日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

夏至!

 今日は夏至、東京の日の出は4:25、日の入りは19:00だという。日中は15時間35分にもなる。

 だが、今は梅雨、どんよりとした灰色の空だ。夏至らしい空は一日中どこにも見られない。

 朝から自宅にいながら、パソコンを使って、予定表を作っている。早く完成させて、担当者に送らねばならないが、エクセルは何度も固まって、仕事はなかなかはかどらない。イライラしながら机に向かっている。

 パソコンを買い換えたいが、さて、金の問題を考えると少し頭がいたい。


転倒!

 昨日のことだ。ほとんど身動きができない超満員電車に揺られて東京から帰宅したのだが、最寄りの駅で電車を降りたときには、いつも以上に膝がしびれていた。素早く行動することなどできない状態だった。
 改札に向かう途中で、斜め前から来た男性とぶつかりそうになった。右足には避けるだけの力が入らなかった。その瞬間、その男性は肘だったかカバンだったかよくわからないが、「邪魔だ!」とばかりにぼくを左側の体を突いてきた。バランスを失い、よろけてしまい、右腰、右膝から床に打ち付けられて転倒してしまった。 
 しばらく立ち上がれなかった。床面の視点から周囲をよけるように通り過ぎていく人々が見えた。誰も助けてくれない。突き倒した人はどこかへ行ってしまった。
 数秒倒れたままでいたが、何とか起き上がり、柱に寄り掛かった時に、駅員さんが来て声をかけてくれた。
「大丈夫ですか。担架を持ってきましょうか。車いすをお持ちしましょうか」
「大丈夫です。少し休めば大丈夫です。」
「じゃあ、事務室で休んでください」
 ぼくは足をひきずりながら、駅員さんについて行き、事務室内のソファに横になって休んだ。10分ほど休んでから、立ち上がって、お礼を言い、外に出て改札を出た。そのあと、買い物し、バスで帰宅したのだが、帰り着いた時、ひざは感覚がなく痛みもひどかった。
 それから、食事をして、いくつかの仕事をして、夜、寝るころになって、右腰に痛みを感じた。どうやら、打ち身のようだ。湿布を張って寝た。
 今朝になって、腰は昨晩よりさらに痛む。どこかへ出かける気もしない。ほとんど寝たままで時間が過ぎていく。明日からの仕事が心配になってきた。こうなると、頭の中で、いろいろと考え始めるようになる。
 考えてみれば、郊外から東京都心へ通勤する人たちは毎日のように満員電車に乗っている。いらいらもかなりなものだろう。
 以前、混雑する渋谷駅で男性と女性の肩がぶつかり、振り返った女性が「なんだ、てめえ!」などと言っていたのを耳にしたことがある。また、電車内で「おい!押すなよ!」「そっちこそ押すなよ!」「おい、降りろ!降りて話つけようじゃないか!」等と言い合っているのも耳にしたことがある。
 満員電車の中で、あるいは混雑する駅で、いらいらする人たちが多い。仕方ないのだろうか。何とかならないものだろうか。山手線は3分に一本の電車が走っているが、郊外から東京に通勤する人たちが乗る電車の本数ももっと増やすとか、満員を少しでも解消する対策を練ってもらえないだろうかと思ってしまう。




Fifaランキング?

 ロシアワールドカップで開催国ロシアが2連勝して勝ち点を6とした。ロシアは参加国32チームの中でFifaランキングが最も低い70位の国だ。それが勢いにのって連勝したということだ。
 だが、ロシアだけではなく、今大会はすごいことになっている。日本の属するH組では、グループでランキングの最も低い61位の日本が16位のコロンビアに勝ち、27位のセネガルが8位のポーランドに勝った。F組では世界ランキング1位のドイツが15位のメキシコに負けた。
 ランキングはもう当てにならない。こういうことは他のスポーツではなかなかないことだ。ますますサッカーが面白くなってきた。

勝って兜の緒を締めよ!

 ロシアワールドカップ初戦勝利!四年前、コロンビアに大敗して、決勝トーナメントに進めなかった。その際、日本の壁になったのがハメス・ロドリゲス。
 今回、このハメスはひざの具合が悪いため、ベンチスタート。そして、試合開始3分で、日本の大迫選手がシュート、そして、キーパーのはじいたボールを香川選手が再度シュート、これをコロンビアの選手がハンドで止めた。この瞬間が試合の流れが決まったといえる。相手選手は一発退場!
 11人対10人のまま残り85分余りを戦うというのは、コロンビアにとって、厳しいものになった。だが、日本は以前ワールドカップで10人になった相手と引き分けたことがある。同店に追いつかれた後、後半に入ってから、よく1点を取り、それを守り切ったと思う。
 しかし、反省点も多い。11人対10人であろうと同人数だろうと関係なく、日本は、枠内にしっかりとシュートを決めなければならない。それと、パスミスを少なくすることだ。フリーキックの際、石橋をたたくような気持ちで、望まなければならない。
 次の戦いは現地時間24日、日本時間で25日午前0時に、セネガルと戦う。勝ち負けを考えることなく、今日以上の試合をしてほしい。最初の10分が勝負だ。全力を出してほしい。精一杯やれば、それでいい。


【H組】


  1. 日本(61位)   勝ち点3(1勝0分0敗)2得点1失点
  2. ポーランド(8位) 勝ち点0(0勝0分0敗)0得点0失点
  3. セネガル(27位) 勝ち点0(0勝0分0敗)0得点0失点
  4. コロンビア(16位)勝ち点0(0勝0分1敗)1得点2失点

ロシアW杯日本白星発進!

 ロシアワールドカップ、日本とコロンビアの試合終了(日本2-1コロンビア)。
  • 後半28分、香川に代わって入った本田が蹴ったコーナーキックを大迫がヘディングゴールをゴール右隅に決める。(日本2-1コロンビア)
  • 前半39分、キンテロのフリーキックがゴール左隅に決まる。(日本1-1コロンビア)
  • 前半5分、香川のPKで日本が先取点を取る。大迫のシュートをGKがはじき、それを香川がシュート、相手でフェンダーのC・サンチェスが手で止めたため、退場、PKとなり、香川がゴール右隅に決める。(日本1-0コロンビア)

 ロシアワールドカップの日本とコロンビアの試合が始まった。勝てばもちろんいいが、勝つ可能性は1%ぐらいだろうか。それでも少ない可能性に期待したい。がっかりしたくない。先発を見ると、Jリーグから出ているのはメンバーで最も若い庄司源だけだ。


GK①川島永嗣(35=メッス)
DF③昌子源(25=鹿島)
DF⑤長友佑都(31=ガラタサライ)
DF⑲酒井宏樹(28=マルセイユ)
DF㉒吉田麻也(29=サウサンプトン)
MF⑰長谷部誠(34=フランクフルト)
MF⑦柴崎岳(26=ヘタフェ)→⑯山口
MF⑧原口元気(27=ヘルタ)
MF⑩香川真司(29=ドルトムント)GOAL前半5分→④本田
MF⑭乾貴士(30=エイバル)
FW⑮大迫勇也(28=ケルン)→⑨岡崎