SEAZ THE DAY

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

ツキミソウ


近所を歩いていて、よく見かける花、月見草。
月見草というと、以前、湯布院で見たことがあり、
その花は黄色い花だった。
花びらはまるで蝶々の羽のようだった。
だが、いろいろな月見草があるらしい。
花の図鑑で調べると、この近所で見かける花も月見草だそうだ。
花の中心に白い十字が見える。
花弁が白から少し赤みがかった色になっている。


月見草の花言葉は、
「無言の愛情」
「湯上がりの美人」
「移り気」
「ほのかな恋」
「うつろな愛」。


母の日に思う。
うるさいくらいの母の愛もあるだろうが、
やはり、「無言の愛情」を示す母のほうが好きだ。
いや、待てよ、無言の愛情というと、やはり父の愛情だろうか。
ただ、ぼくの父は40年近く前に亡くなった。
本当に無口で、好きになれなかった。
だが、父の死後、いろいろと知った。
父の愛情はまさに「無言の愛情」だったということを。


太宰治は「富士には月見草がよく似合う」と言った。
今日は何時も見える富士山が曇りで残念ながら見えない。
しかし、富士山はいつも心にある。
見えなくてもいつもあるもの。
それは母の愛と富士山だろうか。