日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

小林麻央さん死去!

 乳がんと闘っていた小林麻央さんが亡くなったというニュースを見ていて思った。
この人は海老蔵さんにとって本当に素敵な人だったんだなと。
同時に、宮沢賢治の「英傑の朝」を思い出した。
小林麻央さんは癌におかされながらも人々のために生きたかったんだと。


(うまれで くるたて
  こんどは こたに わりやの ごとばかりで
   くるしまなあよに うまれてくる)


 今度生まれてきたら、自分のことばかりで苦しまないように生まれてくる。
人のために苦しむような人生を歩みたいと願った宮沢賢治の妹と彼女が重なった。
永訣の朝、市川海老蔵さんは、悲しみの中で、きっと大きな力をもらったんだと思う。


 「愛してる」と言って旅だったという。この一言に小林麻央さんのすごい生き方を感じた。


 市川海老蔵さんは言った。「この人は人ではない。すごい人なんだと。」きっと、彼女の生きざまは多くの人にエネルギーを与えたことと思う。特に夫である海老蔵さんには、想像もつかないようなエネルギーを与えたことと思う。


 今後、彼がどう生きていくか、そこに小林麻央さんの生きざまが影響を与えないはずはないと思う。素晴らしい歌舞伎役者になることを期待している。


けふのうちに

とほくへ いってしまふ わたくしの いもうとよ

みぞれがふって おもては へんに あかるいのだ

(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)


うすあかく いっさう 陰惨(いんざん)な 雲から

みぞれは びちょびちょ ふってくる

(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)


青い蓴菜(じゅんさい)の もやうのついた

これら ふたつの かけた 陶椀に

おまへが たべる あめゆきを とらうとして

わたくしは まがった てっぽうだまのやうに

この くらい みぞれのなかに 飛びだした

(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)


蒼鉛(そうえん)いろの 暗い雲から

みぞれは びちょびちょ 沈んでくる

ああ とし子

死ぬといふ いまごろになって

わたくしを いっしゃう あかるく するために

こんな さっぱりした 雪のひとわんを

おまへは わたくしに たのんだのだ

ありがたう わたくしの けなげな いもうとよ

わたくしも まっすぐに すすんでいくから

(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)


はげしい はげしい 熱や あえぎの あひだから

おまへは わたくしに たのんだのだ


銀河や 太陽、気圏(きけん)などと よばれたせかいの

そらから おちた 雪の さいごの ひとわんを……


…ふたきれの みかげせきざいに

みぞれは さびしく たまってゐる


わたくしは そのうへに あぶなくたち

雪と 水との まっしろな 二相系をたもち

すきとほる つめたい雫に みちた

このつややかな 松のえだから

わたくしの やさしい いもうとの

さいごの たべものを もらっていかう


わたしたちが いっしょに そだってきた あひだ

みなれた ちやわんの この 藍のもやうにも

もう けふ おまへは わかれてしまふ

(Ora Orade Shitori egumo)


ほんたうに けふ おまへは わかれてしまふ


ああ あの とざされた 病室の

くらい びゃうぶや かやの なかに

やさしく あをじろく 燃えてゐる

わたくしの けなげな いもうとよ


この雪は どこを えらばうにも

あんまり どこも まっしろなのだ

あんな おそろしい みだれた そらから

この うつくしい 雪が きたのだ


(うまれで くるたて

  こんどは こたに わりやの ごとばかりで

   くるしまなあよに うまれてくる)


おまへが たべる この ふたわんの ゆきに

わたくしは いま こころから いのる

どうか これが兜率(とそつ)の 天の食(じき)に 変わって

やがては おまへとみんなとに 聖い資糧を もたらすことを

わたくしの すべての さいはひを かけて ねがふ

「あめゆじゅとてちてけんじゃ」


小林麻央さんのご冥福を祈ります。

沖縄戦!

6月23日は、72年前の今日、沖縄戦が終了した日として忘れてはならない。
地球全体の平和なくして個人の幸福はありえないという言葉を聞いたことがある。
世界からすべての戦争がなくならない限り、本当の平和などないと言えるだろう。
沖縄戦の民間人死者は1万人近いという。戦争は大勢の無辜の民を殺す。
戦争により亡くなった方々、そしてその遺族の方たちの心の平和を願う。

感動のないテレビ!

 最近テレビを見ていて、何かが足りないというような気がしてならない。何だろうかと考えてみた。お笑い番組、娯楽番組、トーク番組が多い今、何が不足しているのかというと、やはりドラマだろうか。

 今でも、忘れられないテレビ番組はというと、こどものころ見た「人間の条件」、それから、いくつかの警察ドラマ、例えば西部警察等など。東野圭吾「白夜行」のドラマ化も感動した。だが、最近はそういったテレビドラマが少ない。

 そう思ったとき、気付いた。今、テレビから流れるのは気軽な「楽しさ」なのだ。そして、軽いほど視聴率が上がるに違いない。今、ぼくが見る番組はというと、ニュース番組、スポーツ番組、クイズ番組、ドキュメンタリーなどだ。それ以外はほとんど見ない。

 それ以外の番組の時も、テレビをつけていることがある。だが、見ていない。ただ流しているだけだ。つけていても、つけていなくてもどちらでもいい番組が多いというのが最近の印象だ。夢中になって見ようと思わない。本当に軽い番組だ。


 テレビ局もたまには力を入れたドラマを作る。そういう時には、こちらも精いっぱい視聴する。製作者と視聴者の勝負なのだ。そんな番組をぜひ作ってほしい。そして、それがテレビ各局で競い合うようになってほしいと願っている。

アンインストール!

余りにものを持ちすぎている。
使えない衣類、ケース類、不要な書類。
スマホのアプリもあまりに多くて重い。
家にもスマホにも不要なものが多い。


だが、真っ先に捨てるべきものは心の中にある。
自尊心、自己保存の心、無駄な競争心。
自分をありのまま以上に見せようとする心。
心の中にはゴミがいっぱいある。


買ったばかりのころはスマートなスマホ。
今は不要アプリが増えて重くなってしまった。
アンインストールしてすっきりさせたい。


生まれたときは何もなかった心。
今は煩悩がいっぱいになって重苦しい。
要らない心を捨ててすっきりしたい。


一年!

 このブログを初めて一年が経過した。
ムラゴンのブログを始めた最初のブログは2016/06/22 21:53の「日々是好日」。はじめのころは、一日に[NICE]は0~6個。訪問者数も10人前後。
 今、一年が過ぎて、訪問者総数は2万人足らず、この一年、[NICE]とコメントに励まされて、ここまで来た。本当に感謝している。
 最初は言っても仕方のない愚痴や不満を書くつもりだった。今は少し変化しているが、変化もまたよしと思っている。第一回目のブログを再録する。

日々是好日!2016/06/22 21:53


夏至から秋彼岸までほぼ暑い夏。

秋彼岸から冬至までほぼ涼しい秋。

冬至から春彼岸までほぼ寒い冬。

春彼岸から夏至までほぼ温かい春。


四季がグラデーションのように移り変わり、

365日がぐるぐるまわっている。

年老いた母は暑いだの寒いだのと不満を言うが、

ぼくにはこの移り変わりがいとおしい。


暑い夏を喜び、涼しい秋を喜び、

寒い冬を喜び、温かい春を喜び、

そうして、数十回目の夏至を迎え、

それを素直に喜んでいる。


暑さも涼しさも寒さも暖かさも

すべて、少しずつずれていく

季節をありのままに喜んで迎える

一瞬、一日を一期一会としてとらえたい。