日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

集まる!


 ぼくは人が大勢集まるところが好きじゃない。大勢の人がどこどこへ行っていると聞けば、そこへは行きたくないと思う。どこどこの店に行列ができていると聞いたら、そこへ行きたくないと思う。だけど、日本人て昔から団体で行動するのが好きなようだ。みんなが行くところへみんな行くらしい。
 プロ野球でもサッカーでもそうだ。あの応援するときの統一感はすごいが、ついていけない。なぜだか集団行動が好きになれない。サッカーは好きでも、球場へ行って、いっしょになって応援するなんてとてもできそうにない。高校時代の修学旅行だってみんなと少し離れて歩いた。
 ハロウィンで大勢の人が集まってると聞いた瞬間、どうして、あんなに危険な所にみんな集まるのだろう、どうしてみんなが行くところにみんな行くのだろうと違和感を感じてしまう。おいしい店に並ぶ心理と同じなのだろうか。なぜ、日本人は並んだり、人混みを作ったりするのが好きなんだろう。もちろん、電車の前では並ぶのは仕事だから仕方ないけど、あえて人混みに入ろうとも並ぼうとも思わない。
 好き勝手なことを書いたが、並んだり集団行動をしたり、大勢の人が行くと聞けば、自分も行きたがる。これが、普通の日本人なのだろうなと思っている。
 そして、ぼくみたいな人は異端児かと言えば、僧でもないのかもしれないと思っている。ただ、そういう人はメディアに登場しないから、目立たないだけなのだろう。並ぶのが嫌いな人はメディアに出ない。だから、目立たない。だけど多いかもしれないと思う。
 ならば、聞いてみたい。おいしい店の料理なら、並んでも食べたいと言う人はどれくらいいるのだろうか。人がみんな見ていると聞けば、自分も見てみたいと言う人はどのくらいいるのだろうか。また、みんなが行っていると聞けば、自分も行ってみたいと言う人はどのくらいいるのだろうか。