日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

人間万事塞翁が馬!

初めてのパチンコで大儲けし、それが原因でギャンブル依存症に陥ってしまった。麻雀も、ビギナーズラックで大儲けしたが、それが原因で抜けられなくなった。ギャンブル依存症の結果、一文無しになり、餓死寸前まで行った。もともと少なかった食欲は一層なくなり、二日食べなくても平気な体になった。数年前、大きな失敗してしまい、それが原因で、今は気楽な人生を送っている。苦あれば楽あり、楽あれば苦ありの人生だ。辛いことと言えば、かつての失敗と苦痛が悪夢のように時々蘇って苦しめるくらいだ。今は運がいい時は不運の時を思い、不運の時は運のよい時を思うようにしている。

どう生きるか?

今の時代、もっとも大切なことは、
何を持っているかということではなくて、
どのように生きているかということだ。


何を食べているかということではなくて、
どのように食べているかということだ。
貧しい食べ物でも、おいしく食べられたらそれでいい。


どんな家を、また、どんなものを持っているかではなくて、
貧しい家でも、また粗末なものでもいい。
それをどう生かし、どのように生きているかが大切だ。

春よ来い!

今日は室内にいると、
そんなに寒くはなかった。
だが、外へ出ると、
冷たい風が吹いて、
けっこう寒くて、
手袋をしないで出たことを後悔した。
天気予報を調べると、
今日から金曜日までの六日間は
最高が10度を下回り、
最低が0度か1度ぐらいだという。
また冬に逆戻りしたような気がする。
季節はなかなか進まぬ。
梅の花、早咲きの桜が咲いているのに、
春は躊躇しているかのようだ。
思わず口ずさむ。
「春よ来い~!」



たまたま立ち寄った公園で、
枝垂れ桜が咲いていた。
近寄るのが難しくて、
鮮明な写真が撮れなかったが、
確かに春は近づいている。


ためらっている春だが、
それでも、確かに近くまで来ている春。
風に震えながら背を丸め、
手をポケットに入れて歩く人たちが多くいる。
冬よさっさと去ってくれ!
春よ早く来い!


一日何食?

 若いころから、基本的にぼくは朝ごはんも昼ごはんも食べません。時々朝ごはんを食べますが、基本は一食です。
 「三食食べなければいけない」といろいろな人からよく注意されてきましたし、今でも、同じように言われます。まるで「それが当然なのに、どうしてできないの?」という顔で注意されます。
 若いころは、本当はそうなんだ。だけど、そんなに食欲がわかないのだから仕方ないと思っていました。とにかく、今も昔も食欲はほとんどありません。どうにも食べたくて仕方ないと思ったのは一度だけ。お金がなくて、二、三日食事にありつけなかった時だけです。
 食欲はほとんどないが、それでも食事をするのは、ただ生きるためであり、仕事中、ふらふらしないようにするためだ。
 最近、食事を作るようになったが、そこには母が喜んでくれるから作るというだけ、また、それから、ここ一年は薬を飲むため、一日に二回食べますが、本当は一食に戻したいと思っています。
 ところで、一日に何食も食べる人もいます。また間食をする人もいます。それはそれでいいと思いますし、こちらはこちらで間食もせず、ただ一日に一回か二回食事をしないことをおかしいとか変だとかいうふうに見ないでほしいと願っています。
 芸能人の中には一日一食の人もいるようです。体にあった食事の回数でいいのではないかと思います。どちらも普通なのだと。ただし、間食は太るもとですね。


遊具!

午前中、近くの公園を歩く。
緑色の遊具!
ブランコ、砂場、鉄棒ならわかるが、
こいつはどうやって遊ぶのか、
いったい何ものなのか理解できない。
理解できないものがこの世には多い。
ドコモやauやソフトバンクもよくわからない、
二年縛りや三年縛り。
縛られて自由のない携帯電話。
テレビのCMを見ていても、
何の宣伝なのかわからないものが多い。
こいつ何もの?
と思うものがこの世にはあふれている。
国会、県議会の議員たち、
セクハラや訳の分からないことだらけ、
改憲を急ぐ人たちの考えもわからない。
わかりにくいものであふれた世の中。