日々是好日

煩悩だらけで無力で、罪深い人間の戯言です。

男子立入禁止!

女子トイレの入り口に「男子立入禁止」という張り紙があった。
時々立ち入る人がいるから、こういう禁止の張り紙がある。
当たり前のことができない人がいるということか、
それとも、間違える人がいるということか。
どちらにしても何か違和感を感じた。
関係者以外立ち入り禁止のような、遊泳禁止のような、
そんな張り紙と同じように貼られていることに違和感を感じた。


アブラゼミ

 最近、窓は開放し、網戸を閉めている。


 昨夜、ベランダでジージーというアブラゼミの声が聞こえた。網戸を見ると、アブラゼミがへばりついている。あまりにうるさいので、カーテンを閉めると、台所側のベランダに移動し、あちらでジージーと鳴いている。どこかへ飛んでいく力がないのだろうか。そのまま夜中まで、ベランダでジージーと鳴き続けていた。


 今朝起きたら、まだバタバタとしていたようだが、しばらくしてみたら、もう仰向けになって死んでいた。アブラゼミの生涯は幼虫の期間が六年、成虫となってからは一ヶ月ともいう。ただ、その間にスズメバチや蜘蛛の餌になったりするという。


 今日、買い物がてら歩いていたら、ジージーというアブラゼミの声に交じって、ヒグラシやツクツクホウシの声も聞こえた。木を見上げると、目に見える位置にいる蝉はアブラゼミばかり。ふと路上を見たら、天寿を全うしたらしいアブラゼミがあおむけに横たわっていた。

バンカー

人生のコースにはあちこちにバンカーがある。
最後までフェアウェーをキープするのは至難の業だ。
バンカーに落としてしまっても悔いることはない。
脱出できないバンカーはない。


リカバリーの上手な人もいれば、下手な人もいる。
だが、へたであっても、かまわない。
勝ち負けを気にすることなく、
人生のコースを精一杯楽しめればいい。

憎むべきは!

腕力や地位や権力を笠に着て、
肌の色や出身で優越感に浸り、
他を差別する人たちがいる。


自分たちが世界の中心にいて、
神のように崇拝する偶像の下、
他を攻撃する人たちがいる。


人は生まれたとき、白い白い
キャンバスのようなものなのに、
成長するにつれ周囲に洗脳されていく。


自己を肯定するため、
自己の保持するため、
気に入らぬものを差別する。


国は自らを正当化するため、
自らの権力を保持するため、
他国を非難し攻撃する。


すべてに劣った人も民族も国家も存在しない。
すべてに優れた人も民族も国家も存在しない。
すべての人も民族も国家も差別される謂れはない。

カードローン!

有名人がテレビで宣伝する銀行のカードローン!
危ない!警戒しろと思う。
簡単に金を貸すと言って、借りたら危険だよ。
そもそもスマホで口座が作れるとか、
口座なしでカードローンができるとか、
審査なしで簡単に借りられるなんてひどく怪しい。

今日のニュースで言ってた。
銀行のカードローンを利用して、破産する人が増えているという。
銀行が、消費者金融を買収して、カードローンを始めた。
取り立てるのはかつての消費者金融。
大手銀行が高利貸しのお手伝いをしているってことか。
弱い者いじめをしている大手銀行。
いい加減にしろと言いたい。