日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

2022年4月のブログ記事

  • 青い花

    青い薔薇はないけど、 青い花ってあるんだ。 青色は神秘的な色だ。 空の青は爽やかな色、 海や川の青色もいい、 自然の青は何もかも、 素晴らしく美しい色。

    nice! 80
  • 白い花

     毎年、見ている小手毬の花を見に行った。美しい、いや、かわいらしい花だ。散歩していると、ツツジの赤い色も目立つが、白い色もまた、なかなかいい。  白い花は好きな花だ。小手毬だけではない。たくさんの白い花を見ていると、やはり純潔や潔白ということばを連想する。  世界は醜い争いを繰返しているが、早く、... 続きをみる

    nice! 78
  • ハナミズキ

    短い春、早い夏、狂った季節。 ハナミズキはまだ咲いている。 冬はいつ終わったのか、 春はいつ来ていつ去ったのか、 何もかも忘れてしまった。 母は、今日、何日か、何曜日なのか、 春なのか、夏なのかもわからない。 時々、ぼくが誰なのかわからない。 季節は勝手に過ぎていく。 今はいつなのか、 ここはどこ... 続きをみる

    nice! 82
  • 散歩するムクドリ

    公園の原っぱを散歩していたら、 ムクドリも散歩していた。 オレンジの嘴と足、 地面の虫か何かを啄んでいる。 似たようなものだ。 誰も彼も精いっぱい生きている。 暗い生も明るい生もある。 ともかく、ぼくは今、 平和な空の下で生きている。 何と幸せなことだ。 だけど、忘れてはならない。 製鉄所の地下で... 続きをみる

    nice! 79
  • サツキとモンキアゲハ

    ※この投稿は、5/26午後3時に投稿したが、あとで、見ると、どこにも見つからない。仕方なく、打ち直した。そして、夜9時、「タイムライン」を見ると、同じタイトルのものが2つある。よくよく見ると、最初の投稿は、誤って、4/26午後3時2分、つまり、一ヶ月前の投稿になっていた。せっかく覗いてくれた読者に... 続きをみる

    nice! 27
  • ツツジ寺、一生懸命咲きました

     一昨日、雨が降る中、川崎市の通称「アジサイ寺」に行ってきた。赤、白、ピンクのツツジが満開だった。  雨のせいか、混んでいるというほどではなかったが、知る人ぞ知ると言うことで、大きなカメラを構えている人も数人いた。  坂道を上る途中、掲示板があり、「一生懸命に咲きました」と書いてあった。人も一生懸... 続きをみる

    nice! 80
  • せせらぎ公園

     先日の木曜日、横浜市都筑区にある「せせらぎ公園」に行ってきた。市営地下鉄ブルーライン仲町台駅を出て、徒歩5分ぐらいのところにある公園だ。  一年に何度か行っているが、いつ行ってもいいところだ。池に浮かぶ睡蓮、すいすい泳ぐ水鳥、水辺に佇むコサギ、どれもみな心を落ち着かせてくれる。  上の写真の鳥、... 続きをみる

    nice! 82
  • 料理の記録22/04/24-ラーメンなど

    今週はよくラーメンを作って食べた。上の写真は豚骨ラーメン、豚骨スープの素と麺を買ってきておいて、自宅で作った。麺と乾燥ワカメを茹で、あらかじめ作っておいたスープに入れて、しらす、メンマ、紅ショウガを加えた。他にもカレーラーメンなども作ってみた。 <挽き肉とレンコンの肉団子の黒酢餡かけ> 挽き肉と砕... 続きをみる

    nice! 81
  • 遅咲きの桜

    華やかな時期が来た。 遅咲きの桜が咲いて、 初夏を迎える花たちが咲いている。 これが春だ、 だが、虚しく感じる。 世界で戦争があっているからだろうか。 世界の平和を願ってやまない。 破壊と殺戮をする人たちが悲しくてならない。

    nice! 75
  • 平和

    平和な公園を散歩しながら思う。 平和は美しい。 人も鳥も笑っていいる。 のんびりと歩いている。 だけど、 世界のどこかで戦争があっている限り、 平和は感じられない。 人も鳥もすべての生き物が 穏やかに生きられることが平和だ。

    nice! 73
  • 黄色い花

    黄色い花がいっぱい咲いている。 見ていると、 どの花も笑っているようだ。 今、ここは、 穏やかで平和な春だ! 花を愛でて、 のんびり散歩して、 何と平和なことだ。 だが、東欧では戦争をしている。 東欧の春はまだ遠いようだ。 もうそろそろ、 いい加減に止めたらどうだ!

    nice! 75
  • 季節は動いている

    〈チューリップ〉 季節は動いている。 今日は穀雨、半月後には立夏だ。 過ぎ行く春の中、 花たちは思い思いに咲いている。 季節を感じて、咲いている。 人も季節を感じて、 思い思いに生きていけばいい。

    nice! 65
  • イチハツ

     近所を散歩しながら、いろいろな花を見ている。毎年、咲いてくれるイチハツの花、アヤメ科の花だ。まもなくカキツバタやショウブも咲くだろう。初夏が楽しみだ。  今日は穀雨、あと二週間で立夏だ。夏は近い。夏の花もそろそろ咲き始める。時間の過ぎるのが早く感じる。アジサイ、ヒマワリもそれほど先のような気がし... 続きをみる

    nice! 46
  • 夕焼け空

    美しい夕景、燃えるような空。 世界各地では熱波によって火災も起きているという。 また大雨による被害も起きている。 世界は異常な様相を呈している。 そればかりではない。 戦争や内戦で難民が増え続けている。 か弱いこどもたちが餓死している。 世界は狂っている。 こんな時、浮かれて楽しむ気分にはなれない... 続きをみる

    nice! 36
  • シラン

     シランの咲くところへ行きたいと思いながら、なかなか行けない。そんな中でふと思い出した場所、薔薇の咲く公園だ。まだ薔薇は咲いていないが、シランは咲いているに違いないと思って行ってみた。  案の定咲いていた。それ以外にもいろいろな花が開いていた。花も人と同じく個性的だ。いろいろな色と形があり、それぞ... 続きをみる

    nice! 66
  • 多摩中央公園

    <多摩センター駅構内>  先週土曜日、東京都多摩市の多摩中央公園に行ってきた。  京王相模原線と小田急多摩線の駅である多摩センター駅の南口を出て、歩行者専用のパルテノン大通りという広い坂道を登る。  途中、交差する通りは、東の端にサンリオビューランドがあることから、ハローキティー通りという。  ま... 続きをみる

    nice! 70
  • 料理の記録04/17-カレーのアレンジ料理

    <カレーライス>  今週は、アレンジ料理に挑戦してみた。  週の前半は、カレーを大量に作って、一日目はカレーライス、二日目はカレーうどん、三日目はカレー焼きそばといろいろな料理にしてみた。どれも美味しかった。  週の後半は、ミートソースを大量に作って、それをスパゲティではなく、日本そば、うどんや焼... 続きをみる

    nice! 76
  • 花水木

     いよいよ花水木の季節がやってきた。赤や白の花水木、どこに咲いているのかはわかっている。それぞれの咲いているところを歩いて、写真に撮ってきた。  この花を見ると、夏が近いと感じる。夏日が続いた後、急に寒くなったが、来週には夏のような季節になるだろう。  花水木の花言葉は、「華やかな恋」「私の思いを... 続きをみる

    nice! 75
  • ヤグルマギク

     矢車菊(ヤグルマギク)が今年も咲いていた。花言葉は繊細、優雅。数十分見ていても、飽きない模様と鮮やかな色だ。  ここ数年、少なくとも二日か三日に一回、時には毎日のように、母と出かけて、同じような場所を散歩している。一年の一定の時期に、同じ場所に同じ花を見る。  これを毎年のように繰返している。次... 続きをみる

    nice! 80
  • シャクナゲ

      「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という美人の姿を形容することばを思い出す。 確かに美しい。だが、待てよ!図鑑を調べたら、芍薬と百合は5~6月、ボタンは4~5月とある。     ならば、ボタンはもう咲いているのだろうか。     それにしても、この数日、夏日が続いている。花たちも勘違... 続きをみる

    nice! 80
  • 月と桜

    まだ咲いている桜の向こうに、白い半月が輝いている。 こんな光景を見ると、戦争も何もかも関係ない、自然の美しさを感じる。 これが生きていて、楽しめる景色だ。 銃も弾薬もミサイルも必要ない。 人が幸せになるには、こんな当たり前の自然があれば、それだけで十分だ。

    nice! 80
  • もう晩春!

    立夏まで三週間余り、春の残り三週間余り、 いろいろな花が咲いている。 シダレザクラや遅咲きの桜も綺麗だ。 ソメイヨシノはほとんど散ってしまったが、 今、春の花は盛りのようだが、 名前を調べるのが大変だが、 それもまたうれしいことだ。 明るい季節はすばらしい。 だが、世界は人殺しで満ちている。 世界... 続きをみる

    nice! 65
  • ガガンボ

     先日、ロクさんのブログで初めて知ったガガンボという名前。それが、我が家にもおとずれた。  これがガガンボなんだと思った。足の長い蚊といった感じだ。こういうのもまた面白い。  何でもいい、自然は素晴らしい。鳥でも花でも何でも歓迎したい。  最近は花もいろいろ咲いていて、初めて知る名前のものも多い。... 続きをみる

    nice! 71
  • 料理の記録04/10 - 生姜焼

    <豆腐の生焼き>  今週は生姜焼きが多かった。鱈に始まり、豆腐まで生姜焼きにした。いろいろ作ってみるのは楽しい。  だんだん失敗が少なくなってきた。母が喜んでくれること、それに、自分でも納得する味も多くなってきた。  何しろ、14年間、ほぼ毎日料理している。これは記録的なことだ。プロには及ばないも... 続きをみる

    nice! 76
  • 色とりどりの花

    タンポポが至るところで咲いている。 赤や黄や白のチューリップも咲いている。 それに、ムスカリの青い色も美しい。 春はいろいろな色の花が咲いている。 ただ、悲しいことがある。 東欧ではしい戦争が起こっている。 ウクライナの春は灰色で染められている。

    nice! 64
  • 世界の基準

    人の人生はみな散るもの、 桜の花びらを見ながらそう思う。 すべて散るのだから、 執着することはない。 自然に任せよう。 世界は今、おかしな方向に向かっているようだが、 未来のいつか自然のままによい方向に向かうだろう。 世界の基準は自然なのだ、 独裁者ではない。

    nice! 77
  • アカバナトキワマンサク

     図鑑は、静岡県、三重県、熊本県にまれに生える常緑樹、「トキワマンサク」の変種に「アカバナトキワマンサク」があると書いてある。  そんなに珍しいものかと思いながら、見ていたが、ずいぶんあちこちで咲いていた。それでも、瑞々しい色が素敵だ。  ところで、仕事がなくなって一ヶ月になる。この一ヶ月、何をし... 続きをみる

    nice! 79
  • 平和

    アオサギを見ながら、 平和を感じる。 これが日本だ。 世界の平和を祈る。 鳥も人も、すべての生き物が 平和でいられることを祈る。

    nice! 75
  • 花に嵐

     この数日、雨が降り続いている。そんな中、買い物に出ると、シダレザクラが満開を迎えていた。濡れた花びらはみずみずしい。木の下は花びらを散って、ピンク色に染められている。花散らしの雨だ。  「花に嵐のたとえもあるさ」と言ったのは井伏鱒二だ。本当にそうだ。花が満開になったら、雨が降り、風が吹く。満開な... 続きをみる

    nice! 75
  • 桜の名所

     毎年のように訪れる桜の名所はたくさんあったが、コロナ以後、遠出もしなくなったので、例えば、小田原城、横浜の山下公園、上野公園など、今年はどうやら行けそうにない。  団地の中だけで十分楽しめるが、バスなどで行ける近場の一つに東急田園都市線たまプラーザ駅前がある。昨日、行ってみたら、見事に咲いていた... 続きをみる

    nice! 73
  • 料理の記録22/04/03-ミートライス

     この間、また、「もったいなす」と言うのを買ってきた。先週書いた値段はどうやら間違えていたようで、298円だった。  この茄子をどう料理するか、いろいろ考えていたら、「ミートライス」という奇妙な料理の素が売ってあったので、それを挽き肉と混ぜて、ミートソースを作って、茄子を入れた。本来、ミートソース... 続きをみる

    nice! 73
  • 池のほとりの桜

     桜はどこで見ても美しいが、やはり、川や、池のほとりで見たほうが、何となく艶やかに感じられる。  川崎市にあるこの池は、毎年のように訪れている。今年もやっぱりきれいに咲いていた。だが、母は、こんなにきれいな桜は初めて見たと言って、感激していた。  母は、テレビで、同じドラマを、何回見ても忘れていて... 続きをみる

    nice! 68
  • 鴨の春

     東京都町田市と、川崎市、横浜市の三市の境に位置する鶴見川の水車橋に行った。橋から川を見下ろすと、数え切れないほどの鴨たちが集まっていた。  大きな鴨たちのそばには、頭だけが大きくて体の小さい子供の鴨がたくさんいて、右へ左へとせわしく動き回っていた。  こんな鴨の群の長閑な風景を眺めていると、平和... 続きをみる

    nice! 69