日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

焼き鳥屋


焼き鳥屋の幟を見て、つい食べたくなる。社会人1年生のころは、ときどき焼き鳥屋で一杯やるのが小さな楽しみだった。最近は全く素通りだ。


今は高すぎて、食べたくても、入る気がしない。若かりし頃を思い出すに過ぎない。ただ、あんな時期もあったなと思って素通りするほかない。


給料が上がり続け、物価がそれほど高くなかったころは本当によくいったものだ。だが、今、給料が減って、物価が高くなった今、回らないすし店は言うまでもなく、焼き鳥屋も敷居も高くなった。


政府は物価を上げようとしている。だが、ぼくの収入は一向に増えない。そんな人は大勢いるだろう。貧しい人たちをいじめる政府だ。


今の首相の考え方がよくわからない。収入が減る一方の人たちにとって今、生活はどん底だろう。スーパーに行ったら、特売品はからつぽだ。安売り商品をかご一杯積めた人たちがレジに並んでいる。