SEAZ THE DAY

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

厭世


 日本の首相は自衛隊を国防軍に変えようとしている。地震、噴火、豪雪などの天災が続いている。壊れた心の人が親を子を見知らぬ人を傷つけたり殺したりするという犯罪が続いている。
 テレビやインターネットでは、便利な面、いい面もあるが、下品なものや意味もないものが数多く流されている。自分自身にも嫌気がさして憂鬱な気分でいる今、さらに厭世感が募ってきた。
 だが、下を向いている訳にはいかない。人は死ぬときがくるまで、精一杯生きなければならない。どんなに醜くても、どんなに憂鬱であっても、前を向いて誠実に自分らしく生きるほかにない。自分以外の自分にはなれない。