日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

難読名字の解答!

4月2日の記事「難読名字」の読み方です。


01、小島遊(たかなし)和歌山。鷹がなしで小鳥が遊ぶから。
02、御薬袋(みない)兵庫。武田信玄が薬袋を落としたが見ないことにしろ。
03、七五三(しめ)群馬。しめ縄はかつて7本、5本、3本垂らしていたことから。
04、黒葛原(つづらはら)鹿児島県の地名に由来する。
05、哘(さそう)青森。口で行こうとさそうことから。
06、治部袋(じんば)青森。石田治部少輔(三成)が陣場を設けたことから。
07、蟇目(ひきめ)岩手。地名から。
08、人首(ひとかべ)岩手。坂上田村麻呂の取った首が人の首だったことから。
09、百足(むかで)宮城・福島。伊達藩百足衆の末裔。
10、八月朔日(ほづみ)群馬。この時期、穂積をしていたことから。
11、四月一日(わたぬき)群馬・茨城。この時期、綿入れの綿を抜いていたことから。
12、毒島(ぶすじま)群馬。トリカブト(ぶす)が多いことから。
13、百目鬼(どうめき)茨城。鬼怒川が百の目を持つ鬼のような川であることから。
14、四十八願(よいなら)栃木。疫病が流行った時、四十八の願掛けをしたことから。
15、舎利弗(とろどき)埼玉。経で舎利弗と唱える時、僧侶の声が轟くことから。
16、野老(ところ)千葉。ところという植物のひげが老人のように見えることから。
17、一寸木(ちょっき)神奈川。一寸の木。ちょっとした木に由来する。
18、外郎(ういろう)神奈川。この姓の薬屋に由来する。
19、粟冠(さっか)山梨。元「目(さっか)」日蓮上人に栗を供したことから。
20、飯酒盃(いさはい)新潟。米どころ新潟で、飯と酒で酒盛りしたらしい。
21、莅戸(のぞき)新潟。覗き見るような地形が多いことからと言われている。
22、四十物(あいもの)富山。地名由来。
23、日月(たちもり)石川。一日(ついたち)と月末(つごもり)から。
24、浮気(うき)滋賀。地名から。
25、一口’(いもあらい)京都。一つの出口で、芋を洗うように込み合うから。
26、百々(とど)大阪。十の十倍。十十から。
27、五百旗頭(いおきべ)兵庫。騎兵隊の先頭を切る頭の役職名から。
28、栗花落(つゆり)兵庫。栗の花が落ちるころ、梅雨に入ることから。
29、兀山(はげやま)兵庫。「元」の頭を取り、禿げるから。
30、勘解由小路(かでのこうじ)山口。先祖が勘解由小路に住んでいたから。
31、目(さっか)山口。奈良時代調査官の役職名。
32、雄(おんどり)徳島。四国地名から。
33、京都(みやこ)福岡。元々京都に住んでいた人が故郷を思いつけた。
34、養父(やぶ)福岡。福岡県の地名から。
35、杠(ゆずりは)佐賀。子孫繁栄を願う植物「杠」が多く生えていることから。
36、井(わかし)鹿児島。井戸の水をわかしていたことから。
37、東江(あがりえ)沖縄。太陽が昇る東にある入江。

スタート!


 4月2日、東京の靖国神社にある標本木のソメイヨシノが満開になったという。3月21日の開花から満開まで12日かかった。まるで冬に逆戻りしたような寒い日が続いたせいだろう。ぼくの住む団地の桜もまだ蕾のままだ。春まだ遠しと言った感じだ。


 ソメイヨシノの桜が開花してから満開となるまでの間に、高校選抜野球大会やフィギュアスケート世界選手権が行われた。これらは春到来を告げる行事だが、それぞれに多くの人々を楽しませてくれた。そして、日本プロ野球も開幕した。


 4月3日(月)から、会社や学校の新年度が明日始まる。日本時間の4月3日早朝には、アメリカメジャーリーグも開幕する。いよいよだ。これからあちこちでソメイヨシノが満開したという情報が届くことと思う。


 4月と言えば思うことがある。何事も最初が肝心だ。一期一会の気持を忘れずに、しっかりとスタートをしたいものだ。ぼく自身も含めて多くの人が幸せなスタートができることを願っている。


難読名字

錦織、剛力、妻夫木、忽那、水卜、蓮佛など、なかなか読めない名字だが、テレビをよく見る人は良く知っているはず。


雑誌で見つけた難読名字に乗っていた難読名字のうち、パソコンで変換キーを押したら、出てくる名字をいかに列挙しました。読めますか?


01、小島遊
02、薬袋
03、七五三
04、黒葛原
05、哘
06、治部袋
07、蟇目
08、人首
09、百足
10、八月朔日
11、四月一日
12、毒島
13、百目鬼
14、四十八願
15、舎利弗
16、野老
17、一寸木
18、外郎
19、粟冠
20、飯酒盃
21、莅戸
22、四十物
23、日月
24、浮気
25、一口
26、百々
27、五百旗頭
28、栗花落
29、兀山
30、勘解由小路
31、目
32、雄
33、京都
34、養父
35、杠
36、井
37、東江

エイプリル・フール!

 北朝鮮でクーデターが起こり、現独裁政権が倒されて、国際社会と強調する新政権が誕生したとか。


 米大統領がメキシコとの国境に壁が作れず、大統領令も通らないことに苛立ち、ついに辞任するとか。


 ロシアの大統領が突然、日本との平和条約を結ぶために、北方四島を日本に返還することにしたとか。


 中国がベトナムやフィリピンとの和平を重んじて、南シナ海に作った人工島を放棄し、国際裁判に従うとか。


 画期的な自然エネルギーが開発され、原原子力発電所も火力発電所も必要がなくなったとか。


 今日開かれた国際会議で、世界中の国が、三年以内に、核兵器を放棄するという宣言を採択したとか。


 世界宗教会議が開かれ、仏教がキリスト教とイスラム教の仲裁に入り、今後、いっさいの抗争を取りやめるという約束をさせ、両宗教は互いに杯を交わしたとか。


 そんなニュースが流れたら、世の中、明るくなりそうだ!

アンチ・ジャイアンツ!

 Jリーグはすでに第5節を迎えたが、地上波のチャンネルではあまり放送してくれない。光テレビや最近始まったDAZNを利用すれば見られるが、そこまでして見たいとは思わない。いつも、ネットの速報を見ながら、地元の川崎Fを静かに応援している。夜にはスポーツニュースで全試合をまとめて見ている。


 昨日から、プロ野球も始まった。テレビで見ようとすると、日本テレビでは、ジャイアンツの試合を放送している。TOKYO MX(9チャンネル)というテレビ局では、何故か福岡ホークスの試合を放送をしている。


 野球に関して言えば、ぼくは小さいころからライオンズファンだ。いちばん嫌いなチームはというと、ファンには申し訳ないが、ジャイアンツだ。所謂「アンチ・ジャイアンツ」である。数年前に亡くなった義父が毎日のようにジャイアンツの放送を見ていた。そして、ジャイアンツが負けると、「愉快!愉快!」とはしゃいでいたのを思い出す。ぼくもいっしょに喜んだものだった。


 二番目に嫌いなチームはホークスだ。福岡県で働いていた時、同僚たちがホークスが優勝したと喜んでいる時、ぼくは一人でこっそりとがっかりしていた。今東京近郊に住んでいて、好きなライオンズの試合があまり見られない。ライオンズとホークスの試合がある時だけ、9チャンネルで見ている。ただし、気分が悪いのはホークスびいきの解説だ。気分を壊したくないから、ミュートにして見るようにしている。


 ぼくは、我こそ世界の中心だというような態度が好きになれない。権威・権力を振るうものが好きになれない。威張った代議士、大企業優先主義の自民党等々。中国人、中国文化はともかく、中華思想で世界を支配しようとする中国政府のやり方も好きになれない。他球団の中心選手を金に糸目をつけず、取り込むジャイアンツ、サッカーのバルセロナやレアル・マドリードも好きになれない。要するに「天邪鬼」なのだろうが、よく言えば、「反骨精神」が大好きなのだ。