日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

若者の心に何があったのだろうか?

 新幹線車内の殺傷事件、犯人の若者は22歳。彼は生きるか死ぬかの瀬戸際にいたという。自殺することはあっても、まさか殺人を犯すとは青天のへきれきだと母親がいう。

 ふと思い出したのは、ぼく自身が22歳だったころのことだ。貧乏学生で、自分に自信がなく、人間関係に苦しみながら、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされていた。
 当時、ぼくは『罪と罰』を読み、衝撃を受けた。戦争で人を殺しても殺人にはならない。貧乏学生であり、頭脳明晰な主人公ラスコーリニコフは自分は非凡人であるから、一般人の道徳はあてはまらない。高利貸しの老婆を殺して金を奪い、それを世のために役立てるなら、戦争で人を殺すのと同じであり、殺人にはならないと考えた。

 ぼくは本当に死ぬか生きるかの瀬戸際にいた。ラスコーリニコフのように考えたこともある。だが、彼と違うのは、ぼくの場合、自分自身を頭脳明晰どころか、凡人以下だと思っていたことだ。生きていれば、人に迷惑ばかりかける人間だとも思っていた。何度も死ぬことを考えた。ニューヨークで野垂れ死になどということも考えた。

 ただただ、勇気がなく、自分を特別視することもなく、一人寂しく餓死しかけたことさえある。その後、友人の死に出会い、友人の分も生きることに決めるほかなかった。凡人らしく、長い間生きてきた。

 ふと思う。今回の犯人はどういう考え方をしたのだろうか。どんな思考の迷路をたどって、このような事件を起こしたのだろうか謎だ。

 亡くなられた男性は女性を守ろうとして、殺されたという。勇気ある行動ながら、亡くなられたことは遺憾に思う。ご冥福を祈りたい。また、その場にいた人たちの心には深い傷が残されたことと思う。本当に残念な事件だ。