SEAZ THE DAY

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

真っ赤な薔薇!


団地の近くに咲いていた真っ赤な薔薇!


つい思い出す。
「バラが咲いた~」


バラが咲いた、バラが咲いた、真っ赤な薔薇が
さびしかった僕の庭にバラが咲いた!


もう一つ思い出すのは
八木重吉の詩、「夜の薔薇!」
これがぼくの人生の出発点にあった。


夜の薔薇


ああ

はるか

よるの

薔薇