日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

日本人らしさ?

あらゆる自然や人や物に対して、謙虚でいるところ。
花や鳥、風や月を愛でて、変化を敏感に感じ取る感性を持っているところ。
自然だけでなく、生き物への畏敬の念を忘れないところ。
生きるためにいただく動植物の命に感謝するところ。
社会に対して、きちんとルールに従って対応しようとするところ。
人間関係に関して疲れるくらい大切にして、互いに労い合うところ。
自己中心的な者を許さない、時には排除さえするところ。
共同的な作業となると、和の精神をもって力を発揮するところ。
何事においても礼に始まって礼に終わるところ。


バスに乗るとき、「お願いします」という子供たち。
コートやグランドで、礼をして入り、礼をして出るスポーツ選手。
スポーツ観戦でも、観客席をきれいにして帰る観戦者たち。
スーパーで、店内に礼をして入り、礼をして出る店員。
自然災害に遭っても落ち着いて行動する被災者たち。
人に何かをしてもらったら、三度はお礼を言う人たち。
ありがとうございます。ありがとうございました。
先日はありがとうございました。


そうした姿を見るたびに、これが日本人らしさだと思う。
同時に自分もそうあらねばと思い、すごく疲れてしまう。