日々是好日 - Seize the Day

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

CMとギャンブル

 テレビのCMで、好きなものもあるが、あまり好きじゃないものの方が多い。見るのもうんざりするCMもある。吐き気がしそうな、あるいは胃がむかむかするようなものもある。そんな時は、音楽が聞こえただけで、決してテレビに目を向けない。それでも耳に入ってくる。そんなDMの中で最も嫌悪しているのがギャンブルのCMだ。


 よくわからないが、宝くじか何かのCMで「BICで6億円当たった人は300人いる」「そんなに!」という言葉が耳につく。この宝くじを買っている人はどれだけいるのか知らないが、やはり膨大な人が膨大な金額を投じているはずだ。ぼくは6億円当たった人が300人しかいないのかって驚いたのだが、CMに出てる男か女かわからないその人は「そんなに!」と多さに驚いている。そんなに当たっているのなら、買いましょうというメッセージだと思うが、あきれてものも言えない気分だ。 


 ギャンブルで儲けるのは主催する人だけではないかと思う。購入者の中に儲かっている人がいるかもしれないが、いてもほんの数人だろう。あのCMで言えば、のべ何億人の人が買って、300人が当たっているというのだ、0.1パーセント以下ぐらいの人が儲けているだけで、残りの99.9パーセントの人がただ金をどぶに捨てているようなものだ。それから、特に恐ろしいのは一度当たった、あるいは、一度勝った経験のある人だ。また、勝てると信じ込んで、泥沼にはまる。金を失い続ける悪循環に陥ってしまう。


 ぼくの経験で言えば、初めて、パチンコとマージャンをした時、ビギナーズラックというのか、ずいぶん金が入った。それから、はまってしまい、金を失い続け、一度は自殺まで経験した。失う金を授業料と称して肯定したこともあった。だが、抜け出した今思うことは、つぎ込んだ金は決して授業料ではない。詐欺にかかって金を失うのと同様だ。


 競馬、競輪、宝くじも数回経験している。だがラッキーなことに、一度も当たったことがない。おかげで、今は無駄な金をつぎ込まずに済んでいる。この数回の投資こそ、授業料だったのだろうと無理やり納得している。とにかく、知ることだ。どんなギャンブルであれ、賭ける側が潤うことは皆無に等しい。誰が潤うかは言うまでもない。

戯言!


税上げて、物価も上げて、音を上げて、年金下げて、買う意欲下げ。


悪政は、道徳説いて、嘘ついて、平和遠ざけ、虎より猛し。


貧富の差、ますます広がり、幸福度、ますます下がる、住みにくい国。


ほらふきが、弱者いじめの、ツイッター、お国ファースト、自分ファースト。


春はまだ、ソメイヨシノの、ゆるゆると、一輪咲いて、ほんのりピンク。


keep going!

It does not matter how slowly you go as long as you do not stop.–Confucius


ブログで発見した言葉。


孔子の言葉として、海外では有名だそうだ。論語の中にあるのかと思って、ずっと探しているが、見つからない。


直訳すれば、「どんなにゆっくりであっても、止まらない限り問題ではない!」となるが、要するに「継続は力なり」ということだ。


下手でも、ゆっくりでもいい。あきらめることなく、努力を続けることが大事だ。



難読名字の解答!

4月2日の記事「難読名字」の読み方です。


01、小島遊(たかなし)和歌山。鷹がなしで小鳥が遊ぶから。
02、御薬袋(みない)兵庫。武田信玄が薬袋を落としたが見ないことにしろ。
03、七五三(しめ)群馬。しめ縄はかつて7本、5本、3本垂らしていたことから。
04、黒葛原(つづらはら)鹿児島県の地名に由来する。
05、哘(さそう)青森。口で行こうとさそうことから。
06、治部袋(じんば)青森。石田治部少輔(三成)が陣場を設けたことから。
07、蟇目(ひきめ)岩手。地名から。
08、人首(ひとかべ)岩手。坂上田村麻呂の取った首が人の首だったことから。
09、百足(むかで)宮城・福島。伊達藩百足衆の末裔。
10、八月朔日(ほづみ)群馬。この時期、穂積をしていたことから。
11、四月一日(わたぬき)群馬・茨城。この時期、綿入れの綿を抜いていたことから。
12、毒島(ぶすじま)群馬。トリカブト(ぶす)が多いことから。
13、百目鬼(どうめき)茨城。鬼怒川が百の目を持つ鬼のような川であることから。
14、四十八願(よいなら)栃木。疫病が流行った時、四十八の願掛けをしたことから。
15、舎利弗(とろどき)埼玉。経で舎利弗と唱える時、僧侶の声が轟くことから。
16、野老(ところ)千葉。ところという植物のひげが老人のように見えることから。
17、一寸木(ちょっき)神奈川。一寸の木。ちょっとした木に由来する。
18、外郎(ういろう)神奈川。この姓の薬屋に由来する。
19、粟冠(さっか)山梨。元「目(さっか)」日蓮上人に栗を供したことから。
20、飯酒盃(いさはい)新潟。米どころ新潟で、飯と酒で酒盛りしたらしい。
21、莅戸(のぞき)新潟。覗き見るような地形が多いことからと言われている。
22、四十物(あいもの)富山。地名由来。
23、日月(たちもり)石川。一日(ついたち)と月末(つごもり)から。
24、浮気(うき)滋賀。地名から。
25、一口’(いもあらい)京都。一つの出口で、芋を洗うように込み合うから。
26、百々(とど)大阪。十の十倍。十十から。
27、五百旗頭(いおきべ)兵庫。騎兵隊の先頭を切る頭の役職名から。
28、栗花落(つゆり)兵庫。栗の花が落ちるころ、梅雨に入ることから。
29、兀山(はげやま)兵庫。「元」の頭を取り、禿げるから。
30、勘解由小路(かでのこうじ)山口。先祖が勘解由小路に住んでいたから。
31、目(さっか)山口。奈良時代調査官の役職名。
32、雄(おんどり)徳島。四国地名から。
33、京都(みやこ)福岡。元々京都に住んでいた人が故郷を思いつけた。
34、養父(やぶ)福岡。福岡県の地名から。
35、杠(ゆずりは)佐賀。子孫繁栄を願う植物「杠」が多く生えていることから。
36、井(わかし)鹿児島。井戸の水をわかしていたことから。
37、東江(あがりえ)沖縄。太陽が昇る東にある入江。

スタート!


 4月2日、東京の靖国神社にある標本木のソメイヨシノが満開になったという。3月21日の開花から満開まで12日かかった。まるで冬に逆戻りしたような寒い日が続いたせいだろう。ぼくの住む団地の桜もまだ蕾のままだ。春まだ遠しと言った感じだ。


 ソメイヨシノの桜が開花してから満開となるまでの間に、高校選抜野球大会やフィギュアスケート世界選手権が行われた。これらは春到来を告げる行事だが、それぞれに多くの人々を楽しませてくれた。そして、日本プロ野球も開幕した。


 4月3日(月)から、会社や学校の新年度が明日始まる。日本時間の4月3日早朝には、アメリカメジャーリーグも開幕する。いよいよだ。これからあちこちでソメイヨシノが満開したという情報が届くことと思う。


 4月と言えば思うことがある。何事も最初が肝心だ。一期一会の気持を忘れずに、しっかりとスタートをしたいものだ。ぼく自身も含めて多くの人が幸せなスタートができることを願っている。