日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

待つ!


 今日、昼12時過ぎに母の好きな回転ずしを食べにスシローへ行った。こんな時間に行ったことがないので、わからないが、土曜日ということで混んでるかもしれない。もし待ち時間が30分以上だったら、あきらめて、どこか別の店に行こうと思って入ったら、「待ち時間10分」となっていた。
 番号券を取ると、[54番]。それから、10分経過する間に、スマホで予約済みの人が次々に入ってきて、その人たちが先に案内される。時間はどんどん過ぎて、とうとう30分が経過してイライラがつのってきたころ、ようやく「54番の方いらっしゃいますか」と案内された。
 「カウンターでよい」を選んでいたが、テーブル席に案内された。二人で茶碗蒸しと7皿ほど食べて、千円余りのお金を払って出た。時間は、すでに1時半近かった。それから少し買い物して、帰ったら2時過ぎていた。


 ところで、職場に行く途中の道にラーメン屋があって、いつ見ても、並んでいる。この人たちすごいなと感心している。ぼくは並ぶのが大嫌いだから、わざわざ寒い思いをして、並んでるなんて時間がものすごくもったいない。
 スシローは並ぶわけではなく、椅子に座って待つ。だが、ぼくは食べるために待つのも嫌いだ。15分以上待ってまで食べたいとは思わない。それだけ待つなら、別の店に行く。それにしても、昼間からこんなにお客さんがいるのかと驚いている。


 もう一つ、驚かされるのは、小学生や中学生のグループや小さい子供を連れた家族が多いことだ。店のあちこちから子供の声が聞こえる。赤ちゃんの泣き声も聞こえる。三、四歳ぐらいの小さい子供たちがマグロだとかサーモンだとか言っているのも聞こえる。少し違和感を覚える。寿司なんて、食べるのは子供や小中学生の食べ物ではないと思っていた。どうやら、時代は大きく変わってしまったようだ。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。