日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

どっかりと座る森と並び立つビル群と雪をかぶった家々!

雪はこの世界を浄化してくれるだろうか。汚れた心も雪いでくれるだろうか。雪の中に埋もれる夢を見た。

こころ!

人間嫌いになった日の夜、
部屋の電気を消して、
ぼくはぼくと人を呪う。
どうして、人は人を傷つけるのか、


人間関係に疲れた日の夜、
死にそうなこころ抱きしめて、
ぼくとぼくのこころを呪う。
どうして、醜く汚れてしまったのか。


人にとって、こころは
頭脳よりも臓器よりも大切で弱いもの、
こころが死んだら生きていけない。
こころを広く強くしなければいけない。


この小さくて弱くて大切なこころは、
あらゆる生き物のこころとつながっている。
宇宙のどこかでつながっていると人が言う。
小さなこころが大きなこころとつながっている。


こころを広く持たなければならない。
誰にも心広く接しなければならない。
決して悪意はないのに罪深き人間だ。
ぼく自身と人を大事にしていきたい。