日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

人と地球

人は衰える。人は死んで、地球の肥やしになる。人だけはない。すべての生き物たちも同じだ。花や葉が落ちて土になるがごとくに。


だからこそ、小さな命も人の命も、それぞれに尊い。セミが精一杯鳴いて死ぬのと人の生との間に差はあっても、地球の歴史から見れば差は小さい。それゆえ精一杯生きるものすべてを敬いたい。


そうしたことを認めず、自分達の民族、国家

宗教だけの幸福を願い、他の命を軽んじ、時には平気で命を奪う人たちがいる。平和の崩壊は身近に迫っている。


地球の破壊も進んでいる。人類は集団自滅の道を進んでいる。その後に世界を支配しているのは誰?退化した?人かゴキブリか猿たちか!


地球は奇跡的な存在だという。だが、自国ファーストを唱える自己中止主義者たちが増えて、もしも、彼らが地球の命運を握った時、地球の滅亡は足を速めるだろう。