ。  図鑑によれば、モクレン科の木で、高さは20~30メートル。初夏に、四角形の緑黄色の花を咲かせるという。  毎年、何度もこの街路樹の下を通っているのに、... 続きをみる

    nice! 97
  • お寺に行ったら、境内に薊の花を咲いていた。 好きな花だけど、頻繁に見ることのない花だ。 美しい花姿に目を奪われた。 アヤメの花の咲くすぐそばで、 強烈な自己主張をしているような花。

    nice! 88
  • 料理の記録05/14-ミートソース

    <ミート焼きそば>スパゲティで使うミートソースを使って焼きそばを作った。  急に熱くなってきた。真夏日が続いている。料理もさっぱりしたものが食べたくなり、このところ、昼はそばを食べることが多くなった。普通はざる蕎麦だが、そこに納豆を載せたり、ミートソースをかけたり、カレーをかけたり、いろいろ工夫し... 続きをみる

    nice! 83
  • うつくしきもの

     先日、散歩していて、草や花を撮っていたら、カメラの中に入り込んできたスズメ。動きが早く、めったに撮れないので、急いでシャッターを何度も押した。よく見ると、やはり、小さくて可愛い。  『枕草子』に「うつくしきもの」というのがある。うつくしいものの例として、スズメの子が跳ねて来る様子が挙げられている... 続きをみる

    nice! 88
  • 恋しい時

    ヒヨドリだろうか、盛んに鳴き交わしていた。 答える鳴き声も谷を越える。 今は鳥にとっても愛する異性を恋い焦がれる時なのだろうか。 人間にとっても、同じこと、遠くにいる家族や友人と会いたい。 そんな気持ちが思い起こされる。 コロナ禍で何年も会っていない家族や友人がいる。 そろそろ人恋しくなる時期だ。... 続きをみる

    nice! 82
  • 初夏の花

    〈Cape marguerite〉  初夏を迎えて、いろいろな色の花が咲き始めた。近所しか散歩していないが、こうした花たちを目にすることができるのは楽しいものだ。  先日、遠くの友人と会って、東京散歩でもしようかと考えていたが、東京ではコロナ感染者数がまた増え始めている。第7波が来るのだろうか? ... 続きをみる

    nice! 80
  • 艶やかな花たち

    散歩中に見かけた花、なんとも艶やかな花だ。 この時期、世界は美しい花で満たされている。 だが、ウクライナでは爆弾が飛び交っている。 爆弾は要らない、花束を贈って欲しいものだ。

    nice! 59
  • 夕焼け

     このところ、夕方の空はいつも灰色だったが、昨日は久しぶりに、きれいな夕焼け空が見られた。  五月五日から、ほぼ二週間、二十四節気の立夏だ。コロナ禍になってから、もう三度目の夏だ。  この二年あまり、徐々に仕事が減って、日々の楽しみは、散歩と料理ぐらいになった。散歩の際には、主に季節の花を楽しんで... 続きをみる

    nice! 71
  • 橋の下のアオサギ

     散歩中、橋の下でアオサギを見付けた。まるで、人形のようにいつまでも動かない。写真に撮ったものの、暗いせいか、綺麗に撮れていない。  その後、もう一度、ここへ戻ってアオサギを探したが、もういない。だが、アオサギは橋の下ではなくて、すぐ近くの川の中にいた。カメラを構えたら、さっと飛んでいった。  飛... 続きをみる

    nice! 57
  • 曼荼羅のような花

    花は何とも美しい構造をしている。 人間もそのはずだ。 だが、どうにも人間は歪んで見える。 嘘、戦争、脅し、何もかも美しくない。 人間よ、本来の美しさを取り戻せ。

    nice! 79
  • 官能的な花

     桜の季節がすぎて、立夏も過ぎて、関東地方はいよいよ、夏らしさが増してきた。そして、花もアヤメ科に属する、いろいろな色の花が次々と開いてきた。いよいよ夏が来たと感じられる。  これらの花は、何となく官能的な印象がある。官能的な夏、青春時代の夏など連想してしまう。結局、夏の花は人の情緒を代弁している... 続きをみる

    nice! 70
  • 料理の記録05/07-キムチ料理

    <豚キムチ焼きうどん> 材料は豚肉、キムチ、タマネギ、細葱。調味料はマヨネーズ、麺ツユ、塩胡椒。 <キムチチャーハン> ご飯とキムチ、チャーハンの素。 <大根の煮浸し> 大根を一口大に切り、レンジで5分チンしてから、鍋に入れたタレ(醤油、料理酒、味醂、砂糖、水)で十数分煮込んだ。 <茄子肉味噌ライ... 続きをみる

    nice! 82
  • イソシギ

     町田市と川崎市の境界を出たり入ったりしながら流れる鶴見川は、月に数回は行く好きな散歩コースの一つだ。  その鶴見川に流れ込む麻生川は、三月下旬になれば、柿生駅と新百合ヶ丘駅の間、およそ2㎞にわたって、美しい桜に覆われる桜の名所だ。この川はほとんど川崎市の麻生区を流れているが、鶴見川との合流地点近... 続きをみる

    nice! 75
  • 生命力

     二年あまり、ひっそりと暮らしている。  出掛けるといえば、近所を散歩するぐらいだ。  これでもよく生きていられるなと思う。  散歩中見かけた木におどろいた。  川の岸壁の隙間から、生えている。  すごい生命力だ。  迫害されても力強く生きている。  懸命に生きる生命を応援したい。  元来、生命力... 続きをみる

    nice! 76
  • 赤モミジ、青モミジ

    5月5日は子供の日だが、立夏の日でもある。 いよいよ夏が始まる。 沖縄ではもう梅雨入りしたそうだが、 関東地方は過ごしやすい季節がきた。 青空の下を散歩していると、 赤いモミジと緑色のモミジが鮮やか。 複雑に汚れた心には、かなわない色だ。 やっぱり自然がいちばんだ。 何もかもが美しい、素敵な五月だ。

    nice! 84
  • 黄色いアヤメ

    今、ゴールデンウィークだが、仕事のない人間にとっては、まったく関係ない。収入が年金以外ない以上、金を使って遠出する気にはなれない。それに、コロナも恐いので、人の多いところに行きたくない。 結局、連休が終わるまで、近所を散歩するだけだ。連休が終わったら、少し遠出したいと思っている。遠出しないため、見... 続きをみる

    nice! 78
  • 明るい花

     五月に入って、次々と花が咲き始めたような気がする。薔薇やシランをはじめとして、いろいろな花が咲いている。  五月は散歩にも最適だ。何だかウキウキとしてくる。あちこちに出かけたくなる。 さて、どこへ行くかというと、できれば電車やバスは利用したくない。できるだけ、歩いて行ける場所を考えている。  料... 続きをみる

    nice! 76
  • 薔薇が咲いた

     横浜市青葉区荏子田にある太陽公園のバラがいよいよ咲き始めた。  そろそろかなと思って行ってみたら、案の定咲き始めていた。ただし、まだ満開ではない、蕾がたくさんあった。来週末は満開になるだろう。また一つの楽しみができた。    人間が何をしようが、自然の美しさには叶わない。花鳥風月を日々楽しめる幸... 続きをみる

    nice! 77
  • 料理の記録05/01-茄子料理

    <茄子と挽き肉>  毎日、10時頃起きて、12時頃、パンを食べて、2時頃、母といっしょに散歩に出て、帰宅してからは、晩ご飯の準備が始まる。何を作るか考え、5時頃作り始め、6時頃食べる。  何を作ったかというと、週のはじめに、不揃いの茄子が一袋に12本入って、298円という「もったいなす」を買ってき... 続きをみる

    nice! 78