日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

酒は百薬の長?

 酒という言葉の意味を調べると、次のように書いてある。


 (1)エチルアルコールを含んだ飲料の総称。
 (2)清酒の通称。


 「わたしは酒が苦手だ」と聞いたらどう感じるだろうか。
 
 30歳の時、わたしは見合いをした。その際、わたしは酒は苦手ですと言った。その結果結婚が決まった。結婚後、わたしは嘘つきと言われてしまった。


 わたしは、清酒(2)の意味で言ったのだ。清酒というのは、米麹を原料として発行させ漉した日本特有の澄んだ酒のこと。これが私の場合苦手なのだ。だから、そういったのだが、本当のことを言うと、ビールとウィスキーは大好きなのだ。だから、(1)の意味で言えば、嘘つきなのだ。


 今でも変わらない。清酒は一年に一度くらいは飲むものの、すぐに酔って意識を失ってしまう。やはりビールが一番いい。何杯飲んでも紳士でいられる。ビールやウィスキー以外飲めないのに、それ以外のアルコールを飲んで失敗した思い出はたくさんある。


 ビールしか飲みませんというのに、酒を飲まされて、気が付いたら、路上で寝ていたとか、栓を抜いた風呂で裸のまま寝ていたとか。最もひどいのは中国の「二鍋頭酒」という酒だ。アルコール度数が55度くらいある。ビールは5度か6度だ、己の限界をはるかに超えた酒。これを飲まされた時は、まるで違法ドラッグに近い症状になる。


 ある時は、次の日、友達がぼくの帽子をかぶっているので、どうしてと尋ねたら、昨日くれたでしょうと言われ、驚いたり、「昨日、何て言ったか覚えてますか。もう絶交します」と言われて、唖然としたりする。ほぼ記憶喪失状態だ。ビールとウィスキー以外は1杯、乃至2杯でもう終わりだ、今は自覚しているが、当時は自覚が足りずに一年に1、2回大失敗を繰り返した。


 失敗の中でもさわやかな感じがするのは「上善如水」だ。これは先輩の家に呼ばれて飲んだのだが、本当に水のような感じだった。ところが、帰ろうとしたとき、足がもつれて立てなかったのだ。でも、気持ちよかったというのは今も覚えている。それでも思う。日本酒も含めて苦手なものは一口でも口にしないのがよさそうだと。友人と会って飲む時も、常にビール以外飲まないようにしている。


 結局、酒は楽しんで飲むもの。そうすれば健康にもいいということだろう。人のペースに巻き込まれたりせず、自分のリズムに合わせて楽しみ、馬鹿な真似さえしなければいいのだ。「楽しむ」ということ、これが一番だ。そうすれば、嫁さんに嘘つき呼ばわりもされなかっただろう名と思う。

上善如水

 『老子』に次の言葉がある。


 「上善は水の如し。水は善く万物を利して争わず。衆人の悪む所に居る。


 原文は「上善如水。水善利万物而不争、居衆人之所悪。」(老子第6)というもので、古い時代のことばだ。だが、今も変わらない奥深い意味があるなと思われる。


 老子は言う。最も理想的な生き方は水のような生き方だ。水は万物に利益を与え、多くの人が嫌う低いところを流れているからだと。


 確かに水は多くの人たちの役に立つ。そして、どんな形の器にも入る、どんな人とも争うことのない、謙虚な存在だ。


 だが、ただ人に利し、謙虚なだけではない。どんなに謙虚にしながらも、常に強く太い芯を持って存在している。何千年もの間、変わることのない最も価値あるもの、それが水だ。


 ついでに言うと、この名前の日本酒がある。水のようであり、結構強い酒だ。「なんだ水みたいだ」と言いながら、数杯飲むと足が立たなくなる。ただし、酒に弱いぼくの言うことだから、あまりあてにはならない。強い人、好きな人は試してみてはどうか?




覆水盆に返らず

 かつて殷王朝に姜太公という人がいた。智謀に長けていて、兵法にも通じていた。だが、王朝の残虐なやり方に不満を持ち、官職を辞して、一般人となり、渭水のほとりに隠棲した。それ以来、渭水で釣りばかりして何もしなかったことから、妻は不満に思い、別れて出て行った。


 その後、姜太公は周の文王に招かれ、軍師となった。周は彼の力を借りて、ついに殷王朝を倒した。その後、大官として豊かになった姜太公のもとに、妻が戻ってきて、よりを戻そうとしたとき、姜太公は壺の水を撒いて、これをもとに戻せるかと尋ねた。これを見た元妻はあきらめて帰ったということだ。


 この故事から中国語では「覆水難収覆水难收/fus4 hui3 nan2 shou1(覆水収め難し)」という言葉ができたそうだ。日本では翻訳されて、「覆水盆に返らず」となっている。姜太公は、文王が先王の待ち望んだ賢人だということで、太公望とも言われる。また呂尚とも呼ばれている。


 さて、この「覆水盆に返らず」だが、今、まさに韓国の大統領が取り返しのつかない「覆水盆に返らず」の状態に陥っている。こうなったら、早く国を立て直さなければ、北朝鮮がチャンスとばかり、何かをしてくる可能性もある。できるだけ国を安定させなければならないと思うが、ともあれ、壊れた信頼はもう戻りそうにない。



流行語大賞

 今年の流行語大賞候補が発表された。ニュースなどはよく見ているが、驚くような流行語が多い。ノミネートされて初めて知った言葉やあまり関心のない言葉、それに流行してほしくないと思う言葉がある。


 例えば、「新しい判断」「AI」「おそ松さん」「くまモン頑張れ絵」「センテンススプリング」「びっくりぽん」「文春砲」などは今回ノミネートされて初めて知った言葉だ。これらは流行させたいから候補に挙げたのだろう。


 それから、「ゲス不倫」「保育園落ちた日本死ね」は流行してほしくない言葉で、耳にするだけで不快な気分になる。「ゲス」とか「死ね」とかは醜い日本語だ。保育園の問題は多くの人の関心事ではあるが、不倫などというのは人ごとだ。週刊誌が争って読者を獲得しようとしているのだろうが、こんな文化は日本の恥だ。


 ところで、「斉藤さんだぞ」「SMAP解散」「PPAP」とかはテレビや芸能に興味がある人たちにとっては関心事だろうが、ぼくの場合、興味がない。「PPAP」は、泣いている幼児も泣き止むとかいう「タケモトピアノ」のCMを思い出させる。現代人が幼児化しているのだろうか。


 「君の名は」「聖地巡礼」はアニメ好きの関心事ではあるが、ぼくも含めて、アニメや漫画の嫌いな人には全く興味がないだろう。「シン・ゴジラ」は映画好きの関心事であるが、宣伝を見る限りでは、あまり興味がわかない。「(僕の)アモーレ」「神ってる」「タカマツ・ペア」などはスポーツ好きの関心事でしかない。


 一方、「アスリートファースト」「都民ファースト」「盛り土」「レガシー」は東京都知事の発言であり、都民にとって大きな問題だ。「ジカ熱」「歩きスマホ」「ポケモンGO」「トランプ現象」「EU離脱」「マイナス金利」「民泊」などは、国際問題、社会問題に関わる言葉だ。日本で生活する以上、今後も重要な問題になるような気がする。


 以上、個人的感想を述べたが、一部に流行語を仕立てようとする意図が感じられるものの、これが現代社会の現実だ。それより、「流行語大賞」という言葉こそ、この数年続いたすごい流行語だと思う。
 


候補30語
「アスリートファースト」「新しい判断」「歩きスマホ」「EU離脱」「AI」「おそ松さん」「神ってる」「君の名は。」「くまモン頑張れ絵」「ゲス不倫」「斎藤さんだぞ」「ジカ熱」「シン・ゴジラ」「SMAP解散」「聖地巡礼」「センテンススプリング」「タカマツペア」「都民ファースト」「トランプ現象」「パナマ文書」「びっくりぽん」「文春砲」「PPAP」「保育園落ちた日本死ね」「(僕の)アモーレ」「ポケモンGO」「マイナス金利」「民泊」「盛り土」「レガシー」

失敗は成功の元!

 先日書いた「人は失敗するもの!」を少し詳しく書こうと思う。


 まず、大事なことは失敗を恐れないことだ。挑戦のないところに進歩はない。だが、もっと大事なことは、失敗した後だ。失敗した後で、どうするかということだ?


 失敗を検証した結果、例えば、やろうとしたこと自体に間違いがあると思えば、謝罪し、すべてを変えることだ。ただ、目的は間違っていないが、やり方に問題があると判断すれば、方法に変更を加える。だが、自分の目的もやり方も間違っていないと思えば、継続することだ。


 失敗を恐れず、挑戦し、その結果を冷静に見て、次に何をするかということ。これが最も大事なことだ。ブログにおいても同じだ。自分の発言が賛同を得られなかった場合、どうするか、完全な改変をする、多少変更する、すべてを継続する、この三者のうちいずれかを選ぶこと、同時に決してあきらめないことが重要だ。「継続は力なり」だ。


 「失敗は成功の元」というが、歴史上の人物をみればわかる。失敗のないものに成功はない。スキーで言えば、転んだことのないものに上手はいない。スキーで言えば、スキーをして転倒したことのない者に上手な者はいない。