日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

もぐる

家に帰るために、知らない街をさまよい歩く。
ようやく見つけた
地下への入口から階段を下りる。
長い長い階段を下りて、
下り切った踊り場の先には、
また長い長い階段がある。
どこまで潜るのか訝しみながら、
一階、二階、三階、四階、五階と下る。
土竜になったような気分で、
電波の届かぬ地底の
入り組んだ神経線維のような
迷路の中、ホームを探す。
地面の底を交差し、
鼠の巣のように入り組んだ通路を
行きかう鉄の箱に乗り込む。
いったいどこまで潜るのだろうか。