SEAZ THE DAY

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

人類の罪状!

人類が地球に何をしたか!
プラスチックで海を汚した。
取返しのつかない罪。
工場の発展により川を汚し、取返しのつかない自然破壊をした罪。
自動車やエアコンの普及により、大気を汚した罪。
効率的な原発により、大地を再生不能にした罪。
オゾン層破壊により、温暖化は進んでいる。
この地球を守るのは人類以外いないのだが、
人類は、破壊を続けている。
告訴するものはいてもその声は小さい。
人々が声を大にして叫ぶほかない。
「地球を守れ!」と。
「自己中心主義者たちから守れ!」と。
ただ、世界の主導権を握る者たちは、
その声を無視し続けている。
この現実に歯向かう手段はないのだろうか。