日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

台風19号の記憶

台風が近づいている。もう20号だという。日本だけでなく世界でも異常な気象が続いているようだ。気象庁のホームページを見ると、その様子が克明に記録されている。世界中で熱波、日照り、大雨が記録されている。今年の台風多発もその影響なのかもしれない。


ところで、台風には名前がついている。いま近づいているのは台風19号で、名前はソーリック、ミクロネシア語で伝統的な部族長の名前だそうだ。次に近づいている20号が、シマロン、フィリピンの言葉で野生の牛だそうだ。日本の名前もつけられている。先日発生した14号はヤギだそうだ。


台風にこういう名前をつけると、親しみを感じるが、実際台風が押し寄せる、沖縄、西日本はたまったものではない。これまで台風19号というと、だいたい9月ごろ日本に上陸して、日本各地に大きな被害をもたらしている。特に記憶に残るのは1991年の19号だ。9月下旬に沖縄、九州、中国地方を抜け、日本海に抜け、再び北海道に上陸した。死者62名、負傷者1,261名が出た。その台風19号が8月にやってくる。やはり何かがおかしい。