日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

愈々梅雨入り


今年も昨日6月6日梅雨入りした。
東京も雨の一日だった。
電車も原因は知らないが遅れた。
空は4時半ごろには薄暗くなった。


帰りのバスに乗ったら、
運転手が何かののしっていた。
違う会社のバスがおかしなところに止めたため、
出発できないと怒鳴っていた。


毎日、傘をカバンに入れて出かけなければならない。
毎年、今の時期、長い傘を持って出かけたら、
必ずといっていいほど、なくしている。
だから、折り畳み傘をカバンに入れている。


帰り着くと、赤い葉っぱが濡れている。
躑躅の上にはられていた蜘蛛の巣が濡れて光っている。
頭痛のする時期、心までじめじめとするのはごめんだ。
こんな時こそユーモアを忘れないようにしたい。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。