日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

暑い!

 暑い日が続いているが、今後一ヶ月の旧暦や月齢などを確認してみた。

  • 7月13日 旧暦で6月1日(新月)
  • 7月16日 海の日
  • 7月20日 夏の土用入り、上弦の月
  • 7月23日 大暑
  • 7月28日 満月
  • 8月5日 下弦の月
  • 8月7日 立秋
  • 8月11日 旧暦7月1日(新月)、山の日。

 13日は旧暦6月1日、昔の暦で言えば、晩夏だ。そして、立秋まで残り3週間あまり。立秋と聞けば、少しほっとする。それまで我慢するほかないと思う。
 元来ぼくは夏が好きだった。若いころ、部屋にエアコンなどなくて、扇風機だけですごしながら、それなりの暑さも嫌いじゃなかった。だが、最近の暑さは何かが違う。異常に暑い、そして、それが長い期間続くようだ。
 テレビの解説者が13日は「危険な暑さ」だと言っていた。危険な暑さとはどういうことだろうか。すごい表現だ。外出すると死ぬ可能性があるということか。これから、そんな暑さが続いて、人々は外出を控える、会社も学校も休みになるというような日が来るのかもしれない。
 「暑さ寒さも彼岸まで」と言う。9月23日の秋のお彼岸を待たねば、暑さも収まらないのだろうが、とにかく長く続く危険な暑さだけはごめんだ。普通の暑さであってほしいと願うだけだ。