日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

2019年8月のブログ記事

  • 赤レンガ倉庫前の風景!

    赤レンガ倉庫前の広場、 その向こうに見える海、 青い空と海の風景、 港に浮かぶ船、 遠くのミナトミライ、 色とりどりの花たち。

    nice! 45
  • 今日の夕焼け空!

    夕方五時頃には白い雲に覆われていた。白いキャンパスに灰色の絵の具で模様を描いていく。が、それが次第に色づいていった。夕焼け空の赤、それに折り重なる黒い雲。さらには、光り輝く一筋の雲、様々な雲の層が重なり合って美しい。

    nice! 51
  • 最近の料理8/29

    つけラーメン 野菜炒め 野菜たっぷりのチャーハン 鰤の西京焼き、買って来てフライパンで焼いただけ。 もらい物の明太子でチャーハンにした 牛肉が安かったので、すき焼き! もやしと挽き肉の焼きそば

    nice! 54
  • 赤レンガ倉庫前から「あかいくつ」号に乗る!

    上はスカイダック、水陸両用車の乗り場。これには乗らずに隣のバス停から、赤い靴号に乗る!下の写真は一年半ほど前に撮影した「あかいくつ号」だが、当時は運賃が100円だったように記憶しているが、今は普通のバスと同じで220円、ICカードだったら216円になっていた。

    nice! 49
  • 団地散歩!

    団地の中を散歩するのはけっこう面白い。 自然があちこちにあり、ベンチもある。 花や木や猫や鴨を撮影しながら、散歩する。 彼らと出会い、彼らを祝福する。 彼らと仲良くできることがうれしい。

    nice! 49
  • 横浜赤レンガ倉庫

    歴史を感じる倉庫、今は観光スポットで外国人観光客が大勢いる。中に入ると、ショッピングモールになっている。いろいろおしゃれなものが売られている。二階の通路端にある幸せの鐘をつくのは外国人だけだ。また、通路にはおかしなベンチがあった。二人が端っこに座っても、斜めになっているので、すべって、二人がくっつ... 続きをみる

    nice! 65
  • ストリートピアノ!

     母と二人、どこへ行くという目的もなく、ともかく横浜の関内駅の地下街を歩いた。あちこち歩いていたら、こんなのに出くわした。  「誰でも弾きたい人が弾けるピアノ!」  若い男性が突然、ピアノの前に座り、弾き始めた。その音色に惹かれてしばらく聴いていた。演奏が終わると、あたりにいた人たちから、拍手が沸... 続きをみる

    nice! 61
  • 無制限飲み放題!

    横浜の関内駅近くで見つけた店。時間無制限飲み放題1500円、驚きだ。これは1500円で酔って飲めなくなることを想定しているのだろうか?

    nice! 58
  • 真夏日

    25日、日曜日、今日も真夏日、昼過ぎて、7気温は30度を超える。近くを散歩し、スーパーに入って涼む。

    nice! 57
  • 駅と虹!

    横浜市青葉区の東急田園都市線あざみ野駅周辺を散策した。緑に囲まれた駅。雨が上がった後、虹が出ていた。

    nice! 46
  • 処暑

     23日は処暑だった。暑さが一段落する日。朝晩が涼しくなるという。たしかに、朝晩はいつも程の暑さではなかった。  天気予報によると、時折雨が降って、気温は最低25 、最高29となっていた。暑さも落ち着いたような天気だった。  涼しくなった夕方、ちょっと出かけたら、少しは秋が近づいたような空が広がっ... 続きをみる

    nice! 46
  • 山の手と下町!

     写真は田端駅付近、内回り線、つまり池袋方面へ向かう山手線の電車に乗っていて、右側を眺めたもの。上を通るのは新幹線、その下には京浜東北線。実は、この時、驚いたことがある。この右側の眺めと反対の左側の眺めが全く違うのだ。  上野駅からこの田端駅まで電車の進行方向右側は見通しがよくて、左側は高い崖が続... 続きをみる

    nice! 46
  • 新宿駅南口

     新宿はいよいよ複雑になっている。しばらく行かないとすぐ迷子になってしまう。学生のころに見た新宿もすでに雑然としていた。人によっては魅力的なんだろうが、ぼくにはどうもなじめない。  駅中の喫茶店に入ると、コーヒー3杯と、小さなケーキ二つ頼んだだけで2500円取られる。やっぱり田舎好きにはよそよそし... 続きをみる

    nice! 47
  • 明治神宮外苑

    先日、訪れた新宿散歩、新宿駅から、新宿御苑、新国立競技場、そして、この神宮外苑の銀杏並木を通って半蔵門線青山一丁目の駅までの散歩。この写真、銀杏並木が最後の写真だ。ここはドラマなどでよく撮影場所に使われるところだ。

    nice! 56
  • 新宿御苑(3)

    新宿御苑の入場料は今年の4月から500円になっていた。 それでも、清々しい緑に囲まれて歩いていると、気分がいい。

    nice! 39
  • 東京の空

     3週間ぶりに仕事で東京へ出る。目を覚まして、パンとコーヒーで朝食を済ませた後、急に胃が痛くなった。これも気分のせいだろうか。バス、電車と乗りついで、およそ1時間半、苦しみ続ける。どんよりとした東京の空模様と同様、胃も心もどんよりとしている。

    nice! 56
  • 残暑の中の秋!

    はっきりしないが、白い羽根の蟬。だんだんアブラゼミの声が聞こえなくなってきた。日中はまだ30度を超しているが、深夜には25度を下回るようになった。夏はまだ終わらないけど、いよいよ秋が始まった。虫の声や山のほうから聞こえるカナカナやツクツクボウシに秋を感じる。夕方、団地の中を歩くと、急に涼しさを感じ... 続きをみる

    nice! 42
  • 秋の気配

    秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる  日中は30度を超える真夏日。だが、夕方、家を出ると、心地よい風が吹いていた。気温は30度を下回っていた。

    nice! 54
  • 新宿御苑(2)

     新宿御苑を歩いていて、知らない人が声をかけてきた。 「ここはいつ来てもいいところですね。」  確かに季節ごとに見どころがある。今は緑がいっぱいだ。自然の中を歩くことはいい。  造られた自然ではあるが、4百年あまりの歴史を考えると、これもいいものだと思う。  内藤家の下屋敷があった広大な敷地の一部... 続きをみる

    nice! 51
  • 残暑の真夏日!

     鮮やかすぎる青空と緑、立秋も盆も過ぎたが、34度前後の真夏日が続く。かつて経験した暑い夏よりも、暑すぎる残暑だ。地球温暖化のせいだとしたら、世界の国々がエゴを捨てなければならない。国連の役割が重要になるだろう。

    nice! 55
  • 新国立競技場!

    来年、行われる東京オリンピックのため、急ピッチで進められている新国立競技場の建設。ほぼ完成しているようだ。

    nice! 43
  • 透明な羽根!

     子供のころ、蝉取りをしていて、捕まえるのはいつもアブラゼミばかりだった。時々、羽根が透明なセミを捕まえては喜んでいた。  先日、東京都千代田区へ行ったら、我が家の周りで聞こえるセミとは鳴き声が違うと思って、見上げた先に止まっていた蝉は羽根が透明だった。  これはクマゼミだろうか?都会の蟬はクマゼ... 続きをみる

    nice! 53
  • 横浜人形の家

    横浜人形の家、 世界中の人形が飾られている。

    nice! 48
  • 清々しい青空!

    港の見える丘公園 夏の雲が広がる空 台風が来る前の港 すがすがしい青空

    nice! 65
  • 夜の向日葵!

    お日様の見えない、 こんなに暗い中で、 俯向いている向日葵に、 なぜか共感を覚える。

    nice! 53
  • 新宿御苑(1)

    関東地方では、台風10号の影響は小さいが、一日中少し強い風が吹いている。午後から東京へ散歩に出て、秋の気配が漂い始めた新宿御苑へ行った。

    nice! 55
  • 秋色探し-枯葉!

    街中で、見付けられる秋の色。 枯れ葉も見られる。 ツクツクボウシもカナカナの声も聞こえる。 少しずつだけど秋が身近になってきた。

    nice! 51
  • 秋色−オレンジ色

    夕暮れ時の空。 秋を感じさせる空。 オレンジ色の雲。

    nice! 48
  • 光る街!

     今日はお盆の中日、西日本は大型台風が接近して、大雨のところもあるようだが、関東地方はとぎれとぎれの雨雲によって、降ったり晴れたりする一日だ。  朝は豪雨の警報が出て、激しい雨が降っていたが、昼からは青空が広がり、西に傾いた明るい太陽の日差しを浴びて、遠くの街が光っていた。  夕方、用事があって出... 続きをみる

    nice! 45
  • 山下公園!

     赤い靴を履いた女の子の横顔。休日の横浜は大勢の人であふれていた。外国人も多かったが、恋人同士あるいは家族連れでいっぱいだった。  それはそれでいいのだが、花も海も見ないで、いや、前も見ないで、ただ、スマホだけを見ながら歩いている人が多かったのには閉口した。  そう彼らはポケモンGOに夢中なのだ。... 続きをみる

    nice! 39
  • 論語

     ぼくにとって論語は命の恩人だ。  高校生の時、論語に出会わなかったら、ぼくは死んでいたかもしれない。  劣等感に悩んで、死を考えていた十代後半、いつも論語を手にしていた。  孔子は素晴らしい 人であるが同時に悩む人だと思った。  もしも、彼が完璧な人間であったら、僕は見向きもしなかっただろう。人... 続きをみる

    nice! 43
  • 大きなヒマワリ

    先日、横浜に行った時、ようやく大きなヒマワリを見ることができた。場所は横浜アメリカ山公園の中、

    nice! 55
  • 12日の月

    12日夜に西側の空に傾いた月。少し雲がかかって、時折雲間に隠れてしまう。ただ、だんだんと膨らんできて、満月に近づいてきたことが、一昨日10日、東の空に昇ってきた月と比較すると、だんだんと丸くなっている様子がよくわかる。 <8月10日夕方撮影> <8月12日夜、西の空に沈み欠けている月>

    nice! 51
  • 34年前

     34年前の今日、日航機が御巣鷹山に墜落し、520名の方たちが亡くなられた。今日は御巣鷹山で、孫の世代に当たる人たちも含む遺族の方たちが慰霊登山をしたとニュースで映像が流れている。亡くなられた方々のご冥福をお祈りしたい。  歌手の坂本九さん(1941.12.10-1985.8.12)もこの被害者の... 続きをみる

    nice! 41
  • 蓮の花

     先週から勤めている学校は夏休みで仕事はないが、けっこう、忙しい。先週は母の通院に付き添って、二度病院へ行った。  一度目は午前中の検査と診察が終わった後、病院内のセブンイレブンで飲み物とパンを買って、イートインで昼食を済ませ、午後から、またいくつかの検査と診察、何もかも終わったら、もう夕方近くに... 続きをみる

    nice! 47
  • 秋色-緑色

    夏色から秋色 透き通った空 木の葉の緑色 清々しい空色

    nice! 44
  • 枯れアジサイ!

    蟬の死骸がコンクリートの上に落ちて、 枯れたアジサイに、 かろうじて枯れ残ったアジサイ、 ヒグラシの声に秋の虫の声が重なり、 まだ熱い日が続きそうだが、 秋は夏のバトンタッチを受けるため、 動き始めた。

    nice! 57
  • まだまだ赤い百日紅!

    百日紅の紅色がまだまだ元気だ。夏の間はこの赤い色が励ましてくれる。

    nice! 45
  • 秋立ちて

    秋立ちて、いよいよ蝉の盛りかな! ミンミン、 ジージー、 ワシャーワシャー、 カナカナ、 蝉たちが声を揃えて鳴いている。 恋の相手を求めて、泣き続ける。 選挙投票日前日の選挙カーの賑わいだ。 夏の終盤を迎えて、泣き叫ぶ蝉たち。 鳴き声もいっそうやかましい。 蝉たちの死を賭したラストステージ。

    nice! 48
  • 深夜の母!

     夜、母が、ぼくの部屋に置いてある母の焼酎を取りに来る。ふすまを開ける時、襖のヘリにかかっていたぼくの足の指がいっしょに動き、ぼくはビクッとして、目を覚ます。  何だ!誰だ!と目を開けて、そこに立っている母を睨み、何やってんだ。と怒る。それから、僕は寝られなくなる。朝5時ごろ、再び、母がぼくの部屋... 続きをみる

    nice! 43
  • 最近の料理8/9

    先日、親戚がゴーヤ、タマネギ、ジャガイモなどの野菜を送ってくれた。さっそくゴーヤチャンプルーを作った。その他最近作った料理を並べてみた。

    nice! 47
  • 長崎の思い出

     8月9日は長崎に原爆が落とされた日。忘れてはならない日だ。  長崎に知り合いの女性がいて、彼女に会うため、また、仕事で何度か長崎を訪れた。西海岸沿いの道をドライブしながら眺めた美しい夕日、稲佐山から眺めた港。平和記念公園の像などいろいろなことが思い出される。  彼女と会って思ったことがある。長崎... 続きをみる

    nice! 51
  • 母!

     毎日、酔払わなければ寝られない母は毎晩、3時ごろ、泥酔して、眠る。  そして、毎日昼過ぎて起きて来るが、今日が何日かも何曜日かも分からない。  日が沈むまで、白昼夢を見ながら、ほとんどウトウトとしている。日が沈むと元気になる。  どうやったら救えるのか、今、考え中だ。

    nice! 43
  • 立秋!

    青空に木々の鮮やかな緑が映える。 路上を見ると、 蟬が仰向けになって転がっている。 今年初めて見た蟬の死骸。 今日は立秋だ。 秋らしさが少しは見えるようになるだろう。

    nice! 47
  • 夕焼け空!

    昨日の夕焼け空 神秘的な空 何かが起こりそうな空 茜色の空

    nice! 56
  • 今日の月

     つい今しがたの30分ぐらい前に撮影した今日の月。今日の21時ごろの月齢は6.3。南西の空に傾きかけている。このまま西の空を沈むときは欠けた側を上にして西の山の向こうに落ちていく。  欠けた側、つまり、弦を上にして沈む月を上弦の月(月齢7日前後の月)という。吉田拓郎の歌「旅の宿」に「部屋の灯りをす... 続きをみる

    nice! 48
  • 認知症

     母の認知症の検査と診察のために病院へ連れて行った。このごろ、母は一人で病院へ行ける状態ではない。だが、自分は認知症じゃないという。  そうは言っても、今日の結果はひどいもので、明らかに認知症が進んでいる。 母は夜になると、毎晩焼酎をのんで、酔っ払いになる。そうしなければ、寝られないという習慣を何... 続きをみる

    nice! 57
  • 蝉の夏!

     昨日見つけた蝉。  毎年、そうだが、蝉は、夏の真っ盛りには、鳴き声は聞こえても、姿はなかなか見えない。  それが、秋が近づくと、だんだんと姿を見せ始める。  今年の蝉もあちこちで姿を見せるようになった。  立秋はもうすぐだ。もうすぐ虫の季節がくる。  とはいえ、そう簡単にはいかない。残暑こそ大敵... 続きをみる

    nice! 42
  • 毛虫!

     毛虫、嫌われ者だが、生命力は半端ない。愚か者、みんな馬鹿にするが、当人は至って平和だ。策略を弄する者、強い武器を持っているが、みんな大嫌いだ。  ぼくは贅沢なものなど要らない。策略も要らない。好かれようとも思わない。強い武器も要らない。  欲しいのは嘘のない平和な世界だけだ。それは虫の世界に似て... 続きをみる

    nice! 51
  • 線!

    地中化できればいいのにと思う 青いキャンパスに引き殴られた 縦横に斜めに引きまくられた線

    nice! 50