日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

実!

 
 明日はどんど焼きだというので、正月飾りを持って神社に行った。神社の前に赤い実がふさふさと垂れ下がっていた。合格を祈願する絵馬もこの赤い実のように、たくさんぶら下がっていた。就職する人たち、受験する人たちの春は間近だ。多くの人たちの努力が実ることを祈ろう。


 おみくじがたくさん結び付けられている。ぼくは、昔3回くらい、引いたことがあるが、何が出ようと気にしたことがない。今年も引いてはいない。運なんて、自分で引っ張って来るものだ。
 ところで、今年の漢字について考えた。個人的なことも含めて、大勢の人たちの努力が実ることを願っている。年末に「実」という漢字が発表されることを願っている。