日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

前立腺肥大

 日曜日の夜から突然、残尿感と頻尿が続き、一睡もできぬまま、月曜日の朝を迎えた。月曜日、頻尿のまま過ごしたが、夜寝られなかったらどうしようと思い、夕方「ボーコレン」という薬を薬局で買ってきて、飲んだ。ところが、その後、排尿が突然止まった。

 月曜日の夜は膀胱が膨らみ、尿意はあるのに、尿が出ない。そのまま、朝まで我慢して、火曜日の朝、病院に行くつもりだったが、とにかく寝られない、苦しい夜を過ごして、朝7時ごろ、尿意と膀胱の苦痛に頭痛も加わり、もう耐えられなくなって、119番に電話した。救急車に乗るのは20歳の時以来だ。


 15分ほどで病院についた。先生が言うにはとにかく尿を抜き取りましょうといって、尿道に管を差し込まれた。排尿袋に尿が少しずつたまっていく。ずいぶん楽になったものの、血液検査をして、点滴を受け、さて医師の診察を受けるまで1時間ほどまたなければならなかった。診察室の前で、しばらく待ち続けた。待合の廊下には人が多かった。おじいちゃん、おばあちゃんが大半だ。


 それにしても、明日かあらこんな袋を下げて仕事はできないと思っていたら、診察後、簡易化してくれた。またエコー検査で前立腺が肥大していますという。膀胱が尿道に尿を出す所を取り巻く前立腺。ここが肥大すると、尿が尿道へ行かなくなる。痛みは撮れないが、来た時よりはだいぶ楽だ。医師は処方箋と次回の予約を取ってくれた。それをファイルに入れて、受付に持っていく。


 前回、病気になって病院に行ったのは何年も前だ。慣れないシステムにどまどいながら、料金を払い、病院を出た。処方箋は病院の外にあるどこの薬局へ持っていってもいいという。こんなのも初めてだ。それに薬局はいくつもあって、どこに入ればいいのか悩む。


 とりあえず、病院の向かいにあった薬局で処方箋を示す。だが、他の人たちは処方箋を機械に入れて、番号札を受け取っている。これも初体験だ。三種類ほどの薬をもらって、薬局を出た時、自分がどこにいるのかわからなかた。スマホで調べ、駅に向かった。初めて利用する駅だ。青空がまぶしい。そこから、電車とバスを乗り継いで帰宅。12時を過ぎていた。



頻尿と寝不足、頭痛!

 昨日の昼から、何かおかしいと思った。普段3時間ぐらいはトイレに行かないぼくが、昨日の昼は1時間に1回ぐらいの頻度でトイレへ。夜になって布団に入ったが、今度は30分から1時間の間に一回くらいの割合で尿意を催す。汚い話だが、残尿感が生半可じゃない。朝7時ごろまでに10回以上はトイレに行ったと思う。7時過ぎて、何とか少し眠れたらが、それでも、1時間に一回の頻度。


 10時ごろ、仕方なく布団を出たが、睡眠不足は明らかだ。耳鳴りはいつも絶えないが、今日は耳鳴りに加えて頭痛も激しい。数秒おきにズキン!ズキン!と繰り返す。頻尿と寝不足による頭痛の苦しみが今日一日中続いた。


 ところで、頭痛はぼくの持病のようなものだ。ぼくが小さいころ、父が会社から帰ってきて、頭痛がするといって寝込んでいた。僕自身、中学生のころから頭痛がひどくて悩んできた。これは遺伝かなと思ったのを覚えている。20歳のころには二日間にわたって、数秒おきにズキン、ズキンと激痛が走り、救急車で運ばれたことがある。救急車は三つくらいの病院を回ってくれて、最後に解熱剤をもらって収まった。頭痛はぼくの友達のようにいつも身近にいた。


 さっき、近くの薬局に行った。店員さんと相談して「ボーコレン」という薬を買ってきた。さっき飲んだのだが、効き目が即表れるとは思われない。明日の夜までに治せないと、明後日の仕事が大変だ。さて、今晩は寝られるかどうか不安で仕方ない。

成人の日に思う!

 今日は成人式だ。昔は1月15日と決まっていたが、ハッピーマンデーということで、2000年から第二月曜日に移動した。今年の成人式に出る人たちは1996年度に生まれた人たち、つまり、1996年4月2日から1997年4月1日に生まれた人たちだ。


 今年度の新成人の中には、世界で活躍する日本人スポーツマンたちがいる。体操選手の白井健三は世界一のひねり技で世界を席巻した。高梨沙羅はスキージャンプで今シーズンもワールドカップ6戦5勝している。鹿島のサッカー選手、鈴木優磨はクラブワールドカップで得点を取り、C・ロナウドと同じポーズをして、スペインでも話題になった。


 新成人の人口は、1970年、250万人近くいた。総人口比2%以上だ。それがどんどん減って123万人になったそうだ。総人口比約1%だ。成人の数が減っていることはとても心配だ。だが、最近、白井健三や高梨沙羅のインタビューなどを聞いていると、本当にしっかりとしている。思い出すのは自分自身の20歳の時だ。


 ぼくは20歳当時、大学のサッカー部に所属していたが、同時にマージャンにはまっていた。そして、大学2年生の冬1月15日、先輩たちといっしょにマージャンをしていて、成人式に出ると言ったら、先輩たちに止められて、マージャンを続けた。今思えば、何やってったんだろうって思う。


 ぼくは当時、実に情けない新成人だった。政治にも無関心だったし、投票しても何も変わらないと思っていた。世間のことにも無関心だった。自分自身のサッカーをもっと磨こうという気もあまりなかった。ただ文学にだけは興味を持っていて、将来の夢は文学者だったが、それもそれほど一生懸命とは言えなかった。


 ぼくの人生、特に20歳代は後悔だらけだ。パチンコやマージャンやテレビゲームにはまって無駄にした時間をもう一度取り戻せるものなら取り戻したいと思っている。今年、新成人になる人たちには期待したい。後悔のない人生を歩んでほしいと願う。夢があれば、精進してほしいし、今を、今日を精一杯生きて行ってほしい。

代償行為!

 ぼくは小さいころ、母に「うちは貧乏だから」と言われて育った。贅沢は禁物だった。時計を持ったのは高校生の時、父のお下がりを兄が使い、兄が大学生になって新しいのを買った時、兄が父から譲り受けた時計をぼくが受け継いだ。大学生になって、サッカーを始めた時も、スパイクが買えず、兄が使っていたスパイクをもらって使っていた。


 ぼくはエビやイカやカニや牡蠣や鯛などが嫌いだ。あんなものはおいしくないと思っている。手に入らないものという心理が小さいときにあったからだろうか。回らない寿司屋も初めて入ったのは23歳の時、先輩に連れられて行ったのが初めてだった。それ以後、回らない寿司屋に二度と入ることはない。いつも回る寿司屋だ。


 こういう心理は、心理学でいうところの「ほしいものがあっても手に入らないと思ったら、あきらめて、それは最初から嫌いなものなんだと考える」所謂「代償行為」という心理だろうか。好きな女性を手に入れたいと思っても、自分には無理だと思えば、彼女はたいした女性ではないなんて言う。
 
 それから、クーラーも嫌いだ。今もずっとうちではクーラーを使っていない。暑いときは薄着に、寒い時は厚着をする。10度から29度くらいまでは大丈夫だ。職場では困ったことに、他の人に合わせるがつらい。中には22度で寒い。エアコンを入れてほしいと言う学生がいる。かと思えば、26度で熱い、エアコンをという学生がいる。そんなぼくが30歳の時、結婚した相手がエアコンなしでは生きていけないという人だった。


 少し困ったが、できるだけ相手に合わせてきた。最近、別居して、今は母と二人暮らしだが、何と驚いたことに母も貧乏性なのだ。エアコンが嫌いだという。また、スーパーに行ったら、できるだけ安いものを買う。時計靴下も百均のものを使っている。似ている。だが、考えてみれば当たり前のことだ。母に育てられたから、こうなったのだ。今も貧乏性、代償行為は続いている。

電気ストーブ!

 寒の入りを過ぎてから、急に寒くなってきたが、今日は特に午後から冷たい雨が降り出して、本当に寒く感じた。昨日は天気予報によると、行楽日和だと言っていたので、どこかへ出かけようと思っていたが、母が昼過ぎに起きてきて、出かけたくないというので、夕方、近くに買い物に出ただけだ。


 今日は、天気予報でも寒いと言っていた。最近の天気予報はよく当たる。室内の温度計を見ると、4度前後。とうとう我慢できなくて、この冬初めて電気ストーブを納戸から取り出して使った。ストーブを点けて1時間ぐらいしたら、19度ぐらいに上がった。


 それにしても,この冬、今日までストーブもエアコンも使っていなかったことに我ながら驚いた。関東地方は暖冬だったということだろうか。あまり寒くない冬至に、クリスマス。それから年末年始。ただし、北陸や北海道では豪雪が降ったというニュースもあった。地方によって大きな温度差があったようにも思う。


 明日は成人式で休日だが、今日、すでに成人式を行った町もあるらしい。特に被災地では復興を誓う声がニュースで流れた。また、どこかの市では市長がスピーチをしている時、新成人が壇上に上がり、騒いだとかいうニュースもあった。昔も似たようなことがあったが、今年もそんな話を聞くとは思わなかった。


 今月20日は大寒。もっとも寒い時期が近づいてくる。そして28日は旧暦1月1日。中国や韓国、ベトナムでは、この日をおおいに祝う。この日の前後一か月くらいを故郷で過ごす人が多い。この旧正月が過ぎたら、1週間後の2月4日は立春だ。いよいよ春が近くなる。春が待ち遠しい。