日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

道に迷う!

最近迷うことが多い。
正しいと信じたことが間違っている時がある。
間違いだと思ったことが正しい時がある。


自分が正しいと思ってやること以外は
すべて間違いだと思っていたが、
そうでもない時がかなりある。


あるべきこととあるべきではないこと、
その基準はどこにあるのか。
ふと迷うことがある。


教えられてきたことの中には怪しいものがある。
例えば、戦前戦中の日本の教育だ。
天皇は神で皇紀2600年だということ。


さらには、この国は正義で、あの国は悪だとか、
歴史上の誰々は尊敬すべきだとか、
将来こんな人にならなければならないとか、


この地域に住む人と付き合っちゃだめだとか、
金持ちと結婚すべきだとか、
肌の色で人の優劣が決まるとか、


着るものや食べるものや住んでいる場所や、
車があるかどうか、親と同居しているかどうか、
身長が何センチか、若いかどうかで優劣が判断されるとか、


学歴こそが人の幸福を決めるだとか、
働く場所や親の年収で人の価値が定まるとか、
教えられてきたことを子どもたちは信じた。


正しいと信じたことが間違っている時がある。
間違いだと思ったことが正しい時がある。
信じたことがそうでもない時がかなりある。


教えられてきたことはただの判断材料に過ぎない。
人の生きる道、心の奥底にあるもの、
本来人が自然に持っているものだと思う。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。