日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

竹!

竹藪のそばを通りながら、ふと思い出すは萩原朔太郎の詩。


「竹」
ますぐなるもの地面に生え、
するどき青きもの地面に生え、
凍れる冬をつらぬきて、
そのみどり葉光る朝の空路に、
なみだたれ、
なみだをたれ、
今はや懺悔をはれる肩の上より、
けぶれる竹の根はひろごり、
するどき青きもの地面に生え。