日々是好日

無知による思い込みが偏見を生み、人間の持つ煩悩が憎悪を生む。

始めあるものは必ず終わりあり

 ソメイヨシノの命は短いものだ。団地のソメイヨシノは先週、開花したと思ったら、もう散り始めている。「始めあるものは必ず終わりあり」。人の生命にも言えるし、青春時代、壮年時代等の期間も同様だ。また、どこかの国の全盛期や戦争だって言える。物事にしても同じだ。愛着のある持ち物も壊れる時がくる。また楽しいことも終わる時が来る。


 プロスポーツ選手の場合、選手生命が問題だ。ある年齢で、花開き、満開となり、そして、散り始める。中には遅咲きの選手もいる。ただ、プロスポーツ選手はいったん散っても、その後に、別の仕事で花開くことがある。


 長いプロスポーツの代表は何だろうか。プロゴルファーが一番だろうか。15年から20年ぐらいか。40歳ぐらいまではトップ選手でいられる可能性もある。プロ野球選手はだいたい10年から20年。イチロー選手のような人は例外だろう。25年プロ選手というすごい記録だ。サッカーも10年から15年だろう。三浦知良はまた例外だ。


 短い選手生命の代表は何か。フィギュアスケートだろうか。ほぼ6年から12年ぐらいか。今日、ニュースで騒がれている浅田真央は26歳で引退するという。華やかにシニアデビューしたのは確か15歳。およそ12年間、多くの人に希望を与えてきた。そして、選手としては昨年12月の試合が最後となった。


 今花開いている羽生結弦選手は今頂点なのかもしれない。これから、いつまでトップでいられるだろうか。いずれにしても終わる時が来る。それまで多くの夢を与えてほしいと願っている。何事も何物も何者も「始めあるものは必ず終わりあり」だ。ソメイヨシノは間もなく散っていく。だが、ソメイヨシノは来年また開く。だが、人の場合は同じように開くことはない。形を変えて花開く、あるいは次の世代で花開く。
 

positive!

桜が咲いて、満開になって、散っていく。
それが定めなのだからがっかりすることはない。


幸せな人生が何かの原因で奪われ、壊されて、
どん底に落ち込み、絶望することもある。


だけどもう一度咲く時が必ず来る。
前を向いて笑顔で前進していれば必ず来る。


人生は糾える縄の如しというじゃないか。
苦しい時こそ、笑っていようじゃないか。



春眠不覚暁

春暁 孟浩然


 春眠不覚暁 春眠暁を覚えず
 處處聞啼鳥 処々啼鳥を聞く
 夜来風雨聲 夜来風雨の声
 花落知多少 花落つること知んぬ多少ぞ



 朝7時半の目覚ましを聞いたが、つい、二度寝してしまった。目覚ましはスマホで7時半から1時間おきに鳴るように設定してある。9時半の目覚ましでようやく布団を出た。


 窓を開ければ、あちらこちらから小鳥の鳴く声が聞こえる。それに、保育園の子供たちの賑やかな声も聞こえる。


 遠くに見える山は淡いピンクに覆われている。窓の下の道は、桜に覆われているが、路上も散り始めた花びらで少しピンクに染まっている。


 そう言えば、昨日は雨が降り続いた。先週、東京で見た桜も、昨日の雨で、かなり散っていることだろう。

火宅!

 安倍首相が偏狭なナショナリストであり、アメリカ追従の政治家であることは最初からわかっていたことだ。それでも、日本国民は彼を選んだ。


 トランプ大統領が政治の素人であり、彼の愚かな言動が世界を混乱させることは最初からわかっていたことだ。それでもアメリカ国民は彼を選んだ。


 トランプ大統領がシリア政府軍空港を爆撃させた。それによって何が起こるか、考えればわかりきったことだ。


 今や日本は火宅の国となった。だが、スマホゲームに興じる多くの日本人たちは、自国が火宅となっていることなど知る由もない。それが日本だ。