日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

去年今年

「去年今年貫く棒のごときもの」高浜虚子


 去年今年は新年の季語だが、高浜虚子のこの一句で、意味が定着したと言われる。あわただしく新年の行事を行う中、去年と今年の時間的区切りがあっても、虚子の人生の中には貫く棒のようなものがあって、それが去年と今年を貫いているというのは力強い響きがある。


 去年今年と言えば、思い出すのは初日の出。何年も前、九州に住んでいて、元旦の早朝、車で海辺まで行って、初日の出を拝んだりしていたが、人は多くなかった。今は関東に住んでいて、車は持っていない。始発のバスに乗って行けるところは限られている。スカイツリーや横浜ランドマークタワーなどに登ったこともあるが、どこもかしこも人でいっぱいだ。背伸びしても日の出が拝めないほどだ。今年は横浜大桟橋に行ったが、ここでも人で埋まっていた。


 ネットの影響も強いと思うが、最近、カウントダウンなどで年を越す人たちのフィーバーなどをテレビなどで見ていると、年々人が集まるところにさらに人が集まる、そんな傾向がネットを介してどんどん広まっているように思う。どこかの店が評判だと言うと、すぐ行列ができる。行列ができているということが広まると、さらに行列は長くなる。それでも人は集まる。


 以前、テレビでどこかの温泉を秘湯として紹介したら、そこに人がどっと押し寄せて、もう秘湯ではなくなるという現象があった。人知れぬ隠れ里など紹介されたら、隠れ里ではなくなる。幻の何々と言って素晴らしい場所があってもすぐネットで広がる、「幻の何々」や「秘密の何々」なんてのはよっぽど交通不便なところでなければ、容易に存在できなくなる、そんな世の中だ。


 去年今年、人で賑わうところに、さらに人が集まり、芋を洗うかのように人で賑わう。静かに家でじっとしているほうがましだとも思う。そんな正月だ。いやそれより、去年と今年と来年と毎年を貫く棒のようなものを探さなくちゃ。

寒の入り!

 今日は二十四節気のうちの「小寒」だ。今日から本格的に寒くなるらしい。空は晴れていたものの、やはり、風が強く冷たい。「寒の入り」。約4週間後に来る「立春」までが「寒」で、もっとも寒いのは2週間後にくる「大寒」だ。


 これから寒くなるのなら、いい天気のうちにとにかくどこかへ出かけようということで、母といっしょに、まずは近くの山の上のお寺へ行った。お寺には数人の参拝者がいただけ、さっそくお参りをしてから、山の反対側へ降りて、そこから、バスに乗り、最寄り駅まで行った。


 駅の近くにあるマクドナルドで100円コーヒーを飲みながら、今日の行き先を決めようと思ったが、店内は満席だった。今日は同じように考える人が多いのか、どの店に行っても人が多い。ただ、マクドナルドの外に用意されているテーブルと席には誰もいない。寒すぎて誰も外でコーヒーを飲む気はしないのだろう。


 実際寒かった。体重が軽い母は飛ばされそうだという。しかたない。とりあえず、電車に乗った。行き先を考えた。最近東京まで行っていないので、多摩川を渡ることにした。多摩川を渡った最初の駅、和泉多摩川駅で降りた。そこにお寺があるというので、行ってみたが、人もいない。賽銭箱もない。グルっとひと回りして駅に戻り、ここから、駅前の商店街をめぐって、世田谷通りに出て、多摩川にかかる橋を渡る。橋を渡る途中、夕焼け空に富士山が見えた。


 今日はこの風景に巡り合えただけで十分嬉しい気分になる。だが、母はというと、そんな風景なんかどうでもいい。ぼくが写真を撮っている間にさっさと前を歩いていく。写真を数枚撮ってから、走って追いつき、どうしたのかと聞くと、橋の上は風が強くて飛ばされそうだから、早く渡ってしまいたいという。


 橋を渡って、神奈川県に戻り、商店街を通って、登戸へ戻る。母はずっと無口だ。寒いのだ。とにかく早く帰りたい様子だ。何はともあれ、電車に乗り、最寄り駅に戻る。駅前のスーパーで鍋の材料とビールを買って帰る。今日は鍋がちょうどいい。


和の国、日本!

 正月5日、世間では多くの人がもう仕事を始めていることだろうが、ぼくの仕事始めは来週からだ。思えば、この数日、いい天気が続いている。今日も寒いものの、天気がよくて、窓から富士山も見える。お天気につられて、ここのところ、あちこち行った。初日の出、それから神社への初詣にも行った。今日はいい天気だし、お寺にも参拝に行こうと思う。ただ、昨日のニュースによれば、どこのお寺も大混雑だという。


 そう言えば、ふと思った。なぜ、神社にもお寺にも行くのだろうか。それが日本的なのだと誰かが言ってたような気がする。神仏習合などということばもある。歴史的にも日本は色々な文化を取り入れてきたのだし、そうすることが伝統なのだと言うことも効いたような気がする。初日の出を拝みに行った時、そこに大勢の若者がいたことはすでに書いたが、最近の若い人たちも伝統的行事を重んじている人ような気がする。


 伝統を大事にするのは確かにいいことだ。だが、あれこれ拝むのはどうなのだろうか。例えば、イスラム教徒がキリスト像を拝んだり、仏像を拝んだりはしない。あれこれの神様にお祈りするのに少し疑問にも思うし、不思議だという気持ちは消えない。


 やはり、これが日本的なんだということか。それで疑問に思わず、日本人なんだからそれでいいんだと思えばいいのか。考えてみれば、かつての日本の名称である「和」というのは「調和」の「和」だろうか。異なるものを調和させるのが日本的。それでいいのだろうか。クリスマスを祝い、神社に参拝し、お寺に参拝し、儒教の礼を尊重する。それが日本なのだということか。疑問は尽きない。


交通事故死者数激減!

 自動車が普及した1970年ごろ、交通事故死者数は最大で、1万5千人ぐらいだったという。それが、1990年ごろには1万人に減った。そして、2016年にはおよそ4分の1の3904人になったそうだ。一番多いのは愛知県の212人、少ないのは鳥取県の17人だという。またその54.8%は65歳以上だそうだ。


 交通事故死者数で思い起こすことがある。確か、1990年代初めごろだったと思う。五木寛之氏の講演を聞きに行った時、交通事故死者数はどのくらいあるかというと1万人、自殺者数はその3倍なんだと言われて驚いた記憶がある。当時1万人という交通事故死者数にも驚いたがが、自殺者数3万人というのにも、また、交通事故死者数より自殺者数がこんなにも多いのかということに驚いた。


 それからおよそ四半世紀が過ぎた今、交通事故死者数は4000人足らずなのに対して、自殺者数は2万4千人ぐらいだという。どちらも減ったことは歓迎すべきだが、今や3倍ではなく、何と6倍になっている。自殺者数は相変わらず高いといえないだろうか。最近では高齢者が生活苦から悲観して自殺したとか、中学生がいじめを苦にして自殺したとか、20代の女性が残業による過労で自殺したとかいう話をよく聞く。


 自殺の原因を調べたら、健康問題、生活・経済問題・家族問題などがあるらしい。やはり経済の問題などは景気と重なる部分が多いだろう。それ以外の健康問題や家族問題となると、そこにあるのは時代の変化が関係しているような気がする。


 思えば、ぼくの親友には二人の自殺者がいる。一人は進学の悩みから、一人は家庭問題から自殺したと聞いている。家族問題には家族の在り方が変化してきたことも、大きな関係があるだろう。進学の悩みと言えば、競争原理による受験戦争がもたらしたもの、あるいは、何か戦後の日本が歩んできた歴史の中に何らかの間違いがあったのではないかと思われてしかたない。


 何が幸せなのかと考えさせられる。功利主義的な考え方とは違う何か大事なものが失われてきた歴史があるのではないか。そう思われてならない。家族問題や健康問題は地域の福祉活動なども関係する。これから、交通事故死者数を激減させたように、自殺者数を減らすこともみんなで考えなければならないだろう。

高校生ラグビーが面白い!

 高校生のラグビーが面白い。我が家の近くにある桐蔭学園と故郷の東福岡が頑張っている。しかも、どちらも強いので、応援のしがいがある。実況が見られないときは、夜のニュースで確認している。


 スポーツ、特にラグビーを見ていると、鍛えた若い体が全力でぶつかり合う姿、また、繰り返し練習して得た技術、巧みな戦術、さらには強い精神力など、本当にすばらしいと思う。成功するかどうかが問題ではない。スポーツでも他の何であってもがんばる姿は美しい。


 高校生たちにも心技体の充実を感じさせるプレーが多い。以前は、日本のトップリーグと比べると、高校生のスポーツはまだまだだなという感じがしたが、最近は十代のうちからずいぶん鍛えられているなと思う選手が多い。おそらく、国の代表が強くなればなるほどそうした若者が育つのだろうと思う。


 2019年には日本でラグビーワールドカップが開かれる。このこと自体が楽しみだが、今頑張っている高校生たちが、全日本代表の一角に入り込めたらさらにおもしろい。そんな気持ちで、彼らの躍動感あふれる姿を見ている。