日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

2022年7月のブログ記事

  • 自然の造形

    赤く染まった西の空 地平線から沸き立つ 不思議な形の黒い雲 赤と黒の自然の造形

    nice! 73
  • 青空散歩

     毎日、35度以上の猛暑日が続いている。昼間はなかなか外へ出る気になれない。それでも、健康のためと二日に一回は出かけるようにしている。  一昨日、ヒマワリ畑を見ようと思って出かけた時のことだが、最初に訪れたのは神社だった。青空に赤い鳥居が映えていた。  それから、どこまでも広がる青い空の下、道端に... 続きをみる

    nice! 75
  • 大きなヒマワリ

     グーグルマップを見ると、我が家から1㎞あまりのところに、「ヒマワリ畑」という表記がある。数年前に行ったとき、一面の黄色い世界に圧倒された。今年になって、少し前に行って見たのだが、まだ咲いていなかった。  もうそろそろだろうと思って、昨日の夕方、気温が30度以下になってから、見に行った。だが、咲い... 続きをみる

    nice! 84
  • 青い空に白い雲

     近所散歩しながら思うことは、自然はあまり変化していないのに、この世界は異常な空気に包まれているということだ。  与党の政治家たちが邪教集団と大きく関わっているというニュースを見る度に、世界は狂っていると思う。  コロナ感染者数は毎日のように、過去最多を記録し続けている。サル痘も初めて発見された。... 続きをみる

    nice! 92
  • カルガモ

     いつも歩いている川沿いの道、川にはカルガモたちが餌を漁っていたり、二羽、三羽と連なって、すいすい泳いでいたりする。  特別なものでもないカルガモの姿だが、長い間、ほぼ半径1~2㎞以内で生活している身にとっては、心を慰めてくれるものだ。  コロナ第7波は新規感染者数が日々過去最多を記録している。物... 続きをみる

    nice! 77
  • 夏も盛り

    七月下旬、セミが今を盛りと鳴いている。 夏も盛り、コロナも盛り、ロシアも盛り。 さて、盛りあるものはいつか必ず衰える。 盛者必衰、衰えの兆しはまもなく見える。 西窓を開けると、山風が吹き込んでくる。 夕方散歩に出ると、川沿いの道は涼しい。

    nice! 78
  • 料理の記録22/07/25

     七月末、大暑を過ぎて、いよいよ暑くなってきた。扇風機から離れると汗が噴き出す。  どこかへ遠出しようという気分にもならない。一週間に外出するのは三日に決めた。母と二人の食材費は、一日500円から600円にして、何とか生きている。  それでも、母はウナギが食べたいというので、土用の丑の日より前の日... 続きをみる

    nice! 84
  • 大暑

    <ノウゼンカズラ>  23日は大暑、土用の丑の日、高いウナギを買う人が大勢いたという。何だか、異次元の話だ。とはいえ、取りあえず、ウナギが大好きな母の為に、先日、冷凍のウナギを500円で買っておいて、この日、一緒に食べた。  実を言うと、これまで、ウナギを食べたいと思った事が一度もない。何で、あん... 続きをみる

    nice! 82
  • 蟬!

    昨日、蟬を見た。 六月下旬から蟬の声は聞こえていたが、その姿を見るのはなかなか難しい。 少し遠くからぼんやりと見たのは数日前、 昨日はその姿をはっきりと写真に撮ることができた。 儚い命の蟬、 その姿が今だからか、 何となく神々しく見えた。 数え切れないこの夏の蟬の中のたった一匹だが、 なぜか、出会... 続きをみる

    nice! 90
  • 日暮れ時の空

     日本の政治が宗教とつながっているのを知れば知るほど、もうどうしようもないほど政治が腐っているように感じる。政治は、庶民のことなんか全く無視しているのかと思うと、ちょっと絶望的な気分になってくる。  「政治(警察)において大切なのは、国民一人一人よりも、国家体制や大企業なんだ。国家の体制や大企業を... 続きをみる

    nice! 62
  • 正義

     ルドベキア、花言葉は、「正義」、「あなたを見つめている」。  この花と花言葉から思うことは、 21世紀の世界には、正義の仮面を被った悪魔がたくさんいることだ。  世界にはいくつもの対立する正義がある。  そうして、誰が正義なのか、何が正義なのか、よくわからないまま、互いに憎しみ合い、殺し合い、何... 続きをみる

    nice! 85
  • 久しぶりの夕景

    梅雨が明けた後、戻ってきた梅雨。 毎日、曇または雨の日が続いている。 そんな中、昨日は夕焼け空が見られた。 美しい空は世界の不安も帳消しにしてくれるようだ。 とはいえ、やっぱり、不安は消えない。 大雨、熱波、戦争、物価高騰....!. 世界は不安だらけだ。 神様、仏様、世界のすべての神様に願う。 ... 続きをみる

    nice! 84
  • 料理の記録22/07/18

    このところ、最高気温、30~35度の日が続いている。 あんまり暑いので、冷やしうどん、冷やしラーメン、冷や奴、冷やしカレーうどんなど、冷たい料理が多くなっている。 上の写真は冷やしうどん、タレは明太子、大根おろし、めんつゆなどを合わせたもの。 <ハッシュドポテト> 小さく切ったジャガイモをレンジで... 続きをみる

    nice! 76
  • 黄色い花

    <ルドベキア> 黄色い花も夏らしい。もう少ししたらヒマワリ畑を見にいきたいと思う。 この花はルドベキア、何とも言えず、夏を感じる花だ。 ところで、この数ヶ月、バスも電車も乗っていない。 近所しか歩いていない。 しかも週に3日か4日だ。 写真を撮るるのは好きだが、何だか、あまり変化のないものしか撮れ... 続きをみる

    nice! 80
  • 白い花

    <オカトラノオ> 素朴で爽やかな花、 夏の花、 何とも息苦しい世界で、 爽やかな心を取り戻させてくれる。 今は近所に咲く花を見て、 心慰めるほかない。

    nice! 82
  • 奇妙な日常

     何が何だかわからない奇妙な日常が続いている。梅雨が明けた後なのに、毎日のように雨が降り続いている。時折、明るい空も見られるが、ほとんど曇または雨の天気だ。九州では線状降水帯が空を覆っていて、激しい雨が降り続いている。  それだけではない。コロナ新規感染者数は東京で2万人近くなり、全国で10万人を... 続きをみる

    nice! 92
  • 赤い花

    サルスベリの花が咲き始めた。 夏らしい花だ。 サルスベリだけではない。 赤い花が目立ちはじめている。 情熱の夏ということか。 コロナの第七波が押し寄せて、 人との出会いも制限されそうだが、 それでも、 こんな赤い花を見ていると、 明るい未来を期待してしまう。 後、何年待てばいいのだろうか。 会いた... 続きをみる

    nice! 81
  • 木槿の夏

     数日前から、我が家のすぐ近くで、ムクゲの花が咲き始めた。この花木は中国原産の落葉樹で、開花期は7~10月ということだ。  日本名は「ムクゲ」、中国名は「木槿花(ムウジンホア)」だ。韓国では国民花とされていて、「無窮花(ムグンファ)」と呼ばれている。  この赤い色、薄紫の花弁は、毎年見ていて、とて... 続きをみる

    nice! 85
  • 神は?

     ぼくは子供の頃から、宗教というものが信じられなかった。今、世界にある宗教の中には女性差別のものもあれば、信者から金を搾取するだけの宗教もある。ある宗教団体は、信者が経典を買うのに3000万円を払うという。最終的にはその信者は破産してしまう。  もちろん良心的で、すばらしい宗教もあるのだろう。だが... 続きをみる

    nice! 83
  • 蟬と花

    、  先月末から蟬の声がうるさくなっている。だが、その姿を見ることはなかなかなかった。それが、昨日の夕方、今年初めて蟬の姿を目にすることができた。  ただ、少し距離があったのと、小さい蟬だったので、はっきりと写真に撮ることができなかった。見えるだろうか、中央左寄りのところに小さな蟬がいる。  いつ... 続きをみる

    nice! 73
  • 料理の記録22/07/11

    <カレーラーメン>  毎日30度超える天気で、どこかへ出かけようという気もしない。相変わらずだが、二日に一度は、夕方30度以下になったら、散歩に出ている。昨日も同じで、5時頃、参院選の投票に行ってきた。  この間、カレーを作ったのだが、だいたい、翌日はカレーラーメン、カレーうどんなどにしている。今... 続きをみる

    nice! 82
  • オシロイバナ

     オシロイバナが賑やかに咲き出した。  7月から10月にかけて咲く花、色は赤、白、黄色、それに、各色が複雑に混じりあったものもある。  夕方咲いて、翌朝しぼむことから、花言葉は臆病、内気。  これからの真夏日、日々、目を楽しませてくれることだろう。

    nice! 85
  • 混沌!

     元首相が暗殺された。あの首相は大嫌いだった。何しろ大企業優先、庶民無視の自民党の党首、軍備拡張などを推し進める人だ。貧しい庶民など無視しているように思えた。  大嫌いな奴だったが、死んだら仏だ。いいところもあったと言いたい。だが、大きなマイナスがあった。  「ウラジミール(プーチン)、君とぼくは... 続きをみる

    nice! 83
  • カラフルな季節

    <オニユリ>  コロナの新規感染者数が全国的に増えている。やはり、第七波が来ているようだ。行きたい所もあるし、会いたい人もいる。いろいろな思いがあるが、何もかも封じ込められているような気がする。  毎日、ほとんど出かけず、じっと座っていることが多い。二日に一回、最低でも一時間程度は、近所を歩きなが... 続きをみる

    nice! 75
  • 不気味な天気!

     熱中症は恐ろしい、それに戻り梅雨、さらに、コロナ第七波が来ているようだと聞けば、ますます出かけようという気がしない。このところ、ほとんど外出していない。出かけてもすぐ近くだけだ。  行かなければならないと思う遠い所もある。また会うべきだと思う人もいる。ぜひ行きたいと思うところもある。だが、全部、... 続きをみる

    nice! 97
  • ナイス打ち止め

     今日は関東地方に台風が来るという予報だったので、一日中家にいて、ごろごろしているつもりだったが、午後からは雨も止んだ。気温も28度くらいで、過ごしやすい一日だ。  こんな日はテレビドラマを見たり、料理を考えたり、ブログ巡りをしているのだが、ムラゴンブログは、4時半頃、[明日以降、Nice!してく... 続きをみる

    nice! 71
  • 白い花

     6日には関東に台風が来ると予想されていたが、5日のうちに、台風は温帯低気圧になったようだ。    それでも、土曜日までの真夏日は一気に梅雨らしい天気に戻り、ずっと、雨の日が続いている。  気温は30度以下になって、少し過ごしやすくなったものの、雨のせいだろうか、蒸し暑さが増している。  5日は結... 続きをみる

    nice! 75
  • 人生の停滞期

     停滞と言っていいのかどうか、よくわからないだが、しょっちゅう引っ越しをしてきた自分が、この十数年、神奈川県から移動していないのが、信じられない。  2008年まで動き続けて来た。一定の地域に留まることなく動き続けた。一カ所に留まることがあっても6年以内。まるで、放浪を好むように移動し続けて来た。... 続きをみる

    nice! 93
  • 料理の記録22/07/04

    〈餅巾着〉  短い梅雨の後、真夏がやって来たと思ったら、日曜日からは、再び梅雨が戻ってきたかのようだ。  これは、「戻り梅雨」というのだろうか。昨日も今日も雨が断続的に降っている。気温は30度以下で、普段通りの梅雨らしい天気だ。  さて、料理の話だが、最近、油揚げの料理が増えている。先々週のピザ風... 続きをみる

    nice! 76
  • 真夏のエアコン

     6月24日の金曜日から9日間、ずっと晴れ続きで、最低気温は25度以上の熱帯夜、最高気温は30から36度で、真夏日または猛暑日だ。やはり、異常気象ということなのだろうか。    外出するのは3日に1度、それも、日が陰る5時ごろ出掛けて、一時間で帰ってくるようにしているが、昨日は、ちょっと気分を変え... 続きをみる

    nice! 95
  • 夕方散歩

     コロナ禍前には「非日常」だったことが、今では「日常」になってしまった。  2020年春までは、仕事が週に4、5日あった。仕事のない日はどこか母と遠くまで出かけていた。一日どこも出かけず、母と二人でいっしょにいることは滅多になかった。  だが、そんな非日常の時間が少しずつ増えて、このごろではほぼ毎... 続きをみる

    nice! 85
  • 合歓の花

     6月の終わり、すでに最高35度前後の日が一週間近く続いている。一週間ぶりに近くの大きな公園に行ってみると、合歓木に花が咲いていた。夏を感じさせる花だ。マメ科落葉小高木、ぼんやりとした紅色の花が、遠くからでも目立つ。  公園内を歩いていたら、鳥の声に混じって、セミの声も聞こえてきた。去年と比べて、... 続きをみる

    nice! 82