日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

おバカタレント!

今日は見たいテレビ番組がないので、消していたものの、ニュースを見ようと思って、つけた。ところが、その後、何ができるのか、何のタレントなのかよくわからないおバカタレントDが仮想通貨のCMに出てきた。思わず、テレビのスイッチを切ってしまった。


以前もいたが、最近はますますバカだなと思うタレントがよくテレビに出ている。クイズ番組で、ヨーロッパ地図にフランス、ドイツ、スペイン、イタリアなどの国を国の位置だけ見せて、この国はどこか?というクイズがあった。すると、女性のおバカタレントはどの国もイギリスだと言い、不正解の連続。この人、ヨーロッパと言えば、イギリスしか知らないようだ。


こいつ馬鹿だな!こいつ醜いなと思うタレントが、やたら、テレビに出るのは何故か考えてみると、そこには、視聴者が「自分より馬鹿だな、醜いな!」と思って、安心するという効果でもあるのだろうか。他にも理由があるかもしれないが、これこそいちばんの理由のような気がする。テレビにはおバカタレントが必要だという暗黙のルールらしきものがあるのだろうか。


それにしても、ぼくは見たくないし、聞きたくない。あの声を聴かされるのなら、テレビは消した方がいい。あのDが出るコマーシャルの製品はとにかく買いたくないし、契約したくない。広告を出す人たちはどういう効果を期待して、彼を起用するのだろうか、疑問だ。