日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

正直者は馬鹿を見る!

 江崎沖縄北方大臣って本当に正直な人だ。自分は素人だといい、波紋を広げた。自分は仕事ができないから、お役所の原稿をちゃんと読むと言った。すべて、正直な思いだったのだ。


自分の言葉が誤解を受けたら大変だというが、要するに、思っていることを正直に言ってはいけないということなのだろうが、どうしても、正直なことを言ってしまうため、自分を抑えなければならないということだ。


 オスプレイの事故を受けて、自分が門外漢だと言いながら、米軍との地位協定を見直さなければならないと発言した。沖縄の発展のために、地位協定見直しはぜひとも必要なはずだ。彼は正直に言った。


 だが、地位協定の見直しの発言、いくら、正直に言っても、今の安倍政権が認めない。安倍政権にとって、地位協定の見直しはないのだから、おそらく、これから発言を変えていかざるを得ないだろう。


 前の記事で、ぼくはこの大臣に失礼なことを書いた。正直なことはいいことだ。ぼくは正直者が大好きだ。ただし、正直者は、この政界には存在しがたい。政界において、「正直者は馬鹿を見る」のだから。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。