日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

東京オリンピック!

 1964年10月10日、アジアで初めてのオリンピックが東京で開かれた。この年、
オリンピック開催に向けて、1兆800億円という巨費が投入され、東海道新幹線が10月1日営業開始、高速道路、東京の地下鉄などが完成した。もしも、このオリンピックがなかったら、日本の経済発展もなかっただろう。日本現代史で欠かせない出来事だ。


 また、日本人のスポーツ観もこのころから変わってきた。オリンピック以前、心身を鍛えるものとして、剣道や柔道などの武道があったが、それ以外のスポーツと言えば、メジャーなものと言えば、野球という時代だった。サッカーや、バレーボール、陸上競技などが盛んになったのはやはり、オリンピックがきっかけだったように思う。


 これ以後、スポーツを見る側は多様なスポーツを楽しむようになっていった。もちろん、やる側も多様なスポーツに関わるようになっていった。ただし、やる側にはまだ楽しむ余裕などなかったように思う。マラソンの円谷幸吉選手は、国を背負って、苦しみながら走っていたように感じる。国や団体の名誉を背負い、根性で苦難を乗り越えるというのが主流で、どこか苦痛が伴うものだったように思う。


 あれから、53年、スポーツは変わってきた。1968年のメキシコオリンピックで、日本サッカーが銅メダルとフェアプレー賞を獲得した後、中高で次々にサッカー部ができた。サッカーだけではない。さまざまな競技で、活躍する選手の姿を見て、自分もいつかはと思って始める人が増えた。いつからか、自分のために頑張るという人も増えた。


 日本経済はこの半世紀の間に著しく発展したが、1990年代のバブル崩壊を境に低迷し始めた。21世紀にはいって、経済的なものである金や物から、精神的な部分の充実を求める人たちが増えたように感じる。経済発展社会の中で働きすぎた時代、金や物に執着した時代が終わり、生き方を重要視する時代が来たと思う。


 先日、横浜公園に行ったら、キャッチボールをしている人もいたが、サッカー、バドミントン、バレーボールなどいろいろなスポーツをしている。本当に多様化したものだと思う。同時に、代表選手にしても、一般のスポーツマンにしても、余裕をもって、笑顔で楽しみながらスポーツをする人が増えたように思う。いいことだ。

テレビ総白痴化時代

ぼくの好きなさま~あずが漫才をやっていた。思わず見入ったが、面白くない。面白くない冗句に、観客が笑う。何故だろうかと思う。


笑う人たちはテレビによく出る有名人だから笑うのかと思った。久しぶりに漫才をやってるサマア~ズを見て笑うのは古今亭志ん生が高座に出ただけで笑うのと似ている。


しばらく真剣に見ていたがわらえない。観客は笑っているが、笑えない。これはさまあ~ずの芸が落ちたのか、観客が馬鹿になったのかのどちらかだ。


テレビのおかげで世の中ずいぶん変わった。一般人が「ぼく、テレビに出ました」というだけで偉い人になる。まして、いつもテレビに出ている人はものすごい人になる。

スポーツについて!

 今日は体育の日。と言っても、以前は1964年の東京オリンピック開会の日である10月10日が体育の日だった。それが、ハッピーマンデーということで、第2月曜日になったのだが、東京オリンピックのことを考えると、やはり10日の方がいいと思う。ともあれ、今日はスポーツについて思うことを書いてみたい。


 ぼくの通った高校は文武両道を校訓としていた。それで、入学後、ある部活動に入ったが、そこで、顔に怪我をしてしまい、退部。改めて他の部活動に入ったが、そこでは所謂「しごき」が毎日続き、そのせいもあってか、腰を悪くした。その後、よくランニングをやっていたが、今度は、膝を悪くした。


 スポーツは体をいじめつくす。身体をいたわっていては、勝負の世界では通用しないからだろう。だが、スポーツには競争、鍛錬、娯楽の3要素が必要だ。娯楽のない、言い換えれば楽しみのないスポーツはスポーツではない。苦しみながら、体をこわした人も大勢いるだろう。やはり、スポーツは楽しみながら健康的にやるのがいい。


 ところで、最近、気になることがある。勉強はあまりできなくても、スポーツができればいいという風潮だ。文武両道でやってる人はそれでいいが、気になるのは、スポーツ選手が、インタビューなどで「わたしのお母さんがきてくれました」と言うことだ。「わたしの母」が言えない。スポーツを重視しすぎた結果のような気がするのだ。

外国地名の漢字表記(2)

(1)大陸

  • アフリカ:阿弗利加(中国語/非洲)
  • アメリカ:亜米利加(美洲)
  • アジア:亜細亜(亚洲)
  • ヨーロッパ:欧羅巴(欧洲)


(2)国名

  • ロシア:露西亜(俄罗斯)
  • ベルギー:白耳義(白耳义)
  • イングランド:英蘭(英国)
  • イギリス:英吉利(英国)
  • フランス:仏蘭西(法国)
  • スイス:瑞西(瑞士)
  • スペイン:西班牙(西班牙)
  • ポルトガル:葡萄牙(葡萄牙)
  • イタリア:伊太利(意大利)
  • ドイツ:独逸(德国)
  • ルーマニア:羅馬尼亜(罗马尼亚)
  • フィンランド:芬蘭(芬兰)
  • スウェーデン:瑞典(瑞典)
  • オランダ:阿蘭陀・和蘭(荷兰)
  • ポーランド:波蘭(波兰)
  • トルコ:土耳古(土耳其)
  • ギリシア:希臘(希腊)
  • オーストリア:墺太利(奥地利)
  • ハンガリー:洪牙利(匈牙利)
  • アイルランド:愛蘭(爱兰)
  • デンマーク:丁抹(丹麦)
  • エジプト:埃及(埃及)
  • イスラエル:以色列(以色列)
  • インド:印度(印度)
  • ビルマ:緬甸(缅甸)
  • ベトナム:越南(越南)
  • フィリピン:比律賓(非鲁宾)
  • オーストラリア:濠太剌利(澳大利亚)
  • アメリカ:亜米利加(美国)
  • カナダ:加奈陀(加拿大)
  • メキシコ:墨西哥(墨西哥)
  • キューバ:玖馬(古巴)
  • ペルー:秘露(秘鲁)
  • ブラジル:伯剌西爾(巴西)
  • ペルー:秘露(秘鲁)
  • アルゼンチン:亜爾然丁(阿根廷)
  • チリ:智利(智利)


(3)都市名

  • サンフランシスコ:桑港(圣弗朗西斯科)
  • ロンドン:倫敦(伦敦)
  • ニューヨーク:紐育(纽约)
  • ワシントン:華盛頓(华盛顿)
  • ローマ:羅馬(罗马)
  • アテネ:雅典(雅典)
  • パリ:巴里(巴黎)
  • ベルリン:伯林(柏林)
  • ウィーン:維納(维也纳)
  • カンボジア:柬埔寨(柬埔寨)
  • カリフォルニア:加州(加州)
  • ハワイ:羽合/布哇(夏威夷)
  • ケンブリッジ:剣橋(剑桥)
  • ハリウッド:聖林(好莱坞)

パソコンの辞書にある漢字表記。
パソコンで文字を打ち込み、変換すると出てくる漢字表記を列挙した。
まだ他にもあるかもしれない。

外国地名の漢字表記(1)

日本語の中には外国地名を漢字表記している時代があった。実にたくさんあるのだが、パソコンで打って、変換したら出てくる漢字表記だけに限定した。全部で51ある。さていくつ読めるだろうか?


(1)大陸名
①阿弗利加 ②亜米利加 ③亜細亜 ④欧羅巴 


(2)国名(ヨーロッパ)
①露西亜 ②白耳義 ③英蘭/英吉利 ④仏蘭西 ⑤瑞西 ⑥西班牙
⑦葡萄牙 ⑧伊太利 ⑨独逸 ⑩羅馬尼亜 ⑪芬蘭 ⑫瑞典
⑬阿蘭陀/和蘭 ⑭波蘭 ⑮土耳古 ⑯希臘 ⑰墺太利 ⑱洪牙利
⑲愛蘭 ⑳丁抹


(3)国名(アジア・アフリカ・中東)
①埃及 ②以色列 ③印度 ④緬甸 ④越南 ⑤比律賓 ⑥濠太剌利


(4)国名(北米・中米・南米)
①亜米利加 ②加奈陀 ③墨西哥 ④玖馬 ⑤秘露 ⑥伯剌西爾
⑦秘露 ⑧亜爾然丁 ⑨知里


(5)都市名
①桑港 ②倫敦 ③紐育 ④華盛頓 ④羅馬 ⑤雅典 ⑥巴里
⑦伯林 ⑧維納 ⑨柬埔寨 ⑩加州 ⑩羽合/布哇 ⑪剣橋 ⑫聖林