日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

水鳥!


 水鳥たち、全部で16羽ほどいたと思うが、数羽が潜って餌を取る。

 その間、残りは待っている。
かと思うと、水面に上がった数羽を残して、残りの数羽が潜る。

 これを繰り返す。

 時には一羽も見えないときがある。

 自然界の中で自然に身につけたのだろうか。代わる代わる水に潜るやりかた。

 それとも、見よう見まねで身につけたのだろうか。

 これは例えば、人が自然にあるいは見よう見まねで身につける。

 マナーのようなものか。

 そう思うと、水鳥たちがうらやましく思える。

 人間は自然に身につけたやりかたで人を傷つける。

 水鳥たちも他を傷つけるかもしれないが、
それは自然のままのやり方だ。

 人類は違う。

 自然というよりもどこかずるさを身につけた人のやり方。

 あるいは自己中心の得手勝手なやりかたでルールを破る。

 自然界のルールはどうなっているのだろうか。

 人間も自然界の一部。

 人間はこの世界で自然界のルールをちゃんと守っているのだろうか。

 世界を自然を破壊する人間たちに不安を感じる。

 自己の所属する人間に不安を感じる。

 これは自然界の内部告発だ。