日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

命!

 朝、目が覚めて、テレビをつけると、おいしいものを食べて、満面の笑顔で、「うまい!」とつぶやくタレントの顔が映っている。贅を尽くして、至福の境地を味わう。そうした伝統が、世界無形文化遺産に登録された和食文化を育んできたのだろう。それでも、食べ物に贅を尽くすという点に関しては、何故か反発を感じる。単に贅沢が嫌いだからというのではない。


 食事の前に「いただきます」という習慣は、実は「生き物の命をいただきます」という感謝の言葉だという。人は生きるために、動植物の命をいただいている。動物はもちろん植物にも命がある。その命をもらって人間は生きている。「命をいただく」際に、「贅を尽くす」ということが何か違和感を感じて、心にひっかかるのだろう。


 社会人になった時、驚いたことがある。トラックで運ばれる生きている豚を見てどう思うかという話題になった。ある人が言った、「おいしそうだ!」と。それは考えられないだろうと言ったが、「おいしそうだ」と思う人のほうが普通だと言われた。では、牛の場合はどうか?魚の場合はどうか?ぼくは、いろいろな人と感想が違うようだ。


 20代前後のころ、ぼくは暗い生き方をしていた。そんな中、親友が自殺した。葬儀は大学の街で行われ、葬儀の後、親友の兄がぼくらに言った。「君たちには弟の分も生きてほしい」と。それから、少し前を向き始めた。それから4年後、父が突然の病気で亡くなった。それまであまり好きではなかった父だったが、ぼくは、死後、父の生涯をいろいろな人に尋ねた。その間に、父の思いが少し見えてきた。ぼくは父に似ていると思った。命が引き継がれたように感じた。


 その後ぼくは強く思った。ぼくは親友の命と父の命を引き継いで生きているんだ。たぶん、そのころからだと思うが、「死ぬまで生きる」ということを意識し始めた。つまり、「どんなに下手でもかまわないから、死ぬまで精いっぱい生きる」ということを考え始めた。命あるもの、その命を粗末にしてはいけない。自分の命も他の命も尊重しなければならない。「死ぬまで生きること」こそ、生きるものの宿命だと思った。


 先日、テレビで、現役医師として、105歳で亡くなられた日野原重明氏の生涯をつづるドキュメントを見た。彼は100歳を過ぎても、命の重要さを各所で説き続けた。彼の生き方にひどく共感したと同時に、ぼくの考えはまだまだ甘い。もっと自分の心に真剣に立ち向かわなければならない。自分の人生、これからだと思った。

駅前〇〇!

「駅前〇〇」の〇に入るものは何?と聞けば、昔は駅前旅館、今は駅前交番、駅前マーケット、駅前スーパー、駅前不動産、駅前広場、駅前食堂等など。


旅館はあまり見られなくなったが、今や交番は必ずと言っていいほどある。市民を守る大事な場所だ。それから、スーパーやマーケット等もあるべきものだ。広場は待ち合わせに便利な場所だ。


だが、1店か2店は必ずと言ってもいいほどあるのは違法ギャンブルのパチンコ店だ。ここは便利な場所でも店でもない。人々の金を巻き上げる場所だ。


時代劇を見ているとよく出てくる丁半賭博。金を巻き上げられ、犯罪に走る若者。それが現代では少しおしゃれになって、堂々と駅前に存在している。


駅は街から街へと移動する際の大切な街の玄関だ。そこを利用する人たちの中には、ぼくも含めて、こんなものがあるのは恥ずかしいと感じる人がいるはずだ。


3年後には東京オリンピックがある。駅前のパチンコ屋は世界の恥だ。こんな恥ずかしい日本を世界に見せないでほしいと願うのは日本人のうち何%ぐらいいるのだろうか。


プライド!

昔、ある人に、「あなたのセーター、見たことあるけど、ユニクロですか?」と聞いたら、怒られた。「ぼくはそんな店、行きません」と。安い品物を買うのは恥ずかしいと考えているようだ。ただし、今、彼に同じ質問をしたら、同じように言われるかどうかわからない。


また、ある時、知り合いに安売りのスーパーの話をしたら、「そんな店、行かないよ!」と一蹴された。安売りの店を利用するのは恥ずかしいというのだろうか。しかし、現実的には、そういう人って一部だろうと思う。安売りの店は今大人気だ。近くの百円均一の店に行くと、いつだって行列ができている。普通の人たちが並んでいる。スーパーへ行けば、特売品の棚が空っぽ。寿司など値下げを待つ人たちがけっこういる。


昨日NHKで「ドキュメント72時間」で、福岡県の北九州市小倉にある百円酒場が紹介されていたが、そこでインタビューに答えていた人が話していた。以前、裏稼業をやってて金が有り余るほどあったころ、こういう店には来られなかったが、今はまともな仕事をするようになって、ようやく、百円酒場に入れるようになったと言っていた。


ところで、ランチにはいくらぐらい使うかという質問をしてみたい。ぼくの予想ではおそらく500円から1000円の間が多いだろうと思っている。ぼくの場合は500円以上なら食べないが、テレビの散歩番組を見ていたら、何と1000円を超えるランチを普通に食べている。そういう人たちが普通なのかちょっと疑問だ。


床屋についても聞いてみたい。3000円を超える店を利用する人。1000円前後の店を利用する人。どっちが多いのだろうか。3000円以上の店を使う人は、技術が違うというかもしれないが、プライドもあるに違いない。ぼく自身、金が普通にある時、3500円の店に通っていたが、今は1000円の店を利用している。今、プライドなんて言っていられないというのがぼくの現状だ。

最近のブームに違和感!

 ドラマ、ニュース、ドキュメンタリー、スポーツ等の番組が好きなぼくにとって、最近のテレビはおもしろくない。見たくないタレントも多い。特に毒舌家は好きになれない。
だが、おかげさまで、近頃、テレビを消して、本を読んだり、語学テキストを眺めたり、また、ブログに何かを発表したりすることができる。


 テレビの功罪ということを考える時、まず、世界の出来事などを、家にいながら、即時的に映像で見ることができる点(インターネットのほうがさらに即時的と言えるかもしれないが)。また、映像でとらえることで、いろいろな事象をより理解しやすくなるという点。こういうてんは良い点である。


 一方、悪い点を考えると、60数年前、大宅壮一が生み出した流行語「一億総白痴化論」が思い出される。60年間の変化はどうだろうか。まず、アイドルに夢中な大人が増えた。少年雑誌を読む大人も増えた。子供のものだったゲームやポケモンに夢中の大人も増えた。また着ぐるみの流行、猫ブーム等などもテレビの影響も大きいだろう。


 ポケモンや着ぐるみ、それに猫がかわいくないというつもりもない。犬や猫を飼っていたこともあるし、着ぐるみを見て可愛いという気持ちもある。可愛いものや子供っぽいものを好む大人がいてもかまわないし、それを否定するつもりもない。だが、ただ、それが大勢になり、ブームになると、何か違和感を感じるのだ。

真夏の土曜日!

青い空、流れる白い雲、緑の木々。
賑やかな蝉の声!
室内の気温は32度、湿度は60%。
毎日似たような気温に湿度。
時折、気持ちのいい風が窓から吹き込んでくるものの、
じっとしていても、汗がしたたる真夏の土曜日。
どこかへ出かける気もしなければ、
たまった仕事を片付ける気もしない。
ゴロゴロとしながら、テレビを見たり、
少し英語や中国語を勉強したり、
ネットでニュースやブログを眺めている。