日々是好日

無知による思い込みが偏見を生み、人間の持つ煩悩が憎悪を生む。

記憶と記録!

 最近、安倍首相の周囲が騒がしい。何だか韓国の朴槿恵大統領の場合と似ている。いつもはどんな困難も困難とせずに切り抜けてきたようだが、今回はあたふたとしている。安倍首相肝いりの防衛大臣も危ない。


 最近、国会の場がまるで、刑事ドラマのように見える。大臣が「そんな人とは会ったことがありません」と言い、関係を示す証拠を見せられたら、「面識はあるが、10年以上会っていない」と発言を撤回し、2年前に会っている証拠を示され、「記憶に基づいて発言したのだが、実は会っていた」と言う。


 さらには、大臣が首相があるいは首相夫人が森友学園に寄付金をしたかどうか、みな「していない」と言うが、真実はどうなのだろうか。実際に寄付金を出していたということが記録されていたら、国会で虚偽の発言をしたことになる。


 うちの母は記憶がすぐになくなる。ドラマを何回見ても楽しめる。食べたことがあるものを、初めて食べたと言う。行ったことのある場所を初めて来たと言う。「記憶がない」のだ。虚偽の発言ではない。


 だが、国会議員たちが、「記憶に基づいて発言したのです。虚偽ではありません」というのを聞くと、嘘だ。知っててとぼけてるんじゃないか、虚偽以外の何物でもない。以前、国会でよく使われた「記憶にございません」という言葉が思い出される。国会議員たちは「記憶」という言葉は重宝に使うようだ。


 以前、働いていた職場で、新しい事務長が来て、これからは「記録主義」でお願いしますと言われた。これはすべて記録に取り、「~したつもり」というミスをなくし、「したかしなかったか」でもめたりしないようにというものだった。政府や地方公共団体で「記録は取っていませんでした」という発言を聞くと、記録主義は記憶主義に代わってしまったのかと不思議になる。


 寄付金があったとかなかったとか、いずれにしても、「記憶」ということばによって、事実の隠蔽が行われている。どうにも怪しい「記憶」主義だ。何もかも「藪の中」のようで、真実はどこにあるのかという状態だが、ただ一つ言えることは、森友学園の疑惑が発端になり、今や、自民党政権、安倍政権が傾きかけているのは間違いないだろう。



何よりも真実を!

Rather than love, than money, than fame, give me truth.

(Henry David Thoreau)


 ソローは「愛よりも、金よりも、名誉よりも、真実がほしい」と言う。
 今、国を愛する人たちが、金と名誉を保とうと嘘をつき続けている。
 その姿はあまりにもみじめだし、何とも国の品位を下げ続けている。
 米国でも韓国でもロシアでも、我が国でも「虚」が大手を振っている。
 「ポスト真実」を貫き通し、虚で真実を動かす国家のリーダーたち。
 彼らが国ばかりか世界に大きな影響を与えている現状に国と世界を憂う。

図書館

古代の万葉仮名や和歌の上に、
中世、近世、近代の古典文学作品、
そして、明治の文学作品、
さらに、戦前戦後の現代作品。


数十年前の作品たち、それに、
十年前にはなかった作品たちに、
一年一年と積み重ねられてきた、
見知らぬ名前の本たち。


文化とは地層のようなもの、
古より今に至るまでの積み重なり。
すでに、形を失ったものたちも、
想像と継承により伝えていくもの。


歴史を伝える地層のような文化や
人々の生きざまの連なる書棚から、
得難い宝物(ほうもつ)のような書物を、
恐る恐る手に取ってみる。

春分


公園を歩いていると、植え込みの中を小鳥たちが歩いていた。足を上げて、一歩、二歩と歩を進めている。


広場ではお母さんに手を引かれて歩いていた女の子が、その手を振りほどき、よちよちと歩き始めていた。


歩いている小鳥のすぐそばには桜の木が立っている。小鳥たちと子供たちと、桜の蕾に開花を促している。


冬至に始まる一年の四半期がまもなく一段落して春分が来る。よちよち歩きの春が大きな一歩を踏み出す。


ステレオタイプ!

 2005年4月、ぼくは中国へ行くことを決めた。中国の深圳で日本語を教えるためにいくことにしたのだった。だが、当時、中国全土で反日デモが行われていた。深圳でも大規模なデモがあったというニュースを見た。母が心配した。ぼくも含めて誰もが不安に感じていた時だった。現地の日本人に問い合わせたら、反日デモをやってるのは一部の中国人だということだった。


 香港経由で深圳に行った。蛇口という港に着いた時、迎えてくれた馬さんという女性はとてもかわいい人だった。一緒にタクシーに乗り、町中へ向かった。ほぼ一時間かかったが、料金は100元もしなかった。当時のレートで日本円に換算すると1500円ぐらいだろうか。安いと感じた。着いてみたら、深夜にもかかわらず、日本語学校の先生たちがみんなで歓迎会を開いてくれた。感激したし、またみんなの笑顔がうれしかった。


 来る前の怖いという予想と実際に現地に着いてからの感想にはかなりのギャップがあった。デモは?と聞くと、時々やってますけど、多くの人は、この人たち何やってんだろうという目で見ているという。日本では、反日デモが頻繁に起こってて、勢いもすごいというニュースを見ていたが、どうやら、あのニュース番組は一部を切り取って、大げさに見せているということだろうか。


 それから三年間、ぼくは中国でいろいろな人と出会った。90%の人はいい人だったと言っておこう。社長は日本人の特性をよく知っていて、それを巧みに操るかなりの策士だった。また詐欺師まがいの変な中国人にも出会った。だが、多くの中国人は本当にいい人ばかりだった。中国人は声が大きいというが、「大きい声で発音しないと日本語は上手になりませんよ!」と言っても、おとなしい性格で、いつも小さい声で話す中国人もいた。


 先入観の恐ろしさを痛感した。中国人はみんなこうだと思うのは大間違いだと思った。小さいころ、アメリカが作った戦争映画を見て、ドイツ人はみんな馬鹿な人たちだと思ったが、当然そうではなかった。数人出会ったドイツ人はみな素敵な人だった。どの国にもいい人がいれば悪い人もいると思った。


 中国の人口は日本の10倍だ。悪い人が日本に10人いれば、中国には100人いる。いい人が日本に10人いれば、中国には100人いる。当たり前のことを思い知らされた。それから、個人的な感想だが、いい人は、日本より中国のほうが割合で見ても、多いと感じたぐ。だから、怖いと思って行った中国が日本と比べたら、天国のように感じたのだった。


 母は韓国人と中国人を嫌っている。理由は母が育った時代の学校教育と家庭教育のせいだ。小さいころから、軽蔑するように教育されたのだ。ぼくもそうだ。小さいころから、家庭教育の中で、中国人と韓国人を軽蔑するように教えられた。だが、いつのころだったかは忘れたが、ステレオタイプという言葉を知ったころから心に変化が生じ始めた。


 アメリカ人がみんなフランクかと言えばそうではない。日本人がみんな勤勉かと言えばそうではない。みんな育った環境の中である程度、統一化される。しかし、みんながみんなそうではないのだ。一人一人を見なければならない。ぼく自身、所謂「日本人的」な人間ではない。中国人から「日本人じゃないみたい!」と言われたことがある。そんなふうに「日本人」だからきっとこういう人間だと決めつけられるのが好きじゃない。


 誰もが育てられたられた環境によって多少の影響を受けるが、それは後でいくらでも変えられる。中国で育った人は、テレビの戦争ドラマを見て、日本人は恐ろしいと思う。また学校で日本人を鬼か何かのように教えられて信じ込んでしまう。そういう人たちが、日本人と出会い、そうではないのだと驚かされるのだ。


 ぼく自身も外国人をそれぞれに、この国の人はこういう人、あの国の人はああいう人と決め込んでいた。さらに言えば、国内における、ある地域の人たちはみんなこういう人たちだと思い込んでいた。だが、出会ってみて、いやそうじゃないんだと思った体験がたくさんある。


 人をその住む地域によって一括りにすることほど恐ろしいことはないと思っている。福島に住んでいたからと言って、差別する人たち、蔑まれた地域で育ったからと言って差別する人たち、民族によって差別する人たち、彼らは本当にかわいそうな人たちだと同情を禁じ得ない、それが今の僕の気持だ。


 ぼく自身、ステレオタイプの被害を受けたことがある。K市出身?じゃ、やくざな街だから、怖いと言われた。信じられないことだが、転校した先の中学生たちはK市の人たちはみんな怖い人だと思っていたらしい。


 高齢の母は頑固だ。一つ嫌い始めると、もうだめだ。何を言っても考えを変えない。その母に、最近もう一つ加わった偏見がある。肉を買うとき、どこの産であるかを気にする。福島産とか外国産とかの肉を見て、食べたくないというのだ。それは間違っているよと声を荒立てずに言うのが、最近のぼくの日課だ。