日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

スマートフォンサム!

 先日、NHKで、「スマーフォンサム」という言葉を聞いた。世界中で話題になっているそうだ。親指を曲げたり、伸ばしたりする作業が多いと、手首にある腱(親指を伸ばす腱)を包む鞘に炎症が起きるということだ。


 従来は、ピアニストや料理人に多かったという「腱鞘炎」。それが、最近はスマートフォンで親指を酷使することから、多くの人が腱鞘炎になるそうだ。ただし、スマートフォンでサム(親指)を使いすぎることが原因なので、名称は「Smartphone Thumb」と呼ばれている。


 実を言うと、今朝、ぼくはこのスマートフォンサムにかかったようなのだ。朝、起きたら左手の手首がひどく痛んだ。エアサロンパスを吹き付けて、しばらくしたら、痛みは少し和らいだものの、自分も現代病にかかっているかもしれないとちょっと恐ろしかった。若い人たちと同様に、ぼくは左手の掌にスマホを載せて、左手の親指でキーをタッチすることが多い。


 テレビによると、右利きの場合、左手にスマホを持ち、右手の人差し指で打っていれば問題はないという。だが、電車の中で片手がふさがっている時は、やはり親指で打つほうが便利でいい。どうやら、片手しか使えないような状況にある場合は、スマホを使わないというのが正解なのかもしれない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。