日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

ネガティブ!

ネガティブな思考をする人と一緒にいるべきではない。


大学生の時、ぼくは自殺願望を持つ人と行動を共にした。
ぼくは彼を救うつもりだった。
だが、ぼく自身持っているネガティブな一面がどんどん増幅し、
いっしょに死のうとまで約束してしまった。
母は電話でぼくの心を知り、ぼくのところまで駆けつけて、ぼくを救い出した。
結局、友人は一人で自殺した。
ぼくは今も自責の念でいっぱいだ。


ぼくを救い出した母が、今、年老いて、ネガティブな思考に陥っている。
母は普段はいいのだが、時折ネガティブ思考に取りつかれる。
「死にたい」とか「生きているのが面倒だ」という言葉を繰り返す。
そのたびにぼくは憂鬱になる。
けっしてその言葉は言わないでほしいと強く言う。


だが、これはどうしようもないのかもしれない。
母の生涯は暗いものだったのだから。
だからこそ、ぼくは母を今幸せだと言わせたい。
そう思って毎日を生きている。


ネガティブな思考をする人は、その人だけの問題ではない。
周りにいる人を暗くする。
ネガティブな思考をする人といっしょにいるだけで、
人はネガティブな思考に染まってしまう。
反対にポジティブな思考をする人は
周りを明るくする。


かつてアメリカ映画を見ていた時、
困った状況に陥った時にジョークを飛ばす人たちを見た。
アメリカというのはそんな国なのかと思った。
それだけで憧れた。
困った時こそ笑い飛ばそうじゃないか。


周りを笑顔にする人になりたい。
周りを希望にあふれる人たちにしたいと願う。
その一方で、ネガティブな思考は自分の中にどうしようもなく存在する。
決して明るくない己の性格が邪魔をする。
自分自身の矛盾に苦しんでいる。


それでも、ぼくは思う。
ぼくは周囲を少しでも元気にしたい。
それができれば自分の人生には価値があると。
生きがいってそんなものじゃないかと。