日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

三月になれば!

12日の月、スマホで撮ったら、丸くなった。
次第に膨らむ心のような初春12日の月。
三月二日には満月になる。
三月になれば卒業式がある。
新しい社会人として巣立つ人もいる。


時が過ぎれば、幼い心も大人になり。
時が過ぎれば、大人の心も老けて行く。
時が過ぎれば、あらゆる人とものとが、
思い出の世界に埋もれてゆく。
時が過ぎれば、別れてきた人も多くなる。
亡くなった友人や家族のことを思うと、
悲しみも、時とともに積み重なっていく。
その先に自分がここにいるのだと思い知らされる。


どれほど誠実に生きようとしても、
人を傷つけたり、悲しませたり、
また、傷つけられるぼくの心はどうしようもない。
人は生きている限り傷つけあうのかもしれない。


せめて、人を殺すことだけはなくなってほしい。
まして殺し合うなどということだけはやめてほしい。
思うことは唯一つ、
無用な戦争で死にゆく無辜の民の悲しみ。
平和を願っても戦争の絶えぬ世界の悲しみ。


三月になれば、別れの時がくる。
別れる人との一瞬一瞬を大事にしたいと思う。
そして、四月になれば、出会いの時が来る。
出会う人との一瞬一瞬を大切にしたいと思う。
一期一会の心を持ちたい季節がやってくる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。