SEAZ THE DAY

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

ブラックフライデー

 ブラックマンデーと言えば、1987年10月17日の月曜日、アメリカ証券取引所で発生した株価の暴落で、それが世界的な株の大暴落につながった。ブラックと言えば、暗いイメージがある。ブラックマネー、ブラック企業、ブラックジャーナリズム、ブラックメール、ブラックマーケットなど。また、ブラックボックス、ブラックチェンバーなどは秘密の意味が含まれている。


 ところが、今日、初めて聞いたことばだが、テレビのCMで、「ブラックフライデー」といって大売出しの宣伝をしていた。セールにブラックがつくとは驚いた。朝日新聞の天声人語でも「ブラックフライデー」について紹介していた。


 ブラックフライデーとは、アメリカの感謝祭である11月の第4木曜日の翌日のことだそうだ。なぜ、この日がブラックかというと、感謝祭で売れ残ったプレゼント商品などをバーゲンセールにして売り出し、そこへ消費者が殺到し、小売店は黒字になるからだという。黒字の金曜日、すなわちブラックフライデーなのだ。何でも、アメリカでは一年でいちばん売り上げが多い日となるらしい。この日から、年末商戦が始まるともいう。


 それにしても、消費者の消費意欲をそそるためには、日本のデパートやスーパーは何でも利用する。特に最近は、ハロウィン、クリスマスイブ、バレンタインデー、ホワイトデーなどカタカナによる商業戦略が多い。そこに、涙ぐましい商魂を感じる。


 世の中には、あちこちに落とし穴がある。主に金もうけのための罠が多い。詐欺、あるいは詐欺まがいのものもある。最近は銀行だけでなく民間の金貸しもやたらと宣伝しているが、いつか借金地獄という落とし穴にはまるのではないかと心配だ。金を貸す側が暴利をむさぼっている。


 どこかの不動産が表向き安い物件を見せておいて、来店したら、それは昨日売れましたと、他の高い物件を売り込もうとするなどというのもある。街頭で何か売る場合もサクラがいる。みんな買っているという宣伝文句も嘘が多い。予備校などでは合格率をかさ上げして人を呼び寄せようとしている。あらゆるところに落とし穴がある。


 ゲームやギャンブルも落とし穴だ。はまってしまって抜けられなくなるようなギャンブルやゲームには特に近づきたくない。乗せられて、気が付いたら、出られなくなる。そんな落とし穴には落ちたくない。


 話を元に戻せば、ハロウィンやブラックフライデー、それに、クリスマスケーキ、バレンタインデー、すべて消費者を乗せるための戦略だ。乗せられて高価なものを買う気はしない。ものを売るCMだけではない。競馬や競輪、パチンコなどギャンブルのCMも同様だ。乗せられたくない。


 消費にかかわる情報は、テレビコマーシャルだけではなく、新聞や雑誌、チラシもある。そして、最近、うざいと思うのはメールによる公告だ。一日に何通も押し寄せてくる。その中から必要なものと不必要なものを判別するのは時間がかかる。テレビからメールまでいろいろな広告の文句が脳の中で渦巻いているようだ。大事なことは冷静に取捨選択をすることだ。乗せられて、不必要な物、無駄な物を買ってしまったり、はまってぬけられなくなるようことだけはとにかく避けたいものだ。

金持中国人

 中国人の金持ちたちは、日本まで来て先端医療を受けているという。中国の医者は信用できないという。外国人が来日して日本の先端医療を受ける人たちのうち、50%近くが中国人だという。


 かつて、こんな中国笑話を見つけた。


 院長が廊下を歩いていたら、手術室から患者が飛び出してきた。
 院長「どうしましたか?」
 患者「看護婦さんが、『盲腸の手術なんて簡単です。大丈夫ですよ』って言うんです。」
 院長「そう、その通りですよ。安心して手術を受けてください。」
 患者「違うんですくて、看護婦さんは手術する先生に言ったんです。」


 もっとすごいのもある。


 医者が盲腸の手術が終わり、傷口を縫い合わせてから言った。
 「手術は終わりました。明日、また見に来ます。抜糸したら退院できますよ。」
 その後30分もたたないうちに、医者があわてて病室にやってきて言った。
 「すみません。体の中にガーゼを忘れてしまったんです。抜糸させてください。」
 麻酔をかけて、体の中に残してあったガーゼをハサミで切り取り取り出して、再び傷口を縫い終わってから、医者が言った。
 「これで大丈夫です。痛い思いをさせて申し訳ありませんでした。明日には抜糸できるでしょう。また明日見に来ます。」
 それから10分もたたないうちに、またまた医者があわててやってきて言った。
 「すみません。体の中にハサミを忘れてしまったんです。もう一度抜糸させてください。」
 その後、またまた医者があわててやってきて言った。
 「すみません。今度はハサミを体の中に忘れてしまったんです。もう一度抜糸させてください。じゃあ、麻酔をかけます。」
 すると、患者が怒って言った。
 「麻酔はかけなくてもいい。このままやってくれ。」
 何とか抜糸して、ハサミを取り出して、傷口を縫おうとしたとき、患者が言った。
 「傷口は縫わなくてもいい。また、何かを取りに来るんだろう。ファスナーでもつけておいてくれ。」


 これは一部なんだろう。日本にもひどい医者がいる。ただ全体的な傾向として、技術的なことも含めて中国人は大まかなところがある。その点、技術でもその他何でも細かいことにこだわることが多い日本人の医者のほうが少しは信頼できるということか。

マイナンバー

 今、年末調整の書類を書いている。


 書類中にマイナンバーを書かなければならないのだが、実はマイナンバーの通知書類がどこにあるのかわからない。自分のマイナンバーがわからず困っていたら、パソコンの中に、昨年末、書類を撮影したものが見つかった。


 自分の番号はわかった。ところが扶養家族である母の番号がわからない。母はすでに認知症の一歩手前で、マイナンバーということばもわからない。「何なの、それ?」と言う。「国民一人一人につけられた個人の番号だよ」と言っても、「わからない!そんなのがあるの?」「去年、通知があったはずだよ」と言っても、わからない。


 今、母は書類を探している。いつまでたっても見つかりそうにない。実に面倒だ。誰だ、こんな面倒なものを作ったのは?迷惑な制度だ。

今冬初雪!

 今年の初雪には本当に驚かされた。


 11月24日に初雪何て誰も想像していなかった。明らかな異常気象だろう。どこかでは異常に寒く、どこかでは異常に暑い。地球はおかしくなっているということは間違いないだろう。
 
 地球だけでなく人々もおかしくなっている。アメリカの大統領選挙、あんな人を選ぶなんてアメリカ人もおかしい。


 日本だっておかしい。お菓子が大好きな大人。アニメが大好きな大人、昔は子供のものだったものを大人が好きになる時代だ。それをおかしいと言っているうちはまだ大丈夫だが、それがおかしいのではない、当然だとなった時がおそろしい。今異常が異常ではなくなっているのかもしれない。


 そのうち、おしゃぶりが大好きな大人があらわれてもおかしくなくなるのかもしれない。異常気象が異常ではなくなる時代、大人の子供化が当たり前の時代。ついていけない。

初雪11月24日

 東京都心で11月に雪が降るのは珍しい。ニュースによると、54年ぶりだそうだ。そういえば、今年は何年ぶりとかいうことばを何度も耳にしたような気がする。



 野球では、広島カープの優勝。米メジャーリーグではなんと108年ぶりにカブスが優勝した。


 話を天気に戻せば、北海道に台風が上陸するという珍しいこともあった。それも3度だ。台風上陸といえば、鹿児島、高知、南紀などがすぐに連想される。めったに上陸しないところに上陸すると、慣れない人たちには対処が難しく被害も大きくなる。


 それにしても、2011年の東日本大震災以来、全国各地で天変地異が続いている。そのせいか、野菜も値を上げている。庶民も音を上げている。昨日、スーパーでキャベツを買おうとしたら、一玉300円を超えていた。何度も手を伸ばしたが、カゴに入れられなかった。


 大学時代、金が残り少なくなったら、食パンにキャベツを挟んで食べていた。朝も晩もキャベツだった。値段が安かったこともあるが、一玉買えば10日間くらい飢えることはなかった。


 異常気象、天候不順、温暖化が続く中、珍しいことに11月に初雪が降った。そればかりか、異常な事件も続いている。これから、もっと恐ろしいことが起こるのではと不安になる。


 世界を見ても異常気象に異常な出来事が続く。アメリカではこれまでの常識からは理解できないような人が愚かな発言を繰り返し、大統領選に勝った。フィリピンで、北朝鮮で、韓国で非常識な事件や発言がくり返されている。国際社会の、これまでの常識を覆されるような荒波の中、日本はどうなるのか心配だ。