日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

テレビ総白痴化時代

ぼくの好きなさま~あずが漫才をやっていた。思わず見入ったが、面白くない。面白くない冗句に、観客が笑う。何故だろうかと思う。


笑う人たちはテレビによく出る有名人だから笑うのかと思った。久しぶりに漫才をやってるサマア~ズを見て笑うのは古今亭志ん生が高座に出ただけで笑うのと似ている。


しばらく真剣に見ていたがわらえない。観客は笑っているが、笑えない。これはさまあ~ずの芸が落ちたのか、観客が馬鹿になったのかのどちらかだ。


テレビのおかげで世の中ずいぶん変わった。一般人が「ぼく、テレビに出ました」というだけで偉い人になる。まして、いつもテレビに出ている人はものすごい人になる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。