日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

しいたけ!

 先日、スーパーでとても大きなシイタケを見つけた。この数年、シイタケは手の出ない雲の上の食材だった。それが、何と大きなシイタケが8つ入って298円だった。シイタケは100均の乾燥シイタケ以外、しばらく食べていない。生でしかも安くてこんな大きなシイタケを見たら、ついじっと見入ってしまった。


 10年ほど前、大分の親戚の家で一年間ほど生活をしたことがある。その時、庭でシイタケを栽培していた。木にシイタケの菌を植え付け、それが育っていくのを数か月眺め続けた。毎日、今か今かと収穫の時期を待って眺めていた。次第に太くたくましくなっていくシイタケ、大分ではこれを「どんこ」と呼んでいた。収穫の時、今だよと教えられてむしり取ったどんこ!その見事な形に感動した。これがシイタケなんだと思った。


 東京近郊に住むようになって、そんな「どんこ」に巡りあうことなどなかった。出会っても、帰る値段ではなかった。それが、見事などんこに出会った。しかも安い。これは買うほかないと思って買ったのだ。久しぶりに食卓に載せらた「どんこ」!これを料理するにはと慎重に考えた。答えは肉詰め。本当に貴重などんこだ。


 「自然の恵み」という言葉がある。本当にそうだ。日本に住んでいて、この言葉をかみしめることは数多い。外国に住んでいたとき、こんなことを考えたことがなかった。日本のいいところ、悪いところ、いろいろ考えた。


 そう!日本は物価が高い。日銀総裁は物価を2%アップさせると言って久しい。実際物価が上がっているのに、日銀総裁は2%アップは成功していないという。これ以上上げられたら、庶民の生活は苦しくなる一方だ。市場は頑張って何とか安いものを売ろうとくれている。黒田日銀総裁にはそんな庶民の生活なんて見えていないのだろう。


 収入も年金も減る一方でたまごやキャベツの値段が上がる昨今、物価を上げさせないスーパーの努力に敬意を表したい。どんこが食べられる幸せを満喫したい。秋風の吹く中、物価2%上昇という旗を上げてできない政府の愚かさは歴然だ。シイタケを満喫した今日、少し幸せを感じた。小市民的な幸せだ。
 

天災!人災!戦災!

 1995年1月17日の阪神・淡路大震災、2011年3月11日の東日本大震災、大きな被害をもたらした。そして今年4月14日には熊本地震、そして今日10月21日 鳥取地震。これ以外にも大きな被害はなくとも、何度も地震が発生している。


 以前書いたが、天災は忘れたころにやってくるというが、最近の地震は忘れる暇もないほどだ。その忘れる暇もなく起こる天災の間を縫って人災も発生している。危険ドラッグによる無差別殺人事件、病院や施設で医療事故や殺人事件、天災だけでなく人災も忘れる暇がない。海外へ目を転ずれば、学校での銃乱射事件もある。


 さらに、中東では、戦争がまだ続いている。平和をもたらすはずの宗教が戦争を引き起こしている。そして、子供や女性が虐げられている。世界に平和は訪れるのだろうか。平和とは天災、人災、戦災のない状態。どこかで今日も悲しいことが起こっている。そのことを知ってはいても、どうしようもない。


 2020年の東京オリンピックに震災復興をテーマにしようという意見がある。いいことだ。天災によって傷ついた東北が本当に復興した姿を世界に発信できるような大会になればいい。また、人災や戦災のない世界を願って真に平和の象徴となるようなオリンピックが行われることを願う。

最近のニュースから

 黒石市で自殺した少女の賞を取り消したことをまた取り消したというニュース、何かが変だ。自殺したから取り消したというのはおかしな話。だったら、自殺した人は賞にふさわしくないというのか。おそらく、要らぬ勘ぐりと言うのだろうか。市長が弁解していたが、無駄なこと。


 自殺した原因がいじめなら、なおさら、全国民に訴える意味でも、賞を取り消すよりもそのまま発表したほうがよかった。市長と関係者のどこか未熟な考えがちらついてならない出来事だ。
 
 もう一つ、兵庫県で発見されたバラバラ事件。犯人は中国人らしい。被害者も中国人だとかいう。こういうニュースを聞くと、中国人がいかに日本に根付いているかということを思い知らされる。江戸川で牡蠣を取って、貝殻を捨てる中国人が多いとかいろいろなニュースの中に中国人が登場する。最近のニュースを見て、中国、あるいは中国人関連のニュースが登場しない日はないという気がするほどだ。


 オリンピック関連のニュースも最近にぎわっている。小池さん、森さんに、バッハ会長まで加わって、オリンピックを巡ってニュースが飛び回っている。北京五輪なんか、共産党が一党独裁だから、入り乱れることはなかった。日本は民主主義故に紛糾するという点がある。これぞ民主主義、されど複雑化する民主主義だと言える。決してよくないことだが、どこかに人間臭さを感じさせるニュースだ。

一番大事なもの!

 今、世間では、東京オリンピックのボート競技の会場をどこにするか話題になっている。オリンピックに出ようとする人にとっては大きな問題だ。また、世間では、いじめで自殺した子供のことや、衝動的に人を殺した事件とか交通事故なども話題になってる。


 スポーツでは黒田選手が引退を表明したとか、前田投手のドジャーズがどうなったとか、大谷投手が165キロの球を投げたとか、羽生選手がすごい技を披露したとか、G大阪がルヴァン杯(旧ナビスコ杯)で優勝したとか、女子サッカーリトルなでしこが、U17ワールドカップで北朝鮮と決勝戦を戦うとかいろいろなニュースが飛び込んでくる。


 しかし、今、私にとって最も重要な問題は、自分自身の腰痛と頭痛だ。明日一日、仕事に耐えられるかどうか、それが一番の問題だ。また、明日、仕事を失敗しないで済むだろうかというのが二番目の問題。本当は家族のみんなが幸せでいるかどうかが一番なんだろうが、どうしても教師の仕事を自転車操業でやってる以上、仕事と健康が上位に来てしまい、結局、家族のことは三番目になる。


 そんなことばかり考えていると、趣味である語学、散歩、料理などが結局四番目になってしまう。忙しい時期はおろそかになる。それでも趣味の時間は特に料理は一日1時間ぐらい、語学は30分繰り取る。趣味の時間というのはとても大事だと思う。これがあればこそ、世の中の苦痛も乗り越えられる。もしかしたら、アニメ好きやゲーム好きと言った人にとってもそういう意味で大事なのだろうと理解している。


 私にとって、ニュースは仕事や家族や趣味以外での部分において、世界を見る窓のようなものだ。今、世界で何が起きているか、どんな情報があるかを知る。スポーツの情報も同様だ。特にスポーツは好きだから、とにかく見てる。だが、それを知ったからと言って、それに夢中になることはない、どこかの球場へ行って応援するなど時間もエネルギーもない。夢中になることはない。頭の中で数%ほど占めているにすぎない。


 ゲームの話題となると、さらにパーセンテージは下がる。ニュースとして知っているだけで、頭の中に占める割合は1%以下。ポケモンGOだとかは言葉として知っているだけに過ぎない。やっている人は暇なのだろうなと感心する。そして景観のいい公園でポケモンGOをやっている群れを見てはただあきれるばかりだ。


 自然無視 スマホ見るだけ 景色見ず 心ここにあらず 仮想空間にあり


 さらに興味が低いのは芸能人の話題だ。これは0.5%ぐらいか。誰が結婚したとか、誰が離婚したとかどうでもいい。誰かが大麻をやったと言っても、世間一般のやくざに関するニュースと同じ程度のもの。


満員電車

漁船がいつものように出かけ、
A地点で何百もの魚を獲り、
B地点で何千もの魚を獲り、
C地点で何万もの魚を獲り、
冷蔵庫にぎゅうぎゅう詰め込み港へ運ぶ。

X港で何万もの魚を下ろし、

Y港で何千もの魚を下ろし、
Z港で何百もの魚を下ろし、
母港で残りの魚を下ろす。


電車がいつものように走り出し、
A駅で何百もの人を載せ、
B駅で何千もの人を載せ、
C駅で何万もの人を載せ、
車両にぎゅうぎゅう詰め込み都会へ運ぶ。
X駅で何万もの人を降ろし、
Y駅で何千もの人を降ろし、
Z駅で何百もの人を降ろし、
終点で残りの人を降ろす。