日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

降り続く雨!


 梅雨が戻ってきた。このところ、台風7号が近くを通過したせいで、梅雨前線が再び活発化し、各地に大雨をもたらしたそうだ。死者も出たという。京都の桂川もあふれているという。今後も降り続けると、洪水や土砂災害などが各地で発生しそうだ。これ以上大きな被害の起きないことを祈る。
 さて、ぼくの住む地方では、梅雨も空梅雨、梅雨明け後は晴れ続き、真夏日が続いていた。水不足かと心配されていた。農家にとっても、雨がほしかったところだろう。この雨が恵みの雨になってくれたらいい。といっても、関東地方ではまだ降るといわれながら、まだあまり降っていない。
 雨は害も与えれば、恵みのも与える。すべての自然には、美しさと恐ろしさの両面がある。いや、物事すべてかも知れない。文明は人々の生活には、豊かさを与える一方で、人々の心からは豊かさを奪うような気がする。
 今、ここでは、風は強いが、雨は止んでいる。あさって7日は七夕で、小暑だ。暑気が強くなるころだが、この週末の天気はどうなるのだろうか。どうなるにしても、災害をもたらす雨には遠慮してもらいたい。山や川の近くに住む人たちの無事を祈りたい。一方では雨の降らない地方に恵みの雨が降ることを望みたい。さらには、不順ならぬ望ましい自然の移り変わりを望みたい。