日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

勝って兜の緒を締めよ!

 ロシアワールドカップ初戦勝利!四年前、コロンビアに大敗して、決勝トーナメントに進めなかった。その際、日本の壁になったのがハメス・ロドリゲス。
 今回、このハメスはひざの具合が悪いため、ベンチスタート。そして、試合開始3分で、日本の大迫選手がシュート、そして、キーパーのはじいたボールを香川選手が再度シュート、これをコロンビアの選手がハンドで止めた。この瞬間が試合の流れが決まったといえる。相手選手は一発退場!
 11人対10人のまま残り85分余りを戦うというのは、コロンビアにとって、厳しいものになった。だが、日本は以前ワールドカップで10人になった相手と引き分けたことがある。同店に追いつかれた後、後半に入ってから、よく1点を取り、それを守り切ったと思う。
 しかし、反省点も多い。11人対10人であろうと同人数だろうと関係なく、日本は、枠内にしっかりとシュートを決めなければならない。それと、パスミスを少なくすることだ。フリーキックの際、石橋をたたくような気持ちで、望まなければならない。
 次の戦いは現地時間24日、日本時間で25日午前0時に、セネガルと戦う。勝ち負けを考えることなく、今日以上の試合をしてほしい。最初の10分が勝負だ。全力を出してほしい。精一杯やれば、それでいい。


【H組】


  1. 日本(61位)   勝ち点3(1勝0分0敗)2得点1失点
  2. ポーランド(8位) 勝ち点0(0勝0分0敗)0得点0失点
  3. セネガル(27位) 勝ち点0(0勝0分0敗)0得点0失点
  4. コロンビア(16位)勝ち点0(0勝0分1敗)1得点2失点