日々是好日

無知による思い込みが偏見を生み、人間の持つ煩悩が憎悪を生む。

一行三昧

歩きながら、音楽を聴きながら、スマホを見ている人たち。


ベンチに座って音楽を聴きながら、食事しながら、スマホを見ている人たち。


中には授業を受けながら、あるいは会議をしながら、スマホゲームをしている人たち。


食事の味も音楽も授業も会議もすべてが中途半端な人たちが大勢歩いている。現代人はどこへ向かうのだろう。


一行三昧(いちぎょうざんまい)!一つの事だけに没入することの大切さを思う。

天邪鬼

今日はビートルズが来日してから50年目だそうだ。

1966年6月29日、来日したビートルズを日本中が歓迎したそうだ。

ビートルズは誰もが認めるレジェンドだ。

だが、わたしは小さいころから、何故かビートルズが嫌いだった。

世間の声を、ただよその世界の出来事だと思っていた。


小さいころ、人気だったのが、巨人、大鵬、卵焼きだった。

だが、私は小さいころから、何故か巨人が大嫌いだった。大鵬と卵焼きは好きでも嫌いでもなかった。


今、世間で人気の何とかいうグループがあるが、そいつがテレビに出るだけで、チャンネルを変える。街を歩いていて、彼らの音楽が聞こえたら、そこから離れる。


また、人気があるデブでおかまの男が出てくると、チャンネルを変える。特に、「・・・はこのすぐあと」というのを聞くと、チャンネルを慌てて変える。デブな男は好きじゃないからだ。それから、つまらぬことで馬鹿笑いするのは嫌いだから、くだらぬギャグで笑っているお笑いタレントは見たくない。そんな番組しかない時は、テレビを消す。


ゲームが大嫌いだ。ゲームの宣伝を見ると、吐き気がする。日本がおかしくなっている。はまって抜けられない人たちを作っているゲーム会社。会議中にはまったゲームから抜け出せないおバカなサラリーマン、授業中にゲームをする学生たち、そんな人たちが増えている。おろかな選択だ。


おいしいという評判の店に並ぶ人たち、よっぽど暇なんだろうなと思う。並ぶ時間なんてない。人生は短いよと言いたくなる。


私は、ただ正直な気持ちで生きているのだが、もしかしたら、遺伝奈緒kも天邪鬼(あまのじゃく)なのかもしれない。母がそうなのだ。世間で認めるものに反対ばかりしている。ウォシュレットが嫌いとか、流行するものにことごとく反対する母。


わたしは母と似ているなと思う。しかし、わたしは企業名をつけない広島が好きだ。企業名をつけないサッカーJリーグが好きだ。己の好むものを好きなんだと思っている。そして、一生懸命努力する人が好きだ。


ただ、一生懸命努力して、国民をゲームの世界に陥れ、脱出できないようにしている人たち、そして借金地獄に陥れているパチンコメーカーだけは絶対に好きになれない。


民主主義

仕事の帰り、駅を降りたら、なんだか賑やかだった。

何だろうと思ったら、物売りの声、参院選挙で投票を呼びかける声、どこかの政党の宣伝の声等々いろいろ交じっていた。

またまた賑やかな季節が来たなと感じた。

だが、宗教政党と結託した与党、左翼と結託した野党、どちらも投票したくない。

迷う夏!

これもいい、賑やかな夏だ。

それぞれが好みの政党に投票すればいい。

わたしは「去年今年棒のごとく貫くもの」がある。

共産主義と宗教政党には投票しないという考えだ。

だが、そうした党に投票する人に反対するわけではない。

いろんな意見があっていい。

首相を批判する人があっていいのだ。

どこかの国では、政府を批判しただけで牢獄に入れられる、あるいは死刑になる

そんな国もある。

この国は自由だ。

自由こそ最高だ。

私はどこかの政党を批判しても、殺されることはない。

これが一番大事なことだ。

投票する権利を持った高校生、大学生諸君、この自由を守ってほしい。

老若男女、誰もが政治を選ぶ権利を持っていることの重要さを認識したほうがいい。


どこかの国では教育を受ける権利がないという。教育を受ける権利を持っていることを幸せだと思わなければならない、それと同じように選挙で投票する権利があることを誇りに思わなければならない。


ちょっと熱くなったが、来月7月10日こそ、庶民の力を示す時だと思う。


文明の弊害

梅雨の晴れ間、本当に蒸し暑い。

朝目覚めてみると、布団がびっしょりと濡れている。

扇風機のタイマーを2時間ほどにセットして寝ている。

結果、朝、暑さに汗をかく。

だが、これは布団の厚さを調整すればすむことだ。


これまで十年ほどエアコンのない生活を続けている。

実は効きすぎたエアコンが大嫌いなのだ。

私は本屋が好きで1時間でもいられる。

だが、エアコンの効きすぎた本屋では10分も耐えられない。

デパートも同じだ。数分で腹が痛くなる。

エアコンには本当にいらいらする。

反対にエアコンがなくても、全く問題がない。

扇風機、あるいは布団の厚さで調整すれば十分だ。

これが当然なのだと思う。


これまで、エアコンがないと耐えられないという人たちをたくさん見てきた。

そういえば、携帯もそうだ。

スマホがないと生活できないなんて言う人も増えている。

これは依存症だ。


わたしは思う。

文明の進歩には逆らえない。

今さら、かつての世界に戻すことはできない。

だが、できるだけ、依存症を脱却することが必要なのではないか。

便利すぎる世界には必ず何かしらの弊害があるということをぜひ考えてほしい。

参議院選挙

 参議院選挙まで後2週間、わたしは今、悩んでいる。大企業を優先し弱者をいじめる自民、それと中国とロシアで失敗している全員貧乏を目指す共産党には絶対に投票しないと決めている。そこへ登場した民主党。わたしはずっとこの党へ投票してきた。


 その党が党名を変更し、民進党ということになった。そして、今回の参院選挙では共産党と協力するという。代表の岡田氏の発言を聞いていても、ただ、自民党のやり方に反対しているというだけで、政策は聞こえない。


 本当に困っている。どこへ投票したらいいのか。